FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ドライブ | 車・バイク | EDIT

突如勃発!奥多摩大菩薩ラインの3つ巴バトル!!

「富士山の山中湖周辺おすすめ日帰り温泉の石割の湯で休憩!」
からの続き!

令和元年9月14(土) 17時00分

それでは箱根エリアからいよいよ次のステージ
奥多摩エリアを目指して行く。
山中湖から選んだルートは
甲州を抜けるルートと
大月市の真ん中を突破して行くルートと
前回通った右サイドの青梅市を抜ける3ルートがある。
しかし奥多摩を網羅するなら回り方があるので
今回は左側の大菩薩ラインルートをチョイスする。

(今回使ったルート!)

(地図内の場所)
  (A地点) 山中湖
  (B~C地点) フルーツライン(すっごい数のぶどう園が立ち並ぶ!)
  (D地点) 深山橋 (奥多摩中心地)

まずはA~Bの間に点在するガソリンスタンドで夜中奥多摩でガス欠しないよう
とにかくガソリンを満タンにしておく。
そしてB~C区間のフルーツラインという
ぶどう園の中を抜ける農道みたいな道を走る。
それでこのフルーツラインなのだが
田んぼだらけ、畑だらけと言うのは見た事があるが
驚く程ぶどう園一色の景色には驚愕。
また農園直の直売もやっているようで先程諦めたぶどうが欲しくなる。
明日にはこの北関東エリアを出立する予定。
余り詳しくはないがそれでも勝沼という名前は聞いた事がある。
峠の聖地が奥多摩ならここはぶどうの聖地。
もし朝一に通った時開いている店があったら是非ぶどうを買って帰りたい。
そしてC地点からはいよいよ奥多摩への左翼を担う大菩薩ラインが始まる。
青海街道よりは走りやすいらしいがどんな道なのか想像難し。
とにかくこのまま突っ走るのみである。
大菩薩ラインに入るとどんどん山を登って行く。
そして右に左にダイナミックなコーナーを抜けて頂上に行くと
今度は緩やかに延々と下って行く。
その下り道は走りやすく
関西だと柳生の郷から月ヶ瀬へと抜ける峠のリズムと似ていた。
そんな折前に2台の車影を発見。
そのまま寄って行ってみる。
すると前車がこちらの存在に気付いたようで少し加速。
すると車間を詰められた先頭も加速。
そして空いた車間を詰めにこちらも加速。
するとこの繰り返しでこの3台のグループの平均速度が徐々に上がって行く。
気が付くともう余裕が無いかも。
それは前を走っている車からも感じる。
かなりの限界走行域に突入している模様。
とりあえず先頭はマツダのアテンザっぽいが
前を行く車は外車のSUV系である。
何気ない一般車両だがかなり速いぞこの2台!
いきなり始まった全開走行で奥多摩の幕は切って落とされた感じであった。

 続きはこちら!
 「奥多摩周遊道路!閉門間際を狙って貸し切り走行!!」

TOPページはこちら!
「北関東遠征!大阪から一般道で中日本縦断の60時間1800㎞コース!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1438-24393c7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT