FC2ブログ

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

DOCOMO | 携帯電話・PHS | EDIT

ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!

nanoSIMサイズのFOMAカードが使えるガラケーを探して辿り着いた1台。
富士通のF-05G!
カテゴリはスマートフォンとガラケーの中間に位置し
SPモード携帯とも称されているようである。
最近めっきり減ってきたFOMA端末の救世主となるかガラホF-05G!
今回試しに入手出来たので使い勝手などを綴っておく事と致します。

1、「FOMAの電源が勝手に落ちる!原因はSIMカードの接触不良!!」
  (新たなるガラケーを探すきっかけはここから始まる!)

2、「復活のガラパゴス携帯!2台持ち最強のFOMA F-03A!!」

3、「新料金に向けてドコモ2台持ち環境を整える!」

4、「ドコモショップで大違い!標準SIMのナノSIMサイズへの交換手続き!!」

5、「2台持ちにお勧めのガラケーを調達する!」

6、「ガラホF-05Gの実力や如何に!」

7、「ガラホF-05Gのパケット代が掛からない通話専用設定!」

8、「ここからが本業!携帯をリペアして一気にランクアップ!!」

9、「そろそろ限界かFOMA F-03A!そして使いやすい後継機はこちら!!」

10、「ドコモ!着信が30秒で切れる原因!!」

11、「ガラケーとはケタ違いのガラホF-05Gの電池持ち!」

12、「着メロ設定が楽しいガラホF-05G!」

13、「ドコモの着信音一覧から登録した音楽を削除する方法!」

14.「ガラホF-05Gとガラケーとの電話帳コピーは赤外線で!」

15、「赤外線で電話帳を移行したらグループ情報が飛んでしまった!」

16、「ドコモでも出来ないガラホ(スマホ)から古いガラケーへの電話帳移行!」


過去に紹介した機種一覧!
(携帯電話)
「ドコモ F-09C!インプレッション レビュー!!」

(スマートフォン)
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

「ASUS ZenFone3 ZE520KL!インプレッションレビュー!!」

「ソニー Xperia Z3 SO-01G!インプレッションレビュー!!」

「スマートフォンOptimus G L-01E!インプレッションレビュー!!」

| 携帯電話 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ヴィジュアル | 音楽 | EDIT

本物だね!染之助・染太郎を彷彿させるダイナ四!!

お笑いと言えば大阪というイメージは正しいが
最近は吉本を筆頭にかなりこじつけられたイメージでもあると思う。
何というのだろうか?
ただ笑かせばいいと言う風潮にズレを感じる。
どちらかと言えばさりげなく日常の中にユーモアがあると言うのが
大阪の笑いだと思っている。
なのでグルメリポーターに近所のおばちゃんが御馳走すると
「こんなにいいんですか?」 と言うと
さりげなく
「うちお金持ちやから。」 等と
お金持ちでもないのにそんなことを言って場を和ませるユーモアなどが好きである。
まあ芸人で言えばやすきよはほんとにおもしろかった。
またきみまろみたいな計算されつくした話術も好きである。
基本相手に嫌な思いを不快な思いをさせない。
これが大阪の笑いの神髄だと思っている。
そんな最中ある番組でファイナルファンタジーの特集をしていた。
ちょっと見ているとゲーム内の人気曲のランキングが発表されていて
その中でFFⅴのビッグブリッヂの死闘の曲目が目に付いた。
懐かしく思いYouTubeで検索してみるとある1つの動画を見つける。


何気に再生すると覆面ドラマーがスティックをクルクルと回している。
そして伴奏が始まると曲芸並みのお手前で叩き始める。
踊る獅子舞君 張りの狂ったような叩き方。
個性的かつ独創的!
かなりパンチの効いたインパクトである。
しかし叩くのが速いな~。
早送りでもしているのか?
しかしコメント欄を読んでみるとどうやら実測のような感じである。
「ほんとですか~?」
そうするとお茶らけた外観とは裏腹に技術は達人の域?
ある意味卓越した技の曲芸師である。
昔で言えば染之助・染太郎みたいな職人タイプ?
そういう風に見ると見入ってきてしまう。
そして一番笑ってしまったのは1分37秒当たりのカメラ目線。

東京的に言えば 「バカじゃん!」

大阪的に言えば 「あほやな~」

ちょっとした事なのだろうがこの部分がツボにはまってしまった。
このダイナ四のドラマー。
中々的を射た笑いのセンスに
ついついもう1回見てしまうのであった。

カテゴリは 「音楽」

| 音楽 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月