FC2ブログ

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

カスタム | 車・バイク | EDIT

轟く柿本センターパイプ!噂と違ってジェントルメンな響きである!!

「マツダ MPV スペシャルのスペック表!」
からの続き!

それではMPVに同席です。
ドアを閉めると「ボスっ!」と重い音が!
私のオデッセイと比べると実に剛性感ある開閉音がする。
窓も締め完全に密室に。
その状態でエンジン始動。
1発でエンジンが掛かる。
回転数は1200回転。
室内に小気味良い低音が流れ込んでくる。
「そんなに大きな音ではないですね!」
これが初めて生で聞いた柿本のセンターパイプの印象であった。
そして耳を澄ませて回転数が落ち着くまで聞いている。
回転数は800回転位。
大体これでアイドリングは落ち着いた状態。
一番落ち着いたアイドリング状態だとほとんと排気音は気にならない程度。
しかしはっきりと違う点もある。
それは排気音の聞こえてくるポイントが近いこと。
そう!通常排気音というのは
マフラーのあるエンド部分の一番後ろから発せられるかと思う。
しかしセンターパイプを交換すると
車の中心部。
例えば3列シートのミニバンの場合
セカンドシートの下辺りから音が聞こえてくるイメージ。
なので音源ポイントが近い分
音量はその分大きく聞こえる。
しかしそんなに不快な音ってことではない。
どちらかというとリズミカルに室内をこだまする軽やかな太鼓の音みたいで
聞いていると気持ちよく心が躍る。
巷では柿本のマフラーは爆音、下品、うるさいなどと言われがちだが
実際に聞いてみると全然違う印象である。
どちらかというと外車のフェラーリのようなスポーツカーの方が
うるさく癇に障ると言っていいかも。
この辺りは聞く人によってかなり差がある部分と思うが
車に普段から慣れ親しんでいる人から見ると
やはり何だかんだ言っても車検対応と言っていいのではないだろうか。
確かに20年以上も前の車だと規制前なので
今のマフラーと比べるとまだ音量は大きいかと思うが
それでも近所迷惑って言う音ではない。
確かにレッドゾーンまで回すと100dbオーバーでかなりの音量になるとは思うが
しかしそんなにエンジンをぶん回して市内を走る事も余りないとは思うので
通常運転だとこの柿本のセンターパイプを入れても
想像以上に臆することは無いのだと実感する。
今までは想像ばかりが膨らんで躊躇していたセンターパイプ。
しかしこうして実際に聞いてみると入れてみたくなりましたね。
「径が太くなるのでトルク細くなりませんか?」 って聞いてみたが
「確かに若干細くなるかもしれません。
でもそれ以上にアクセルを踏んだ時の高揚感がすごくて
そんな事など忘れてしまいます。」 
というのが柿本センターパイプ愛用者の生の声であった。
いいな~!いいぞ!!
かなり心が揺れる柿本のセンターパイプ。
しかし音楽を聴きたいなら
かなり音は室内に流れ込んでくるのでその点だけは悩ましい問題であった。

以前行った時のカキモト本社での見積もりレビューはこちら!
「大阪だったら柿本!フルオーダーマフラーの見積もりに行く!!」

 続きはこちら!
 「ビクともしないその曲がり!トラック並みの剛性感である!!」

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 07:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月