FC2ブログ

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

カスタム | 車・バイク | EDIT

このセッティングの方がお前には合っている!

「ピレリP7の空気圧と接地データ!」
からの続き!

オデッセイのフロントの空気圧を0.5㎏/cm2程落としてみた。
するとハンドルが少し重くなった。
ポンポン跳ねていたのが少し収まった。
ハンドルを切った時の初動のタイムラグが小さくなった。
以前の感じに似てきた。
いい傾向である。
このあと妙見山へ行くので
その時通る箕面~能勢区間の峠で確認してみよう。

コースはこちらのB~C区間にて!
「大阪から箕面抜けて能勢を走る一般道コース!」

裾野から頂上へと上って行く上り区間。
右に左にとコーナーが連続する。
空気圧が高かった時はフワフワした感じがあったが
今は地ベタに吸い付くような接地感である。
なぞる様にラインを刻める。
手に取るように路面の衝動を捕えれる。
微妙なステアリング操作にもオデッセイは追随してくれる。
以前のあの一体感が戻り始めてきていた。
空気圧が高かった時はセカンドシートから運転しているような重心イメージ。 
しかし今は運転席に自分の感覚がある。
やっと前後バランスが決まってきたか!
前後左右の荷重移動。
今なら思いのままに操れる。
心持ち軽い違和感は残っているが
点数としては95点位である。
後はもうちょっとだけ前後共空気圧を落としてみたらビシッと決まるかな?
その辺りの検証はまた1人で走る時に確認してみよう。

 続きはこちら!
 「よみがえる感覚!完全復活のオデッセイふたたび!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 21:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月