FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

オデッセイ 対 いろは坂!地図&コースレビュー!!

「道の駅!富士見温泉ふれあい館は何て便利なんだ!!」
からの続き!

平成28年8月13(土) 23時00分

(いろは坂のコースマップ)
(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

(下り 第1いろは坂コース)

(地図内の場所!)
  A地点 若松石油奥日光給油所(上りスタート地点!)     
  B地点 馬返し 公衆トイレ(下りゴール地点!)


(上り 第2いろは坂コース)

(地図内の場所!)
  A地点 馬返し 公衆トイレ(上りスタート地点!)     
  B地点 若松石油奥日光給油所(上りゴール地点!)

それではコース説明です。
一方通行のいろは坂は下りが第1で上りが第2となっている。
また道路幅も2車線分ある辺りちょうど大阪の阪奈道路とよく似ている。
上りは比較的タイトなコーナーが延々と続く感じだが
下りはかなり個性的で180度ターンのコーナーが延々とつづら折りで続く
高低差激しいコースである。
赤城山がダイナミックで荒々しい雰囲気だとすると
いろは坂は鋭く切れ込むようなコースと言ったところか。
標高約1300mを一気に下る第1いろは坂は
まあ関西ではお目に掛かれない凄まじいコースとなっている。
(第1いろは坂 下り)
走行距離 車 6 km(11 分)
標高 約1300m

(第2いろは坂 上り)
走行距離 車 10 km(16 分)
標高 約1300m

(それではいろは坂コースのレビューです!)
赤城山麓にある道の駅で1泊をと思ったが
気が高ぶっているのか目が覚めそのまま夜の内にいろは坂まで来る。
現在時刻は23時。
栃木県日光市の方は少し下り坂でポツポツと雨が降るエリアもあり
山岳特有の山の天気は変わりやすいと言った状態であった。
そんな中、遂に最終目的地いろは坂へと到着する。

DSC_1775_R.jpg
いろは坂!

DSC_1776_R.jpg
「ここが入口?」
初めての場所だったので峠の入口がどこか分からず突き進んでいると
知らぬ間に上りの第2いろは坂にコースインしてしまう。
最初からもう一度と思ったが一方通行のいろは坂。
戻ることも出来ずそのままこれがファーストいろは坂となって行く。

コースは2車線。
傾斜は赤城山みたいにきつくなくコーナーも無茶苦茶なタイトヘアピンと言う事でもない。
なので真夜中の真っ暗ないろは坂ではあるがまだ走りやすいと言ったところである。
路面は若干ウェットなのであまり無理は出来ないがその中を後ろからライトが近づいてくる。
かなり早い車のような感じである。
左車線によってどんな車か見てみると白のプリウスであった。
そのままオデッセイの横を一気に抜いてハザード!
どうやら道を譲ってくれたと思ったみたいである。
そして前方のタイトなヘアピン手前で一瞬ブレーキランプが付くと
プリウスが一気に方向を変え姿を消す。
そしてこちらもコーナーを立ち上がるとその先にプリウスがまだ走っていた。
しかし次のコーナーでも同じようにフッ!と姿を消す。
どうも普通に走っているようなのだが異様にコーナーの突っ込みと立ち上がりが早い。
少し加速して接近してみると足回りは少しいじっている感があるが
しかしそれにしてもコーナー前後が異様に早い。
「エンジンをいじっているのか?」
少し原因不明な状態であったが後ろについていると少しずつその正体が見えてくる。
プリウスはハイブリット。
なのでモーターとエンジンを心臓部に搭載している。
通常はモーターは発進時に稼働するのがほとんどだが
今回のように低速に落ち込んだ時にもモーターが駆動しているような感じがする。
なので立ち上がりの時の伸び方が通常のエンジンフィーリングのような加速ではなく
フォークリフトのようなlモーター的な加速をしているように見える。
プリウスで攻めているのを初めて見たのもあるが
ハイブリッドマシンで峠を攻めるとこのように
異様な程低速コーナーの立ち上がりが鋭くなるのかもしれない。
ある意味近未来的な走りでこれも時代なのかなと感じる。
そんなプリウスの後を走って行くと途中から霧が出始めてくる。
深夜と言うのと天気が少し上の方が悪いというのが重なって
その霧はどんどん深くなりヘッドライトをハイビームにしていると光が拡散し
視界がほぼゼロ状態となる。
するとそんな中頂上に着いたのか霧が突然切れた。
周りを見ると景色が一変して商業施設が立ち並んでいる。

DSC_1778_R.jpg
いろは坂頂上!

どうやらここがいろは坂の頂上のような感じである。
ちょっと高野山の街並みにも似ているかも!
それでは上り区間は結構長い距離に感じるコースであったが
このまま今度は下りも走って行ってみよう!
それでは左折すれば中禅寺湖、右折すれば下り第2いろは坂となって行く。

DSC_1769_R.jpg
交差点を右折した所!

DSC_1770_R.jpg
少し行くとガソリンスタンドの若松石油奥日光給油所があって
ここが下りスタート地点になる。
それでは時間は真夜中の0時。
区切りがいい所で早速下りも行ってみましょうか!

DSC_1788_R.jpg
真っ暗で霧が立ちこむ中
前方に灯りが見える。
あの辺りからコーナー突入か?

DSC_1773_R.jpg
これが噂の日光いろは坂のつづら折りヘアピン!
イン側にはポールが立っているが昔はこれが無かったんだろうか?
とするとかなりの道幅が使えるので
これはドリフト族にはたまらない峠だったんだろうなと思う。
そう考えると近所迷惑とは分かっていてもこれは走りに来るでしょうね!
サーキットと言うよりはカートコースがそのまま急斜面になって
峠になったようなコースです。
実際走ってみると凄まじいコースレイアウトです。

DSC_1774_R.jpg
先が見えない程の傾斜に
これでもかと言わんばかりのヘアピンの折り返し角度。
こんな峠は大阪近辺でお目に掛かったことがないです。
すごい!

DSC_1786_R.jpg
コーナーのインの更にインというのはこれか?
こんな草むらに普通車を突っ込んだらあまりの段差に
車はフロントから崖下って感じです。
想像以上のかなりの高低差です。
山偏に上下と書いて峠と書くがこのいろは坂を走るとその意味がよく分かる。
本来峠とはこんな道を言うのかもしれない。
まさに生駒山の暗峠を彷彿させるような道である。

DSC_1787_R.jpg
カーブナンバーがある所は碓氷峠、六甲山と似ている。

DSC_1792_R.jpg
「自転車スピード注意?」 とあるが
ここは自転車で走ってもいいのか?
こんな所を自転車で走ると崖下一直線のような気がするが
かなり門戸を大きく開けた太っ腹ないろは坂である。

DSC_1794_R.jpg
この先に橋ゲタが見えるが延々と続いたつづら折りがこれで終わり
ここから最終区間のトンネル、橋を通る区間が始まる。

DSC_1797_R.jpg
下りはこの緊急退避所がゴール地点で
向こうに見えるのが最初来た上り区間のスタート地点である。
ちょど地図で書いた馬返し 公衆トイレ付近です。

DSC_1800_R.jpg
このまままっすぐ国道120号線を進むと日光市街地に行け
桐生、足尾方面に右折すると赤城山の方に帰れます。

(それではいろは坂コースの感想です!)
日光中禅寺湖を頂きに持ついろは坂は
峠と言うよりは主に観光地として有名な場所である。
なので本来は夜よりも景観の美しい日中に来るのがいい所でもある。
そんないろは坂の観光地色を一掃してしまう程の存在感がこのいろは坂にはある。
雰囲気は2車線道路の一方通行と言う所は大阪は阪奈道路とよく似ているのだが
そのどこまでも続くかのようなつづら折りヘアピンは圧巻で
この峠を関西人に説明するならば
阪奈道路の傾斜を2倍にしてギュ~っと縮めたようなコースと言えば
分かりやすいかもしれない。
そんないろは坂の上りは峠区間は下りと同じ位かもしれないが
頂上までの繋ぎ区間が少しあるのでその分長く感じる。
オデッセイで走るなら上りは比較的軽快に走れるイメージで
一方通行なので対向車を気にしなくて済むのは助かる。
下りは上りと打って変わって
観光地ならもっと走りやすい道路にすればいいのにと思える位
想像を絶するヘアピンがぜ立ちはだかる。
また路面に書かれた規制表示の白の線が思いの外よく滑るので
アウト側を走る時は要注意である。
基本的にこの峠を攻めていくと
コーナーでは自然とカウンターを当てる状態になって行くのだが
それがっこでは一番スムーズに早くコーナーをクリアする術でもある。
状況が一方通行で2車線で道が広いという事もあり
いろは坂の下りではドリフトが主となってしまうのも当然なのかもしれない。
今回いろは坂は大阪からだとかなり遠いので
どうしようかと迷った峠でもあるのだが
大阪では体感出来ないこのコースレイアウトは
苦労してでも走りに来ておいて良かったと思える峠であった。
それではあと中禅寺湖周辺も覗いて見たので
夜ですが写真貼っておきますね!

DSC_1780_R.jpg
いろは坂の標高は1274m。

DSC_1781_R.jpg
場所的には戦場ヶ原が近く
まっすぐ行くと湯元、沼田市方面に行ける。

DSC_1784_R.jpg
中善寺郵便局!

DSC_1782_R.jpg
郵便局前のバス停!
ちょうど中禅寺湖畔に立ち並んでいます。
でも今は真っ暗で中禅寺湖は見えませんでしたけどね!

続きはこちら!
 「オデッセイ!無事北関東の峠より帰還する!!」

動画はこちら!(TOPページ)
「大阪~碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂一般道で往復41時間!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1094-18d9ffaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT