FC2ブログ

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月

大阪 | 地域情報 | EDIT

破損した実験用器具の再現製作依頼!

先日製作したご新規さんから別件の依頼が入る。
大学の研究室で使う実験用器具が壊れたらしく
「同じものを作れませんか?」といった内容。
電話では器具がどんな物なのかイメージ出来なかったので
実物を持ってきてもらう。

DSC00486_R_202001121030116b3.jpg
アクリルの丸棒で先端の突起が折れてしまったらしい。

DSC00489_R_20200112103011f13.jpg
注射針用の穴があって補助的な突起があるのだが
それが折れてしまったらしい。

形状が円形状なのでNCで切削して削り出していく作り方は不向きである。
と言っても旋盤で削って作って行くような品物でもない。
外観の傷とか精度は求めていなく
こんな感じに仕上がればOKというかなりアバウトな製品である。
金額は幾らでも良いと言われても
そうは言ってもそんなにコストを掛けて作っているようにも見えない製品。
さてさて!
どうやって作って行きましょうかね。
想像力をフル稼働です。

 続きはこちら!
 「市販のアクリル棒と端材を流用して作る!」

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年02月