FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

カスタム | 車・バイク | EDIT

ピレリP7 阪神高速道路 環状線編!

オデッセイRA2でのタイヤテスト ④

ショック Lev.30 (30段階中)
空気圧 フロント 2.80kg/cm2
    リヤ   2.80kg/cm2

大阪でCD聞きながら走るのにお勧めの周回道路に

(高速) 阪神高速環状線

(中速) 阪奈道路

(低速) 万博公園外周道路 がある。

特色としては万博道路は仮免練習も出来る初心者向きで
次はいつもよく行く峠とサーキットを融合したような阪奈道路である。
そして最後は環状線であるが
ここは大阪はミナミとキタを繋ぐ道路で
云わばインディ500のような関西屈指の周回道路となっている。
それでは今回はここで最後の走行テストを取り行おうと思う。
道路は整備されていて完璧なフラットな路面の環状線。
なので足回りは最強のLev.30にセッティング!
コーナーは主に6ヵ所で内環、外環の2コースがあり
今回は複数コーナーがある外環コースを選択!
それでは準備OK!
早速テスト開始である。
法円坂入口より東大阪線通って環状線に進入。
そして合流に向かってオデッセイのアクセルを開けて行く!
せっかちさんが多い大阪!
我よ我よと空いた車間目指して
スタートグリッド直後さながらの車線変更が繰り広げられる。
流れに乗り遅れると一気に飲まれそうな割り込んでくる車。
こちらも負けじと加速して行きます。
内環分岐点を過ぎる頃には流れも落ち着き各車ペースを掴んで走り始める。
それではいよいよ天王寺動物園前の外環分岐点のコーナーです。
軽く3速に落として行ってみましょうかね。
バンクを切っている環状線コーナー。
車速が乗っていても安定して曲がれる。
路面が綺麗なので阪奈道路の時のようにレベルMAXのショックでも
上下動ほぼ無く綺麗に曲がれる。
やはりサーキットばりの環状線である。
足は固ければ固い程軽快に走ります。
そのままヤマダ電機から高島屋目指して
軽く右に左に旋回しながら複合コーナーをクリア!
ここから一気に御堂筋西側を通って逆サイドの梅田複合コーナーを目指します。
中央通りを突破!
本線からの合流を交わしてコーナーに向けてポジションを確保して行く。
前車とのスペース良し!
それではまずはここで1つテストをして行きましょう。
中の島合流に向けての右カーブ!
ギアは2速で行ってみる。
ステアリングを切ると地に吸い付く様な曲がり方。
ピレリP7ががっちりと路面をl捉えているのが分かります。
しかし以前のファルケンならこの2速辺りでもいいかなって感じであったが
ピレリの場合ちょっとギア比が合っていないかも!
なので次は3速でチェックしてみましょう。
空港線からの合流車を往なして落ち着いた間にちょっとコーヒーブレイク!
買っておいた缶コーヒーを開けてCDを選曲する。
信号がなくノンストップで走れるのが高速の売りではあるが
快適の極みですね。
やはりせかせかと走る一般道とは爽快感が違います。
それでは1周目完了!
続いて2周目突入です。
今度は動物園前右コーナーから本気で行ってみましょう。
ギアは3速!
イン側ラインを狙ってアクセルオンです。
一気にバンクを駆け降りてイン側車線を走るオデッセイ。
少し車体が軋んでいるように思えるがまだ大丈夫かといった所。
そのまま合流に向けて更にアクセル開度を広げていく。
車速が乗り何とも気持ちのいい加速である。
この辺りを見るとやはり安定感が格段に向上しているだろうか。
ほぼ今の感じはアブソルートと同じと言っていい位であった。
ただ違う点はこちらの方がもっとピーキーな乗り味かな。
滑らかさが無い分かなりストックカーテイストな乗り味であった。
それではこのまま先ほど行った中の島コーナーを行ってみる。
今度は2速に落とさず3速ホールドで進入!
少し回転数が緩い分若干アウトに持って行かれる。
しかしそこからアクセルを踏んでパワーバンドに乗って行くと
荷重が外側に加わり接地感がアップ!
一気にグリップしてインベタでコーナーをクリアして行けた。
この辺りはタイヤだけではなくスタビライザー効果も大きいように思う。
ちょっとした位ではブレないようになったかな。
高速走行すると今回のセッティングのいい所がよく見えてきました。
それでは大体雰囲気は掴めました。
あとは軽く周回して燃費もついでに計測しておきましょう。
そうと決まれば長丁場になるので次は軽く腹ごしらえ。
積んでおいたおやつを開封!
音楽も雰囲気を変えて入れ替える。
車内はまるでマイルーム状態。
この広い室内空間もまたオデッセイの魅力の1つであります。
今日はエンドレスですよ。
ガソリン無くなるまで走るかもね!

PS.
燃費結果 リッター10kmといった所。
やはりコーナーで幾分ギアを落とした影響が出た模様。
もしずっと4速で流していたらいつものリッター11Kmが出たかもしれないが
その確認はまた機会があったら計測致しましょう。
それでは今回の高速代!
法円坂から環状線を周回してまた法円坂から降りると
金額は¥470円也!
最近阪神の初乗り運賃が下がったので以前より更に安くなってましたね。
意外とお得かも!
CD聞きながら車を走らせるのが好きな人にはお勧めですよ!!

TOPページはこちら!
「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」

| ショック&足回り情報 | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1427-48b753a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT