FC2ブログ

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

大阪 | 地域情報 | EDIT

クスコの強度計算では折れるかもしれない!

「めっちゃ曲がるやん!NewピレリP7!!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の
最終足回り調整はキャンバー角処理になるのだが
対策パーツとしては
CUSCO クスコ 調整式リヤアッパーアーム がまだ入手可能で存在している。
しかし気になる点もある。
それは
1、構造変更しないといけない。
これは経験があるので
書類があるみたいなので手続きが面倒くさいなぁ~という程度。

2、こちらが問題でクスコが算出している強度計算の内容である。
たぶん普通に考えるとベースになる車体はノーマルのオデッセイだと思う。
そのボディーに対して強度は算出されているだろう。
しかしこのベースとなっているノーマル車体が曲者である。

自分のオデッセイの場合
強化された足回りに補強された強靭なボディー。
そして1ランク上の強力なグリップからくる高負荷に
ノーマルボディーを基準に算出した強度基準値が果たして耐えれるのか?
多分いま必要とする数値はノーマルの2倍に耐えれる強度計算でないと危なっかしい。
店長が言っていたアームが折れた事例もあるというのも
今回は想定しておかないといけないだろう。
それ位自分のオデッセイの足回り&ボディ剛性は高い。
それがあったので今までは純正パーツのままの方が強度があると言われていて
ずっとのノーマルのリヤアッパーアームにしていた。
しかし完璧な足回りにするにはこの障壁を乗り越えて行かなければならない。
折れるかもしれないクスコの調整式リヤアッパーアーム。
だが躊躇して後悔しながらこの先オデッセイに乗るのも嫌である。
なので店長に言って調整式リヤアッパーアームを取り寄せてもらう。
早ければ予約した4輪アライメントの時に装着出来るみたいである。

 続きはこちら!
 「今度はきちんとレイズのロングバルブを入れるのだ!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 14:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月