FC2ブログ

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

今までで一番いいミニコンポ!パナソニックSA-PMX70!!

5年ほど前にパナソニックから発売されたステレオで
SA-PMX70というミニコンポがあった。
当時3万円位だったかな?
それがブックオフで当たり傷があると言うだけで
1万円程安くなっていたので買ったのだが
5年使った今でも問題なく使えている。
当時は音楽機器はというとソニー 一択だったのだが
CD部分が壊れて買い替えなければならなかった。
そんな時このSA-PMX70の評判がすこぶる良く
気になって店頭でも実機を見て思案していたが
確かに音質が噂通り良かった。

(スペック)
 パナソニックHP 参照!

 価格.com 参照!

当時は音楽と言えばCDからデジタルオーディオプレイヤーや
スマートフォンで聞くのが普通になり
音楽ファイルもCDから録音してMP3というよりは
FLACをネットでダウンロードして聞くと言うのが増えてきていた時代。
自分もどちらかと言うと後者の方でオデッセイで音楽を聴くのも
脱CD派という部類になっていた。
そんな状況での音楽ライフスタイルは
音楽ファイルをパソコンにストックし
それをUSBメモリーもしくはスマホに転送して聞く。
再生方法は有線接続ではなくBluetooth(ブルートゥース)接続。
なのでこの時ミニコンポを買うとしたらこのブルートゥース機能は必需品であった。
そんな条件を踏まえて日本橋をウロウロ!
時間があったら実機を触りによく出掛けていた。
そして機能、音質、価格などのバランスで決めた1台がこのSA-PMX70!
どの辺りが購入に踏み切った部分なのかを
ちょっと垣間見て行ってみよう。

P_20200515_090413_R.jpg
愛機 ASUS ZenFone5z ZS620KL をブルートゥース接続中!
接続すると機種名が表示される。
音質は直に聞く限りCD音源とあまり遜色なし。
音切れはステレオ本体横に置いて繋げるとたまに切れる時がある。
逆に言えば1m位離した方が接続は安定しているかも!

プレイリストの操作は画面に1ケタ表示なので
再生やアルバムを進めて行くなどは問題ないが
スマホみたいにアルバム一覧表示させて操作するには
ステレオ側では無理なのでスマホの音楽プレイヤーで操作する。
まあこの辺りは基本ヘッドユニットはスマホでするといった所で
ステレオ側は音を再生させるに徹するという使い方である。

音質はかなりいい!
ハイレゾ対応と言うのが影響しているのか
特にミッドレンジのボーカル部分は突出している。
低音も中々響いていてスーパーウーファーみたいに
後ろに穴が開いているのが効いているみたいである。
高音はシャリシャリ感な音ではなく滑らか。
やはりパワーが120W(60W+60W)あるからだろうか。
このクラスのミニコンポに比べると厚みのある音質である。
オデッセイのオーディオシステムと比べると歌を聞くには抜群で
またオデッセイでは聞こえないベースの音とかもはっきりと聞き取れる。
体感する振動系の音はさすがに弱いが
だが6畳位の部屋で聞くには必要にして十分なパワーである。
車での音楽に慣れている人には
ちょっとシャリシャリ感とずっしりとした低音がないので物足りないかもしれないが
だが同じ音源をブルートゥース接続で再生させた時の音質劣化は
例えばユーチューブを再生させたとすると
SA-PMX70の方が圧倒的に良かった次第である。

最近は後継機となる新機種も出てきているが
さほど音質に関しては変わらないかな?
なのでもしヤフオクやメルカリでこのSA-PMX70を見掛けた時は
最近は1万円を切ってきているので狙い目である。

PS.
この機種はUSBメモリー(FLAC対応)の再生も出来るので
CDのヘッドユニットをほとんど使う事がない。
なので今までのミニコンポの故障の原因で一番多かった
CDプレイヤーが壊れたというのも少なく
また壊れたとしてもUSBやブルートゥースで音楽を再生出来るので
製品の寿命は格段に延びていると思う。

ヘッドユニットで繋げるスマートフォンはこちら!
「PowerampのBluetooth音量を大きくする設定!」

カテゴリは 「音楽」

オデッセイRA2 4WDのメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| 音楽 | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月