FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ドライブ | 車・バイク | EDIT

またやって来ました碓氷峠です!

「此処はどこ?冗談抜きで遭難一歩手前の迷い道!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 6時00分

さあやっと着きました碓氷峠まで。
ここから走行会の本番です。


まずはスタート地点のおぎのやから碓氷峠頂上を目指す!

P_20190816_053623_R.jpg
おぎのやに着くと天気は雨。
天気予報では今日の午前中は雨が残るとの事。

P_20190816_053839_R.jpg
山沿いには霧も出ている。
碓氷峠も視界は良くないかもしれない。
そうは言っても仕方のない事。l
とりあえずは行ってみましょう。

P_20190816_055305_R.jpg
観光スポットのめがね橋。
これを見ると碓氷峠に来たと実感する。
それでは天気も悪いので
この先の駐車場で1時間ほど少し仮眠をしておこう。

P_20190816_061217_R.jpg
頂上に到着。
雨は上がっていたが
しかし濃霧と言うほどではないが霧が出ていた。
それではここから今度は下って行ってみよう。

前回はどちらかと言えばロケツアーだったので
走りを楽しむというよりは取材が中心であった。
しかし今回は違いますよ。
足回りも刷新したオデッセイ。
セッティングは阪奈道路仕様ではあるが
これでどこまで対応出来るのか楽しみである。
まずは2つ3つコーナーをクリア。
しかし何て言うのだろう。
道が細くなった?って感覚である。
センターに配置されたキャットアイがまた邪魔。
前はこんなことなかったのにな~?
すごく走りにくいぞ。
これはどうやらシートポジションが影響している模様。
現在レカロのポジションは最下段に位置する。
なので車体は変わらないのだが体はかなり深く運転席に沈み込んだ感じで
結果すごく足元が見えずらい。
確かにオデッセイの車幅感覚は身に沁みついてはいるのだが
それでも今回はこの碓氷峠は走りにくかった。
何度か走行すれば慣れてくるのだろうがその時間はない。
足回りはかなりいい感じで峠とフィットしているので
もし次回来ることがあればその時は
ノーマル高さにシート高を調整してアタックしてみたいと思う。
それでは1ヶ所目の碓氷峠完走。
次は隣の妙義山を目指す。

 続きはこちら!
 「霧の妙義山を疾走してみる!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1813-396d788e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT