FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

自作パソコン | コンピュータ | EDIT

スターの恋人 あらすじ & 見どころ 第7話 「遠い日の記憶」!

(スターの恋人 第7話 「遠い日の記憶」 ストーリー紹介!)

(あらすじ)
余りにもじれったいチョルスに遂に告白してしまったイ・マリ!そして入院した妹の
ユリのもとへ行くチョルス。ユリの前には自分達を捨てた母親がいて
一時騒然となってしまう事に!そしてイ・マリの家での同棲生活が始まった頃
代筆疑惑の記事が出る事に。ソ社長にチョルスにはもう会わないと
約束するのだがチョルスが再びイ・マリの前に現れるまでが第7話となる。

(みどころ)
中々気付いてくれないチョルスに遂に
「好きだからでしょ、そこまで言わせないで」と言ってしまうイ・マリ!
口が開いたままのチョルスに妹のユリが入院したと電話が入る。
慌てて病院へ行こうとするチョルスをイ・マリが送ってあげる事に!
そして帰るように言われるのだがチョルスの事が気になるイ・マリは
内緒でそのまま病院に残るのだった!

病室に着くとユリの前に座っている女性がチョルスを見つめる。
「チョルスなの?」と尋ねる女性は実はチョルス達を捨てて出て行った母親だった!
「人違いです」と言って出て行くチョルス!
そして待合室で母親に怒鳴っている所にウニョンとおばさん達がやって来ると
一時騒然とした状況になるのだった。
それを物陰から見ていたイ・マリがチョルスに見つかる。
慌てて逃げる彼女を捕まえるチョルス!
「なぜ見てほしくない物を見るんだ?」と激しくイ・マリに怒ってしまうチョルス!
そして気まずい雰囲気の中
「今日帰ってくる?」と苦笑いの表情で言うのだが何も言わず戻って行ってしまう。
この後自分の頭を叩いて反省するイ・マリが印象的でしたね!

マンションに戻って来るとくるとハヨンの従兄のチョン・ウジンが待っていた。
そしてウジンは子供の頃にイ・マリと会った事があると伝えると
「確か大人になったら必ず迎えに来るって」
と言っていた男の子の事がウジンだったと思い出すのだった。
部屋に戻るとチョルスと一緒に食べるはずだったケーキが置いてある。
それを見るとチョルスに告白した事が脳裏に浮かび上がってくる。
そして「「あちゃ~」といった感じで告白した事を思い出してしまうイ・マリであった!

チョルスが病室で看病しているとユリの意識が戻る!
そこへチョルスの事が気になって仕方が無いイ・マリがやって来る。
病室の外から電話で
「いつ帰って来るの?家庭教師始めてよね」とチョルスを困らせるイ・マリだが
声が聞けたのかホッとした様子で帰っていくのだった。

そして家庭教師を始めにチョルスが帰ってくると
テーブルの上一面に食事が並べられてある。
どうやらチョルスの為にはりきって朝食を作って待っていたようだ。
「一緒に食べたかっただけ?」と聞くと
「違うわ、私の分よ、ごはん食べたら脳にいいと言ったでしょ」
これは第2話でチョルスが言っていた言葉ですね!
そして「ご飯まだでしょ」とさり気なくチョルスにも食事を勧めるのだった。
チョルスが一口料理を食べると一瞬手が止まり
さっきまで気難しい顔をしていた表情が緩み始める。
それを見ていたイ・マリがそっと料理をチョルスに寄せてあげると
おいしそうに食べるのであった。
そしてイ・マリもそれを見てとても嬉しくなるのだった。
この時イ・マリがお芋の天ぷら?をチョルスにあげるシーンがあるのですが
最終回でもこんなシーンがあったので覚えておくといいかも!
この後チョルスが出かけようとする時服の誇りをはたいてあげる所があるのだが
「夫婦みたいね」と言って笑うイ・マリが本当に嬉しそうで
見てるこっちも気が和むお気に入りの1シーンでした。
でもチョルスは好きと言われた事を思い出してオドオドしてましたけどね!

そしてここでソ社長が突然やって来る!
部屋の中に勝手に入って来るとあちこちを調べ始める。
どうやらチョルスが来ているのが分かったみたいだ。
そして部屋を出て行くと隠れていたチョルスが出てきて
こんな関係は間違っている、そして
「あなたは僕にとってニセモノです」と言うのだった。
愕然とするイ・マリ!そして
「ニセモノとしての人生があなたに分かる?」と言って背を向けると
涙を流しながら部屋の奥に消えて行くのだった。

毎日抜け殻のようになっているイ・マリを心配するスンヨンが理由を聞くと
ある人にニセモノだと言われたと説明をする。
「ひどい人ね、相手にしないの」と励ますと
「だけどその人の事好きになっちゃった、片思いだけど・・・」と答えるイ・マリ。
チョルスの事を本気で好きになったしまった事が分かるシーンでしたね!

そんな2人がある日ソ社長の電話で呼び出される事に!
ネット上に代筆疑惑の記事が出ていると言うのだ。
チョルスを疑って責め立てるソ社長!
イ・マリが彼をかばう姿を見てソ社長が
「付き合ってるんだろ?」と言い始める。
今後こんな記事が出ないようお前達は二度と会うなと言うのだが
「イヤよ」と断るイ・マリ!
すると今度はチョルスを追い詰めて行く。
そしてチョルスを守る為イ・マリはとうとう
「会わないわ」と約束するのだった。
そしてその姿を見ていたチョルスは何も言わずに去って行くのであった。

部屋に戻ったイ・マリにチョルスからの電話が鳴る。
「今どこ?」と聞くと部屋のインターホンが鳴る!
入口のドアが開くとそこにはチョルスの姿が。
チョルスを見つめるイ・マリが「私たち会っちゃいけないのよ」と言うと
チョルスがゆっくりと「そんなの無理だ」と言う所で第7話は終わるのであった!

スターの恋人!無料動画紹介はこちら!!

「スターの恋人」 アルバム紹介はこちらの記事で!
「スターの恋人!試聴 & CD アルバム紹介コーナー!!」

「スターの恋人」 ストーリー紹介はこちらの記事で!
「久々のチェ・ジウはまり役!スターの恋人全ストーリー紹介!!」

| スターの恋人あらすじ | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/145-3d4debbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT