FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ツーリング | 車・バイク | EDIT

久米島を思い出すどこまでも続く角島大橋!

「元乃隅神社、角島近辺でのお勧めランチながれだのとんかつ!」
からの続き!

令和元年7月14(日) 12時30分

山口県下関市にある角島へと続く角島大橋!
日本でも屈指の絶景スポットである。


角島展望台から角島へと続く2㎞の橋で
通行料は無料である。

叔父さんが山陰地方でお勧めとする場所がこの角島大橋という事でやって来た。
天気がいい日に車で走ると
それはもう~最高と太鼓判を押すイチオシスポットである。
今回は低気圧の加減で少し雨交じりであったのだが
この角島に来るとちょうど雨も上がり晴れ間が射してきた。
すると海面の色がパア~っとコバルトブルーに変化!
景色が一気に南国ちっくに変わりました。
確かに晴れていると全然違う角島大橋の景色。
曇っている時と晴れている時の2つの顔を見れて
これはこれでいいタイミングで訪れたと思う。
それではこのまま角島まで渡って行きましょう。
走っているとどこか懐かしい景色にも思う。
「なぜ?」
そう!それは昔行った事のある久米島の畳石に続く橋と似ていたからである。

(この橋のこと!)

久米島の畳石へと続くしんおうばし。

橋の長さとかは全然違うのだが
ただ雰囲気が似ている。
窓を開けて走ると風が車内を抜けて行く。
ほんのりと潮の香り。
淀川水系では味わえない島の匂いである。
「久しぶりだな~!この感じ!!」
それは大阪から600㎞離れた地で味わう懐かしい感覚であった。

(動画!)


(写真、YouTube動画は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「今も変わらず津和野の堀にたくさんの鯉!」

TOPページはこちら!
「大阪~浜田~元乃隅神社~角島~津和野 一般道1550㎞コース!」

| お出掛けイベント情報 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1867-20737249

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT