FC2ブログ

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

Windows10の目が疲れないモニター RGB 設定値!

Windows10には
設定の 「システム」 の中の 「ディスプレイ」 に
「夜間モード」 というのがある。
これを起動させるとブルーライトを抑えれるため睡眠前にお勧めという。
まあ見た目はモニターが赤っぽく発光するといった代物で
目への刺激も減るといったアプリなのだが
あんまり目の疲れに対しては効果が薄い所である。
なのでいつもマニュアルでするブルーライト設定を使っている。
今回はどのパソコンからでも見られるようにとブログにメモしておく。

設定_R
Windows10に標準装備されている 「夜間モード」 は
この設定画面の左上の 「システム」 の中にある。
(設定は簡単だが効果はイマイチ?)

P_20200510_215627_R.jpg
それに対してRGBをマニュアル操作で設定する画面は
デスクトップで右クリックして出て来るこの画面の
「グラフィックプロパティ」 を選択!

3a.jpg
出てきたグラフィック用のコントロールパネルの
「基本モード」 を選択!

青a
左の 「ディスプレイ」 の 「色調整」 を選択して
赤丸の所で
R(レッド / 赤)、G(グリーン / 緑)、B(ブルー / 青)の3色を
マニュアルで変更して行く。

まずは青。
明度 -60 (最小値にすることでブルーライトを最小限まで抑える。)
コントラスト 45
ガンマ 1.5

赤a
次は赤。
明度 21
コントラスト 49
ガンマ 0.9

緑a
最後は緑。
明度 21
コントラスト 49
ガンマ 0.9

我が愛機 「NEC VersaPro PC-VJ25MDZCD」 の
ノングレアディスプレイと相まって
これで目の疲れないモニターが出来上がり!

 高速化設定はこちら!
 「Windows10用ショーリン専用スペシャル高速化設定!」

Windows10アップグレード、使い方、問題点などをまとめた記事はこちら!
「Windows7愛用者のためのWindows10使い方メモ!」

これらの記事はこちら!
カテゴリー 「Windows10化計画」

| Windows10化計画 | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月