FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

旧車 | 車・バイク | EDIT

よみがえる感覚!完全復活のオデッセイふたたび!!

「このセッティングの方がお前には合っている!」
からの続き!

現在オデッセイの空気圧は
タイヤが冷めている状態で
フロント 2.75kg/cm2 / リヤ 2.80kg/cm2
これを前後-0.5kg/cm2落として
フロント 2.70kg/cm2 / リヤ 2.75kg/cm2 にする。
それではこれをホームコースの
柳生の里~月ヶ瀬区間にて検証して行ってみよう。

柳生の里~月ケ瀬コースは
こちらの地図の奈良市若草山からB地点区間となります。
 「オデッセイ!阪奈道路、月ヶ瀬、西名阪国道で初走り!」

中低速コースが続くホームコース。
先日走った箕面~能勢コースと似ているがこちらは圧倒的に距離が長い。
アップダウンに織り交ざる中低速コーナー。
若干荒れた路面だがオデッセイは安定した接地感を発揮する。
ハンドルは35Φのモモステと相まって
元々軽いこの頃のホンダっぽさを感じるパワステなのだが
今はかなりの重さを感じる。
ハチロク等と比べると車重も重い。
しかし路面に張り付くような接地感。
絶妙の空気圧である。
足回りは少し硬めの減衰圧30段階中の20段目だが
少しタイヤにたわみが出たからだろうか?
あまり固いと言った感覚はない。
がっちりと路面を捉えているフロント回り。
調整式リヤアッパーアームを装着する前の感じに戻ってきた。
今はアライメント直後のあのフワフワとした違和感はない。
安心してラインを狙って行ける。
運転していて楽しい!
最高である。
この一体感がマイオデッセイの魅力である。
現代の電子制御された車では味わえない醍醐味である。
窓から頬を流れる風が気持ちいい。
オーディオから流れるサウンドに心が弾む。
体に伝わるオデッセイの鼓動。
そしてエンジン音。
すべてが以前の状態に戻っていた。
「帰ってきてくれたんだな。」
走り慣れた月ヶ瀬への道。
木漏れ日差し込む紅葉のトンネル。
オデッセイが駆け抜けるとバックミラーに
真っ赤な紅葉が舞い上がるのが映っていた。

 続きはこちら!
 「ブレーキパッド末期!限界に来た時はこんな異音が鳴る!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1894-c1b1d1d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT