FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

問題と解決 | コンピュータ | EDIT

EaseUS Partition Master Freeで失敗する悪いパターン!

「EaseUS Partition Master Free Ver.10.5の使い方メモ!」 で
ハードディスク交換のOS移行の時、
下記パターンの時は失敗することが多いので書いておく!

順調に工程が進んでOSを移し始めた途端

DSC06061_R.jpg
Did not find pending operation partition!
   press any key to reboot!」


とエラーメッセージが出た時は再度最初からやり直す。
そしてエラー前の画面に戻り
移行先HDDのパーテーションが次の状態になっていないか確認してみる。

DSC06062_R.jpg
「OSをSSD/HDDに移行」 をクリックして
目標ディスクのパーテーション操作の画面に出てくる。

DSC06063_R.jpg
「目標ディスクのパーテーションを削除する」 を選択!

DSC06065_R.jpg
移行先のHDDが不規則に4分割されたパーテーションになっている。
これは前回使っていたパソコンのHDDを綺麗に初期化しないで使ったので
以前のパーテーションデーターが残っていたのだろう。
この不規則な4分割されたパーテーションの状態で
HDDのOSを引越しさせるとかなりの確率で先のエラーコードが出てきて
途中で作業がストップしてしまう。
この時の対策はこんな感じ!

DSC06066_R.jpg
まずOSがインストールされている隠しパーテーションをクリック!

DSC06067_R.jpg
十字の矢印状態で左にドラッグして移動させる。

DSC06068_R.jpg
すると未割り当て部分と入れ替わる。

DSC06069_R.jpg
同じようにFドライブ部分も移動させる。

DSC06070_R.jpg
するとまた未割り当て部分と入れ替わる。

DSC06071_R.jpg
右に寄せられた未割り当て部分は勝手に引っ付いて1つになる。

DSC06072_R.jpg
そして左右の矢印マークが出たら右の未割り当てドライブ方向に
スライドさせて行く!

DSC06073_R.jpg
すると未割り当て部分の容量がFドライブの容量に変わって行き
未割り当て部分は無くなり全部Fドライブになる!

DSC06074_R.jpg
これで4分割されていた不規則なパーテーションが整理された。

DSC06075_R.jpg
あとは完了して、

DSC06076_R.jpg
OS移行を締結させるため
左上カーソル部分のチェックをクリック!

DSC06077_R.jpg
「操作はまだ実行されていませんが、実行しますか?」 をクリック!

DSC06078_R.jpg
そして「はい」をクリックして再起動させる!

DSC06079_R.jpg
先程はここでエラーメッセージが出たが
今度はこのまま作業が進んで行く!
そしていつもの感じで無事終了致しました。

今回のエラーの原因は移行先のHDDのパーテーション状態が
4つ以上になっていたことです。
他の人も同じ症状で苦労したとの記事を以前読んだことがあったので
今回は無事データー移行出来ましたが
何もl知らないでこの場面に直面するとたぶん挫折してしまうでしょうね。
ソフトの完成度はかなり高いので最近はほぼ問題なく成功する
EaseUS Partition Master Free Ver.10.5 ではありますが
次回忘れているかもしれませんのでここに記載しておきます。


標準装備のパソコンHDDを高性能HDDやSSDに交換すると
レスポンスが劇的に上がって快適です。
そのノートパソコンのハードディスク交換方法を自分で行う方法や
初期化する方法をを書いた記事はこちら!
「2015年!簡単自分で出来る無料ハードディスク交換方法メモ!」

| ノートHDD交換方法 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/821-d33f353b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT