FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

海外旅行記 | 旅行 | EDIT

サンタモニカでは外せない!イタリアン レストラン Trastevere!!

「食事お買い物ならサンタモニカ・サード・ストリート・プロムナード!」
からの続き!

(7日目) 平成28年5月4日(水) 19時00分 (アメリカ時間)

夜になって再度
サンタモニカ・サードストリート・プロムナード(3rd Street Promenade)
にやって来る!

グーグルマップの地図!
(拡大地図は「その他のオプション」をクリック)

Hotel Shangri-LaからTrastevereまでのルートマップです。
お店の場所はちょうどホテルの裏手辺りで
歩いて6分と近くすごく行きやすいです!

DSC_1289_R.jpg
ライトアップされて人も先程より増えています!

DSC_1290_R.jpg
お目当てのイタリアンレストラン トラステヴェレ(Trastevere)に来ると
結構満席状態でお客さんがいっぱいです。
やっぱりさっきは時間が早かったんですね!
みんな仕事が終わってご飯を食べにやって来たみたいです。
それではのんびりしてると今度は席が無くなりそうなので
急いで中に入りましょう!

DSC_1278_R.jpg
席は少し肌寒かったですが表のアウトサイド側を指定!
景色とサンタモニカの夜風が気持ちよく
街中を流れる音楽が心地良いですね。
雰囲気は最高!
店員さんも陽気で先程とは打って変わってお店も活気づいています。
やっとリゾートチックな陽気なサンタモニカになってきました。
そう思うと何か嬉しくなってきましたね。
気分が盛り上がってくると急にお腹もペコペコになるから不思議です。
よ~し!
今日は移動の疲れを取る為にも思いっきり食べるぞ~!
お兄さん!メニュープリーズです!!

DSC_1280_R.jpg
頼んだ料理が登場するまでの間
私たちの空腹の相手をしてくれるのは
トレストベレ人気のフランスパンです。
見た目は固そうですがふわ~っとした柔らかさにもっちりとした食感で
お腹が空いている時に出てこられると幾らでも食べてしまう魅惑のおパン!
そのまま食べても美味しいのだがその横にあるオリーブオイルをつけると
これまた大人の雰囲気満載の上品な1品に大変身!
普通に食べておいしくオリーブオイルを付けてさらに美味しくなるという
1粒で二度美味しいグリコ顔負けのトラストヴェレのおパンであります。
もうこれはやめられない止まらないのかっぱえびせん状態!
気が付くとパンは一気に完食で
またまたやっちゃったかもと膨れたお腹を見てみるも
すっごく美味しかったので後悔無しです。
もうお腹がはち切れても構いません。
今日は心行くまで食べまくりたいと思います。

DSC_1281_R.jpg
それではTrastevereで一番大好きなカラマリのフライが出てきました。
ちなみにカラマリってイカの事で日本で言うとイカリングのフライになります。
この料理は以前来た時となりの席にいた老夫婦が食べていて
美味しそうだったので
「それは何ですか?」って聞いたら
「カラマリ!」 って教えてくれて同じものを頼んで食べてみました。
するとイカリングなんですけどこれが居酒屋のイカリングとは全然違って
もう少し濃厚というかボリュームがあるというか
イカリングの形をしているのですがもっと本格的なイカフライの味がします。
イカはイカなんですけど何かが違うんでしょうね!
すっごく尾を引く癖になる美味しさです。
サンタモニカっ子はこのカラマリのフライが大好きで
とにかく周りを見てもよく食べられています。
サンタモニカに来たら是非このカラマリは食べてみて下さい。
美味しいですよ!

DSC_1284_R.jpg
2品目はミートボールのスパゲティーで
こちらは粗挽き風のミートボールと濃厚なミートソースが合い絡まって
ボリューム感ある食べ応えのあるスパゲティーとなっています。
かなりこってりかもしれないので食いしん坊の人にはお勧めかな!
少し濃いめのドライな味付けなので
飲み物はビールがぴったり合いますよ!

DSC_1286_R.jpg
最後はやっぱりお肉を行きますか~って感じで
フィレステーキを頼んでみました。
センターに青いポールが立っているのがお肉で
それを囲むようにポテトとブロッコリーが山盛り添えられています。
もうお腹はパンク寸前!
お肉だけでもう充分なんですが残すのは料理に対して失礼なので
ここは気合い一発食べ切りました。
ホントよく食べたな~とお腹を見るとズボンのボタンが今にも弾けそう!
アメリカに来て毎日お肉ばっかり食べてたからな~。
かなり立派なメタボちゃんにお腹が変身しておりました。

続きはこちら!
 「サンタモニカのThe Coffee Bean & Tea Leafで朝食を!」

トップページはこちら!
 「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

| セドナ旅行記 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://vivati.blog.fc2.com/tb.php/1068-2e093f55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT