FC2ブログ

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

整備 | 車・バイク | EDIT

原因はタコメーター?そんな事ってあるの?

「彼の名はミスターホンダ学園!」
からの続き!

それでは工場長から今回のエンジンが掛からなくなった原因を教えてもらう。
私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2には
タコメーターが標準装備されていないので
ブリッツのタコメーターを後付けしている。

タコメーター詳細はこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

そして今回エンジンチェックランプが付いた履歴を
コンピューターから読み取ろうとする時に線をコンピューターから外した途端
エンジンが再始動しなくなったとの事。
なので再度、線を繋げるもエンジン掛からず。
原因はタコメーターの故障?って事を疑ったとの事。
そしてタコメーター周りの配線を網羅していき
途中ヒューズを外して再接続したらエンジンが掛ったとの事。
どうやらタコ足であちこちに分配している配線で電圧が不安定になっている可能性あり。
なので怪しい所はカップラーなどに付け替えて配線し直してくれたとの事であった。
そう言えばアイドリングがたまに不安定だったが
原因はこの辺りの電圧のバラツキが原因だったのか?
また以前エンジンチェックランプが付いた時も
その時はもうタコメーターは取り付けていたので
疑わしきはタコ足配線って感じであった。
まずはチェッカーで出ていた
「点火出力信号異常」 はこれに当たると推測される。
そうするともう1つの
「EGRシステム故障」 が気に掛かる。
これは今までで一度も交換したことのないパーツ。
また最近はユーザー車検を始めて10年以上は掃除などもしたことがない。
なのでこちらが原因となると修理不可で交換のみとなるのだが
もう国内、海外でも廃番で新品は入手不可の部品であった。
もしこちらが原因の不具合だと廃車が視野に入る状況。
なので現時点ではエンジンは掛かるようになったが
まだ安心はできない状態である。
これはしばらくは遠征は禁止で
今は状態を見守ることが大事になってきた。

 続きはこちら!
 「九死に一生で復活!やっぱお前は最高だよ!!」

トップページはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| タコメーター | 08:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月