FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ドライブ | 車・バイク | EDIT

恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!

「奥多摩熱いぜ!関東勢最高!!」 からの続き!

令和元年8月17(土) 3時00分

奥多摩、燃えたね~!
あんなに活気があるとは思わなかった。
「ほんと!こういう場所を求めていたんだ!!」って感じの
素晴らしい峠であった。

それでは次は6か所目となる箱根は芦ノ湖の峠である。
箱根と言えばブラックバス!
昔釣りキチだった時に日本でルアーの聖地は芦ノ湖と言う感じで
一度だけ叔母に無理を言って連れてきてもらったことがある。
そして今回は自分でこの地に立っている。
何とも感慨深く走馬灯のように飽きることなくルアーを投入していたのを思い出す。
そんな芦ノ湖に真夜中に到着。
イメージと反して芦ノ湖ってかなり山の上にある事を知る。
飛騨高山山中と変わらないんでないの?
結構上の方まで上って来たぞ!
窓を開けると風がひんやり。
そして湿った空気。
しばらくすると辺りが白く視界がどんどん遮られていった。
「霧かっ!」
風向きが変わるとどこからともなく霧が舞い込んできた。
もうすぐ湖畔なのに参ったな~。
かなりの濃霧。
ヘッドライトを点けていても1m位しか見えなくなった。
もう目からの情報は皆無。
グーグルマップの情報だけが頼りであった。


ちょうどこの無料駐車場まであとわずかという時に
全く前が見えなくなってしまった。

対向車が見えた時はもうほとんど横に来ているくらい。
とにかく自分の位置を周りに知らせるべく
ハザードを点けながら進む。
するといきなりパイロン。
どうやら側道の施設の入口があるらしい。
しかし目の前にあるはずなのにその入口が見えない。
グーグルマップを見ると色々と施設があるエリアみたいだが
まったくそれも確認出来ない始末。
これは危険だ~!
止まっていても逆に当たって来られそうな状況。
とにかく安全な駐車場等に退避しないと危ないぞ。
すると湖畔沿いの無料駐車場を発見。
しかし霧で入口が分からない。
恐る恐る近づいてみると車が通れそうなスペースが。
更に進んでみる。
するとガクンとフロントが落ちる。
「えっ!」
一瞬湖に落ちたのかと思う段差。
よく見ると駐車場入口の歩道を諸に乗り越えてしまっていた。
「ふう~っつ!」
かなりヒヤッとした。
しかし奥に数台退避している車が見えたので
何とか無事駐車場には到着出来たようである。
状況が状況なので
ここは日が出るまでおとなしく仮眠でもして待つ事にしよう。

P_20190817_051221_R.jpg
現在朝の5時。
2時間位眠れた。
少し明るくなってきたので周りの景色が見え始めた。
まずは正面に芦ノ湖発見!

P_20190817_051217_R.jpg
場所的には遊覧船乗り場前の駐車場になる。

P_20190817_051444_R.jpg
向こうの方を見るとすごい速さで雲が動いている。
ちょっと風向きが変わればあの雲が霧になって一体を包む。
まだ天気は不安定。
しかしいつまでもここで足止めを食らっている訳には行かない。
とにかく移動出来そうなので少しでも先に行こう。
回りの車も同じことを考えているのだろう。
止まっていた車が1台、また1台と駐車場を後にする。

芦ノ湖北側から湖岸峠を南に走ると道の駅 箱根峠が見えてきた。

P_20190817_054941_R.jpg
標識を見ると芦ノ湖スカイラインがもうすぐそこと言った場所。
あともう少ししたらゲートオープンって感じなのだが
果たしてこの霧でも通行可能なのだろうか?
出来れば是非走ってみたい芦ノ湖スカイライン。
しかし余り状況が良くないので今回は諦めて先を急いだ方が良いのか?
悩みどころである。
正面の電光掲示板を見ると気温は21度。
これだけ一気に気温が下がると温度差で霧が出るのも頷ける。

P_20190817_055032_R.jpg
ちなみにこちらは道の駅の駐車場。
そんなに台数は止めれないが只いい場所に立地している。
多分芦ノ湖にドライブに来たら1度は立ち寄るのではないかな。
そんな道の駅 箱根峠であった。

PS.
どうも霧が晴れそうな気配がない。
今回は諦めて芦ノ湖を後にする事とする。

 続きはこちら!
 「やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1818-d50d0a9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT