FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

メンテナンス | 車・バイク | EDIT

ピレリP7の空気圧と接地データ!

「後ろにボックスウーファーでいい曲がり!」
からの続き!

オデッセイに装着中のピレリP7。
交換直後は空気圧を前のままの前後2.7㎏/cm2にしていたが
215/50/17の適正空気圧は
タイヤが覚めた状態で2.8㎏/cm2という事で
空気圧を上げて乗っていた。
しかしちょっと違和感があるのも事実。
そこでしばらく走ったタイヤの接地面を確認してみた。

P_20191123_095419_R.jpg
(前輪タイヤ)
内側ライン 2.8㎏/cm2の時。
外側ライン 2.7㎏/cm2の時。
これを見ると2.8㎏/cm2だと
サイドの許容範囲の目印であるイボイボより接地面は内側にある。

P_20191123_095429_R.jpg
(後輪タイヤ)
リヤの方も然り。

これを見るとサイドいっぱいまでタイヤを使えていないので
インチアップのメリットが出ていない。
やはり適正空気圧では空気を入れ過ぎているのか?
以前はこのタイヤの接地面を基準に空気圧を設定していた。
それは実際阪奈道路を雨の日も晴れの日も
夏の日も冬の日も走りながらである。
そしてオデッセイの挙動と自分の感覚で空気圧を調節。
そして行き着いたデータがこちらの

「ビシッと決まる!オデッセイ ピレリ 2.75kg/cm2 空気圧!!」 であった。

メーカー推奨の空気圧は分かる。
しかし自分で感じ取ったデーターの方が納得出来る。
なのでここは一度空気圧を落としてみる。
自分のスタイルはフロント7割、リヤ3割のバランス感覚。
リヤはあまりグリップを重視しないのでフロントを下げて接地面を上げて行ってみる。
まずは0.5㎏/cm2ほどダウン。
多分イメージで行けばちょっとだけフロントの車高も落ちるだろう。
すると以前のフロント‐5mmダウンに近くなって行き
結果クイックなあのカミソリステアリングが復活するような気がする。

この時のイメージ!
「オデッセイ!フロント5mm落としてグッドハンドリング!!」

好結果が出ることを期待する。

 続きはこちら!
 「このセッティングの方がお前には合っている!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1892-eac5ee5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT