FC2ブログ

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

カーオーディオ | 車・バイク | EDIT

後ろにボックスウーファーでいい曲がり!

「新たな足まわりを身に纏い阪奈道路でいざテスト走行開始!」
からの続き!

オデッセイがフルブレーキングでコーナー進入して曲がる時
リヤが若干流れるのを解消するいい方法を発見!
対策はリヤに少しキャンパー角が付いてグリップ力が上がると解決するのだが
その為だけにアライメントを取るのは致しがたい。
なので同じ効果を他の方法で出来ないかと考えた所
FR車の雨天対策でリヤに荷重を掛ける為に荷物を積むというのを流用する。
今回代用するのはボックス型のスーパーウーファー。
結構重いのでこれを代用してみる。

P_20191120_115607_R.jpg
カロッチェリアのサブウーファー TS-WX100!

P_20191120_115530_R.jpg
バンドパスタイプでMAXパワーは300Wの強者。
全開で聞くとバックミラーが振動で見えないという暴れん坊である。
最近は取り外して休憩中だったが
違う形で出番が回ってくる。

DSC07942_R.jpg
RBオデッセイと違いトランクスペースが深いRAオデッセイ。
こんな大きなボックスウーファーも楽々積み込めちゃいます。
それではこれでちょっとリヤが沈んだ感じでキャンバー角がちょと付いたかな?
さっそく阪奈道路でチェックして来よう。

ちょっと後ろに残るイメージのコーナリング。
それは感覚だけで曲がりに関してはいつも通りに曲がる。
それでは問題のサブロクで検証。
前回通りの進入イメージで曲がると今回はリヤが流れない。
しっかり後輪も地に付いている感じである。
やはりちょっとキャンバーはあった方が前後バランスが良く安定するようだ。
これもデーターとして残しておき
タイヤの減り加減で変化してくるバランスを見ながら
ボックスウーファーを使うセッティングも方法として追加しておこう。
それでは普段乗りでは燃費に影響するので
いざという時以外はまた降ろしておこう。

 続きはこちら!
 「ピレリP7の空気圧と接地データ!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ22万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 00:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月