FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

次のステージは86で月ヶ瀬~柳生の里コースである!

「優等生すぎて運転退屈!」 からの続き!

ハチロクで阪奈道路を堪能したので次は進路を東に取り
ホームコースの月ヶ瀬~柳生の里を目指す。
今度は先の阪奈道路とは打って変わって
アップダウンありの中低速コース。
ここではダッシュ&ゴーの加速、コーナリング、ブレーキングが試される。
それではいざ走行開始である!
荒れ気味の路面に上り坂が続く。
しかし地に吸い付くような接地感。
すごい足回りである。
こんなに荒れていても確実に地面を捉えれるのか。
さすが熟成された足回りである。
また軽く踏めばたじろぐ事を知らない加速である。
踏めば踏むほど進むといったパワー。
さすが200psオーバーのエンジンは力強い。
しかしそれよりもこのコーナリングは何だ!
オデッセイの比ではない旋回力。
これはパワーとか足回りがどうのとか以前の問題である。
とにかく曲がる。
グイグイと回頭する。
やはり車重が軽いのが大きく影響している。
まるで軽自動車のように軽やかにコーナーをトレースしていく。
そしてブレーキングも然り。
下りなのに一気に減速。
これも車重が軽い故の成せる業である。
それが如実に体験できたコーナーがある。
それは最終エリアにある下りコークスクリューのS字コーナー。
オデッセイでは減速するのがやっとのタイトな下りコーナーなのだが
同じスピードで突っ込んでいくと一気に減速して
まだ十分にスピードが落ちていないのにそれでも苦も無く曲がっていった。
やはり軽いというのはこう言った峠では抜群のチューニングである。
昔乗っていたシビックも大概軽かったので
こういった峠では抜群の走りを見せてくれていたが
この86も負けず劣らずの走りを見せつけてくれる。
やはりハチロクにはこういった峠がよく似合うと言うのは
今も昔も変わらずといった所である。
峠を86で走ると痛快!
それがここでのテスト結果であった。

 続きはこちら!
 「月夜の梅見てハチロクでコーヒーブレイク!」

TOPページ!
「86(ハチロク)レンタカーで阪奈道路試乗会!」

| お出掛けイベント情報 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1714-e4cb969e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT