FC2ブログ

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

整備 | 車・バイク | EDIT

BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2には
タコメーターといった洒落た物が付いていない。
まあスポーツカーではないので別にいいっか!って感じで
今までずっと乗っていたが
足回りをきちんとして行くとやはりエンジンの回転数は気になる所。
なので今回外付けでタコメーターを装着!

DSC07655_R.jpg
こんな感じ!

一応候補としては
 1、Defi-Link Meter ADVANCE BF タコメーター 60Φ
 2、Pivot PROGAUGE タコメーター 52Φ&60Φ
 3、BLITZ RACING METER SD TACHO METER 52Φ&60Φ の3つ!
この中から今回はブリッツのタコメーターを選びました。
それでは選択するにあたっての
ポイントと特徴と使用感などを書き綴っておきますね!

(レビュー!)

1、「外付けタコメーター!オデッセイの場合選択肢はこの3つ!!」 (商品紹介)

2、「タコメーターの取付けレイアウト一覧写真!」

3、「オデッセイのタコメーター配線!」

4、「オデッセイのスピードメーターの取り外し方!」

5、「ナイスなカーショップ!オートリアル Auto Real!!」

6、「ブリッツ タコメーター用アクリルカバー&台座完成!」

7、「ブリッツSDタコメーター!昼&夜レビュー!!」 (動画)

8、「19年目にして解き放たれるオデッセイの魅力!」

おまけ!
  「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法 パート2!!」

  「原因はタコメーター?そんな事ってあるの?」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイの足回りテスト報告などはこちら!
「ショック&足回り情報」

愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

| タコメーター | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

整備 | 車・バイク | EDIT

九死に一生で復活!やっぱお前は最高だよ!!

「原因はタコメーター?そんな事ってあるの?」
からの続き!

「今回はもうダメかも?」
そんな状態に出くわすこと幾度となく。
しかし私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2は
その度に復活して私と共に歩んでくれている。

今回のエンジンが始動しなくなった時は
ほんと覚悟を決めていた。
しかしこうしてまたオデッセイの運転席に座る事が出来た事は至極恐悦この上なしである。
それでは久しぶりのオデッセイ。
代車ミライースに別れを告げて帰路につくのであった。

山野自動車から車道に出る時の段差でガタン!
そしてボディーが鋭く短く横揺れする。
その衝撃で脇にレカロのサイドサポートが食い込む。
思わずモモのステアリングを握る手に力が入る。
「うう~っ!」
今までだと普通の衝撃なのだが
ミライースに慣れた体では対応出来なかった。
そしてアクセルを踏んで行く。
シート下の触媒辺りから図太いエンジン音が室内に流れ込み
力強いトルクが体を前に押し出していく。
久しぶりのこの感覚。
やはり排気量が3倍も違うと走りも動きも全然別物であった。

さりげなくオーディオの電源を入れプレイリストをオン!
室内に重低音とボーカルが響音する。
気分と共にタコメーターの針は急上昇。

「やっぱお前は最高だよ。」

「こんな気持ちにさせてくれる車は中々いないよ。」

近くにいると慣れてしまって薄れゆく感動。
普段どれだけこのオデッセイには癒されていた事やら。
こうして運転すると再認識させてくれる。
「帰って来たんだな。」
「おかえり。」
また今日から充実した日々が復活である。

 続きはこちら!
 「スーパーチャージャー搭載の魅惑のオデッセイRB1アブソルート!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| メンテナンス | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月