FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

旧車 | 車・バイク | EDIT

オデッセイRA2のEGRバルブを洗浄しよう!

「超難関!EGRバルブが固くて外れません!!」
からの続き!

それでは無事EGRバルブが外せたので洗浄して行ってみよう!

DSC01149_R.jpg
外したEGRバルブ本体!
品番 18011-P0A-900
手で持っている方には機器が入っているので
接触不良になると困るので洗浄しない。
反対側の方は管になっているので
こちらは洗浄剤で掃除してみる。

DSC01146_R.jpg
20年分のカーボンが
上のバルブ側と下の通気管側に大量に付着している。
これを取り除いて行きましょう!

DSC01151_R.jpg
まずはハサミでカーボンをこそぎ取って行く!

DSC01152_R.jpg
次は金属洗浄用のパーツクリーナーを使ってみる。

DSC01153_R.jpg
ノズルで中に噴射。
この時機器側の方に液だれしないように注意!!

DSC01155_R_20201228075639c8b.jpg
中を綿棒で拭き取って行く!

DSC01156_R.jpg
すると真っ黒になる位カーボンが取れて行く。
綿棒は大量に使うので1箱くらい用意しておこう!

DSC01157_R_20201228075640089.jpg
パーツクリーナーを吹き付けて綿棒で吹くの作業を
根気よく30回位するとこれ位綺麗になってくる。
通気側が終わったら同じようにバルブ側も掃除して行く。
バルブ側はボタンみたいにバルブを指で押せば凹むので
そこにパーツクリーナーを吹き付けて綿棒で吹いて行く!

P_20201225_162126_R.jpg
掃除するとこれ位綺麗になる。
終われば次はエンジン側の通気口も掃除しておく。

P_20201225_162546_R.jpg
こちらもハサミでこさえてカーボンが剥がれたら
軽く湿らす程度にパーツクリーナーを吹き付けて
綿棒で拭き取る。
こちらはEGRバルブのように中々あそこまでは綺麗にならないので
ある程度カーボンが取れたらOKとしておく。

それでは掃除は完了!
これでどこまでEGRバルブのエラーが改善するのか分からないが
取り付けてみてしばらく様子を見てみよう!

 続きはこちら!
 「EGRバルブの掃除には思い切りも必要!」

オデッセイRA2 4WDのメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ24万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| メンテナンス | 08:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/2212-52589257

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT