FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

2年3万km使ったピレリP7をタイヤ交換!

「何かを犠牲にして手に入れる!それがチューニング!!」
からの続き!

そ~れではたくちゃん!
この辺りから最終足回りのレポ書いて行くのでよろしく!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
現状の足回りにばっちりマッチングしていたピレリP7を
最終足回り設定に向けてすり減ったタイヤを交換していく。
交換するタイヤはストックで確保していた同じピレリP7。
出物があって2年前に15000円でゲットしておいた中古タイヤである。

まずはタイヤ交換は以前持込みタイヤ交換してもらったお気に入りのショップへ行く!
現在もほぼ同じ状況なので詳細は下記リンク記事を参照に!
 「持込みタイヤ交換大阪のお兄ちゃんはいい感じだぞ!」

P_20191109_173148_R.jpg
タイヤは外側から見るとまだ溝は残っているように見えるが
イン側がスリップサインまで減っている。
なのでコーナーをイン側デッドでゼブラゾーン内側にオデッセイを入れたりする時
最近は滑り始めていたのでそろそろ交換時期と判断し
このタイミングでタイヤ交換することにした。

交換する中古タイヤは4本1万円の7割程度の溝だったかな。
使用感を見たくて試しに履かしていたが
ゴム質が固いのもあってハードに走ったにも拘らず良く持った方だと思う。
片減り加減はまずまずって感じなのだが
しかしこれ位でも結構轍ではスパ~ンとタイヤを持ってかれる。
モモの35Φステアリングと相まってそれはかなり冷や冷やもん!
気を抜くとかなり怖いのだ。

こんな状態からタイヤを刷新。
今回はほぼ新品のサイドまで均一で溝がある状態。
これで帰り道で乗り心地をチェックしてみる。
どんな感じかな?
楽しみである。

 続きはこちら!
 「めっちゃ曲がるやん!NewピレリP7!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 11:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

たくちゃん 様へ

自分は車をいじると言うよりは走らせるのが好きなタイプです。
なのでその延長線上でどうしたらもう少し走りやすくなるかとかしているうちに
車が進化して行きます。
リジカラもお世話になってる山野自動車の専務が
そんな自分には合っているよという事で入れてみたとかで
かなり周りに流されながら車に手を加えて行っています。
そんな自分から見るとたくちゃん様は車をいじるのが好きそうですよね。
今回書いてもらった情報とかにしてもそうですし
根っからのエンジニアな雰囲気があります。
私は感覚で運転している所があるので
きちんと理論で説明できませんが
そんなたくちゃん様からのアドバイスに回答とするならば
この初期型オデッセイの私なりの解釈としましては
コーナリングはリアを弱めるとよく曲がるってのは実感しています。
なのでカヤバの時もリアを1段弱めて走ってました。
今回の車高調もオデッセイの場合ほとんどのメーカーはリヤの方がバネレートが高いのに対し
BCレーシングだけが弱かったので候補に選んだというのもあります。
結果そのまま装着して前後同じ減圧にするだけでよく曲がりました。
そしてリジカラ&スタビライザーを入れるとさらにフロントに剛性感が出て
まるでFRのように旋回するようになりました。
そんな走らせ方をした結果が写真のタイヤで
ブロックが飛んでいるのもそれだけミニバンが旋回しているのだと
察して頂ければと思います。
今ではノーマルのミニバンには下りでは引けを取ることはないかも。
なのでよくペースが合う車はレガシーとかハイブリッドカーなどが多いかも。
しかし1台だけ別格がいます。
それがRBオデッセイです。
こいつは本当に速い。
あのVテックにあの足回り。
ミニバンではそれはレギュレーション違反でしょと言わんばかりの走りです。
実際乗ってみたのでその凄さは身に染みています。
そんなRBオデッセイ用に私のオデッセイは味付けした感じです。
だからRBオデッセイを見るとスイッチが入っちゃいますね。
ほんとあれだけは特別です。
対抗意識全開です。
ちょっと話が逸れましたが
ブッシュはスタビライザーを入れるとき強化ブッシュがなくてノーマルを入れてます。
だからたくちゃん様の言っているシビックのブッシュは興味ありますね。
一通り足回りをしたらブッシュ交換もしてみたいですね。
これはすごく有用な情報です。
ありがとうございます。

| ショーリン | 2019/11/10 22:53 | URL |

こんばんは(^_^)v
記事じっくり拝見させて頂きました。
素晴らしいパーツ選択と細かいセッティングをされてますね。
ホンダ車は全般的にボディー剛性が弱いのでサスペンションを強化したら同時にボディー剛性を上げるために補強は必須ですね。
タイヤの減り方から見て片減りはそれほどでもないですね。
少しアンダーステア傾向が強いのかなとも・・・
サスペンションに対してタイヤの剛性が負けてしまっている。
タイヤの溝のブロックが削れているのはそれが原因かもです。
オデッセイはかなりフロントヘビーなんでフロントタイヤはめちゃくちゃ負担かかります。峠走るときの裏技としてリヤトランクに
重量ある物積んでたりしますw

リジカラを装着されているといころなどいかにサスペンションにこだわりがあるかが分かります。

装着されているパーツと現状のセッティング内容を踏まえて
アドバイスさせて頂ければと思います。

車高の調整方法ですが地面からフェンダーの数値と車高調本体のネジ位置(車高調の長さ)で調整するのではなく
ホイールハブセンター中心からフェンダーの距離を計測して
それに合わせて車高調本体のケース長を調整していくと良いです。
ちょっと手間がかかりますが💦
地面からフェンダーだと地面の傾斜・タイヤ空気圧(気温・湿度・測定器の精度)などのばらつき・車両軸重の左右差がどうしても出てしまうのでライドハイト調整をお勧めします。
下記参照してください
https://minkara.carview.co.jp/userid/721030/car/0/2338161/note.aspx

全長調整式の車高調の特徴としてスプリングにプリロードをかけて
1G状態でスプリングに初期状態からテンションをかけることができコーナーなどでの初期タッチが向上します。
スプリングの種類(自由長・材質)によっては車高も上がります。
これは装着されているメーカーのスプリング種類によってもプリロード掛け方が異なるので取説などで確認してみてください。
車高調プリロード調整方法などで検索すると調整方法など出てます。一般的に足回りの性能はショックアブソーバーだと思われがちですが、スプリングの性能やそのセッティングの仕方でつるしの車高調がオンリーワンになります。
http://www.hyperco.jp/

次にスタビライザーブッシュはノーマルではありませんか?
メーカー推奨はノーマルとなっておりますがノーマルは硬度が無くすぐにつぶれる💦スタビの性能を100%発揮できないので
硬度のあるブッシュに是非交換してみてください。
オデッセイ初期型用では売っていないのでシビックEG6用を流用してください。カマボコ型ブッシュはノーマルで十分です。
お団子ブッシュって言われてるスタビのエンド部分についている
丸いやつです。これは安いくせにめちゃくちゃいい仕事しますよ。
Amazonや楽天などで売っています。

僕と同じようにノーマルの狼仕様で初期型オデッセイに乗っているショーリンさんと共に僕も日々愛車を楽しく長く乗れるようしていきたいです。

他の初期型オデッセイオーナーさんとも是非交流をしてみたいものです。

| たくちゃん | 2019/11/10 20:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1875-0cd2d4fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT