FC2ブログ

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

カスタム | 車・バイク | EDIT

1年半経過でやっと固定!現在のオデッセイ用レカロポジション!!

「運転席だけレカロなら助手席の人は転げまくり!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
2018年3月13日
「素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!」 で
レカロSR-7F lassic グリーンを装着して約1年半が経過した。
そしてやっと最近レカロポジションも落ち着いてきて
もう半年ほどポジションを触らなくなってきた。
今の所支障なし。
やっとオデッセイにレカロシートが馴染んできた感じである。
それでは現時点でのベストポジションの設定をメモしておく!

P_20191130_151256_R.jpg
車庫からオデッセイ発進させ
ベスト位置を写真に撮って行きましょう。

P_20191130_151744_R.jpg
スペーサーは
フロント 2段 / リヤ なし
前後位置 トライアルポジションから+1

トライアルに設定してもらった
初期(ノーマル)ポジションはこちらを参照!
「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」

あと背中にはこちらのエアーランバーサポートを装着!
「レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!」

P_20191130_160750_R.jpg
リヤのアジャスターは最下段。

P_20191130_151758_R.jpg
35Φモモレースの場合
10mmスペーサーを噛ます。

P_20191130_153629_R.jpg
ハンドル高さはメータのこの部分にTOPを合わせる。

P_20191130_153407_R.jpg
背もたれ位置は普段乗り&長距離用の場合
この左下に手を当てて脇を締めた時
肘がお腹とつっかえ棒みたいに突っ張る辺りがベスト。

P_20191130_153549_R.jpg
右腕は窓に肘を掛け
指がハンドル指掛けにピタッとはまる位置がベスト。

P_20191130_152835_R.jpg
シートダイヤルは峠用の時はこの位置。

P_20191130_153824_R.jpg
長距離用はそこから3分の2後ろに回す。

P_20191130_152916_R.jpg
横から見た位置関係。
こちらは峠用。

P_20191130_153031_R.jpg
こちらは長距離用で現在のポジショニング。

このポジションの雰囲気は
腰から上は背もたれに当たっていない状態。
なので腰部分だけで体を支えている感じとなっている。
ただ街乗りの時は肘がシートに当たらずハンドルは回しやすい。
また長距離などの真っすぐを走る時は脇を締めると
腕がビシッと決まり背もたれに肩も密着する。
現時点では少々のワインディングロードはこのポジションでも支障なし。
峠用にする時は宇治川ラインのような
タイトコーナーの連続する状況の時だけ変更するといった状態である。
先日の箱根、奥多摩遠征の時は長距離ポジションのままでも対応出来た。

 続きはこちら!
 「ミニバンにはSR-7F!そしてlassicは作りが全然違う!!」

TOPページはこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| レカロ | 17:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

アクリル板のポール用曲面段落ち加工!

ポールのライト部分にアクリル乳半を取り付けたいとの事なのだが
Rが付いているので平板では裏面がフィットしない。
そこでポールのRに合わせて裏面を削ってほしいのだが
可能ですかと問い合わせが入る。
内容を見るとアクリルなので材質的にはOK!
あとは乳半なのでそのまま貼り付けても切削面は目立たないと思うが
LEDを通すみたいなので念のため最後バフも当てましょうとなる。
それでは急ぐらしいので早速データを作って1枚サンプルを作ってみる。

P_20191128_165315_R.jpg
まずは完成品の写真から。
こんな感じでポールにアクリルを取り付けたいらしい。
丁度裏面が曲面なのでその部分の加工といった感じ。

P_20191128_164931_R.jpg
3Dデータを作って切削データに変換して行く。

P_20191128_164950_R.jpg
NCで曲面の段落ち加工をして行く。

P_20191128_165142_R.jpg
雰囲気的には軽くRで落とし込みって感じ。
このままでも切削面は表からは見えなかったが
念のためこの後バフで磨いておく。

P_20191128_165205_R.jpg
完成品。
126×30×5t
両端は15Rで丸くする仕様。
希望通りの寸法で映り込みもなし。
よしっ!完璧!!
安心してLEDポールに付けてもらっていいですよ!

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カー用品 | 車・バイク | EDIT

送料無料で回収もタダ!再生バッテリーだがお得で高性能!!

それではオデッセイを元気にした立役者のご紹介!
バッテリーが弱ってきたので安くておすすめないかなと探していると
こちらのバッテリーを発見。

価格 8,588円 (税込) / 送料無料
不要バッテリー完全無料引取り処分付きのリサイクルバッテリー!
レビューを見ると
「結構いいじゃん!」 という評価が多かったので試し買い。
そして土曜、祝日は発送しているとの事だったので
翌日商品が届く。

(追記!)
在庫は1個みたいで購入するとすぐ売り切れ。
でも回収バッテリーが入ると在庫復活するみたいで
販売はこの流れを繰り返す。
品質、価格共におすすめなので
時々チェックして在庫ある時は即購入しておこう。

いざという時用に予備リンク!
 「AC DELCO ACデルコ SMF75D23R」
  金額 9,636円(税込み) / 送料無料

P_20191126_115257_R.jpg
前回使ってすごく良かったACデルコの無補水型バッテリー。
メンテナンスフリーなので使いやすい。
3年前買った時は新品で8000円位。
しかし最近は値上がりして12000円位。
新品でも良かったのだがレビューで
「リサイクル品でも全然大丈夫!」 みたいなことを書いていたので
破格の値段に負けてリサイクルバッテリーを初めて買ってしまった。

P_20191126_115355_R.jpg
取り出すと紐が付いている。
「???。」
見るとバッテリーを持つ取っ手がない。
これはリサイクル時
分解するのに取っ払ってしまった為と思われる。
ちょっと見栄え的にいけませんねぇ~。
切っちゃおうっかな!
するとここで気が付く。
この紐がないと結構持つ所がないので大変。
なので気持ちは取りたいのだが
バッテリー交換する時持つのが大変なのでそのまま付けておく。

P_20191126_115507_R.jpg
外観を見るとあちこち傷だらけ。
まあ中古品の再生品なのだがら仕方ないか。
でも品質的には問題ないらしいし
保証も新品みたいに18ヶ月保証とかも付いている。
送料も無料だったし不要バッテリーの回収も無料。
外観さえ気にならなければ至れり尽くせりの商品である。
まあこの前の新品でも3年位の寿命だったので
今回も3年持てばいいかなって感じ。
それでは価格以上のお値打ち品となるか
リサイクルバッテリー!
いざ装着である。

オデッセイのバッテリー交換はこちらを見ながら行う。
「オデッセイにお勧めの激安無補水バッテリーとその交換方法!」

 続きはこちらでこのリサイクルバッテリーの実力レビュー書いてます。
 「格安で優等生!パワー10%音質20%のすごい奴!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ22万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

愛車と日常 | 車・バイク | EDIT

格安で優等生!パワー10%音質20%のすごい奴!!

それでは久しぶりのメンテナンスネタ行ってみましょう!
私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
今朝エンジンを掛けると
「キュウ~っキュッ!!」 と嫌な手応え。
一瞬だったが今エンジンが止まりかけた。
これはもしかしてバッテリー上がり?
そう言えば最後交換したのは3年前。
最近急に寒くなってきたしそろそろ限界が来たかもしれない。
これから冬突入に向けて出先でのバッテリー上がりは致命傷である。
大事になる前にバッテリーを交換しておこう。

後日バッテリーが到着!
差し替えてエンジン始動。
「キュッキュッキュッ~!」
切れのある始動である。
やはり新しいのは力強い。
それでは早速不具合がないか近所を走ってみよう。
時計を見ると変てこな時間を指している。
バッテリーを外したから初期化されてしまった。
正しい時間にセットする。
次はオーディオを掛けてみる。
するとこちらもリセットされてデモ画面になっていた。
設定がみんな飛んでしまっているようだ。
また1からイコライザーから全部やり直しだな。
まずは低音を補強するのにバスブーストオン!
次にラウドネスオン!
すると音量をそんなに上げてないのにいい響きである。
「おっ!調子いいじゃん!!」
そのまま音量をもう少しアップ。
するといつもより力強い音。
それに音が割れないというかビビらない。
しっかり最後まで鳴り切っている感じ。
何かいつもと音が違う。
すっごくいい音がする。
「もしかしてバッテリーを変えたから?」
電圧が上がってパワーアップしたって事なのか?
思わずにんまり!
ちょっと恥ずかしいので窓を閉めて1人ニヤ付く。
そして浮かれついでにアクセルを軽快に踏んでしまう。
するとタコメーターの上りがいつもより早いような・・・。
ちょっと止まって再度加速。
するといつもよりエンジンの吹け上りが軽いような気がする。
ボアアップしたようなトルク感。
すっごくと言う程ではないが力強い。
何か全体的にすごく元気になった感じのオデッセイ。
すべては交換したバッテリーのせいか?
特価で見つけてきたバッテリーだが
いやいやこれは中々の優等生!
何かこっちまで元気倍増。
力がみなぎる感じだぞ!

 続きはこちら!
 「送料無料で回収もタダ!再生バッテリーだがお得で高性能!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ22万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

旧車 | 車・バイク | EDIT

よみがえる感覚!完全復活のオデッセイふたたび!!

「このセッティングの方がお前には合っている!」
からの続き!

現在オデッセイの空気圧は
タイヤが冷めている状態で
フロント 2.75kg/cm2 / リヤ 2.80kg/cm2
これを前後-0.5kg/cm2落として
フロント 2.70kg/cm2 / リヤ 2.75kg/cm2 にする。
それではこれをホームコースの
柳生の里~月ヶ瀬区間にて検証して行ってみよう。

柳生の里~月ケ瀬コースは
こちらの地図の奈良市若草山からB地点区間となります。
 「オデッセイ!阪奈道路、月ヶ瀬、西名阪国道で初走り!」

中低速コースが続くホームコース。
先日走った箕面~能勢コースと似ているがこちらは圧倒的に距離が長い。
アップダウンに織り交ざる中低速コーナー。
若干荒れた路面だがオデッセイは安定した接地感を発揮する。
ハンドルは35Φのモモステと相まって
元々軽いこの頃のホンダっぽさを感じるパワステなのだが
今はかなりの重さを感じる。
ハチロク等と比べると車重も重い。
しかし路面に張り付くような接地感。
絶妙の空気圧である。
足回りは少し硬めの減衰圧30段階中の20段目だが
少しタイヤにたわみが出たからだろうか?
あまり固いと言った感覚はない。
がっちりと路面を捉えているフロント回り。
調整式リヤアッパーアームを装着する前の感じに戻ってきた。
今はアライメント直後のあのフワフワとした違和感はない。
安心してラインを狙って行ける。
運転していて楽しい!
最高である。
この一体感がマイオデッセイの魅力である。
現代の電子制御された車では味わえない醍醐味である。
窓から頬を流れる風が気持ちいい。
オーディオから流れるサウンドに心が弾む。
体に伝わるオデッセイの鼓動。
そしてエンジン音。
すべてが以前の状態に戻っていた。
「帰ってきてくれたんだな。」
走り慣れた月ヶ瀬への道。
木漏れ日差し込む紅葉のトンネル。
オデッセイが駆け抜けるとバックミラーに
真っ赤な紅葉が舞い上がるのが映っていた。

 続きはこちら!
 「ブレーキパッド末期!限界に来た時はこんな異音が鳴る!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

このセッティングの方がお前には合っている!

「ピレリP7の空気圧と接地データ!」
からの続き!

オデッセイのフロントの空気圧を0.5㎏/cm2程落としてみた。
するとハンドルが少し重くなった。
ポンポン跳ねていたのが少し収まった。
ハンドルを切った時の初動のタイムラグが小さくなった。
以前の感じに似てきた。
いい傾向である。
このあと妙見山へ行くので
その時通る箕面~能勢区間の峠で確認してみよう。

コースはこちらのB~C区間にて!
「大阪から箕面抜けて能勢を走る一般道コース!」

裾野から頂上へと上って行く上り区間。
右に左にとコーナーが連続する。
空気圧が高かった時はフワフワした感じがあったが
今は地ベタに吸い付くような接地感である。
なぞる様にラインを刻める。
手に取るように路面の衝動を捕えれる。
微妙なステアリング操作にもオデッセイは追随してくれる。
以前のあの一体感が戻り始めてきていた。
空気圧が高かった時はセカンドシートから運転しているような重心イメージ。 
しかし今は運転席に自分の感覚がある。
やっと前後バランスが決まってきたか!
前後左右の荷重移動。
今なら思いのままに操れる。
心持ち軽い違和感は残っているが
点数としては95点位である。
後はもうちょっとだけ前後共空気圧を落としてみたらビシッと決まるかな?
その辺りの検証はまた1人で走る時に確認してみよう。

 続きはこちら!
 「よみがえる感覚!完全復活のオデッセイふたたび!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 21:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス | 車・バイク | EDIT

ピレリP7の空気圧と接地データ!

「後ろにボックスウーファーでいい曲がり!」
からの続き!

オデッセイに装着中のピレリP7。
交換直後は空気圧を前のままの前後2.7㎏/cm2にしていたが
215/50/17の適正空気圧は
タイヤが覚めた状態で2.8㎏/cm2という事で
空気圧を上げて乗っていた。
しかしちょっと違和感があるのも事実。
そこでしばらく走ったタイヤの接地面を確認してみた。

P_20191123_095419_R.jpg
(前輪タイヤ)
内側ライン 2.8㎏/cm2の時。
外側ライン 2.7㎏/cm2の時。
これを見ると2.8㎏/cm2だと
サイドの許容範囲の目印であるイボイボより接地面は内側にある。

P_20191123_095429_R.jpg
(後輪タイヤ)
リヤの方も然り。

これを見るとサイドいっぱいまでタイヤを使えていないので
インチアップのメリットが出ていない。
やはり適正空気圧では空気を入れ過ぎているのか?
以前はこのタイヤの接地面を基準に空気圧を設定していた。
それは実際阪奈道路を雨の日も晴れの日も
夏の日も冬の日も走りながらである。
そしてオデッセイの挙動と自分の感覚で空気圧を調節。
そして行き着いたデータがこちらの

「ビシッと決まる!オデッセイ ピレリ 2.75kg/cm2 空気圧!!」 であった。

メーカー推奨の空気圧は分かる。
しかし自分で感じ取ったデーターの方が納得出来る。
なのでここは一度空気圧を落としてみる。
自分のスタイルはフロント7割、リヤ3割のバランス感覚。
リヤはあまりグリップを重視しないのでフロントを下げて接地面を上げて行ってみる。
まずは0.5㎏/cm2ほどダウン。
多分イメージで行けばちょっとだけフロントの車高も落ちるだろう。
すると以前のフロント‐5mmダウンに近くなって行き
結果クイックなあのカミソリステアリングが復活するような気がする。

この時のイメージ!
「オデッセイ!フロント5mm落としてグッドハンドリング!!」

好結果が出ることを期待する。

 続きはこちら!
 「このセッティングの方がお前には合っている!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

いよいよ始まる能勢妙見山の紅葉!来週辺りが見頃だぞ!!

令和元年11月23日(土)
本日能勢の妙見山へお弁当を持ってドライブに行ってきました。

(場所はこちら!)

能勢妙見山
 (住所) 〒563-0132 大阪府豊能郡能勢町野間中661
 (TEL) 072-739-0991
 (ホームページ) https://www.myoken.org/

P_20191123_134721_R.jpg
今日は雲1つない晴天ですごくポカポカ陽気だったので
もう駐車場はいっぱいでした!

P_20191123_123912_R.jpg
鳥居の入り口!

P_20191123_123929_R.jpg
参拝、ハイキングなど色々な人がやる気満々で訪れていました。

P_20191123_130915_R.jpg
参道途中の広場。
ここでいつものようにレジャーシートを広げてお弁当。
今日は暖かくて気持ち良かったです。

P_20191123_131000_R.jpg
上に建っている星嶺からの景色。
やっと紅葉が始まったって感じの景観。

P_20191123_131244_R.jpg
頂上の山門。
ここには綺麗な紅葉が広がっていました。
綺麗だったので写真を1枚!

P_20191123_131705_R.jpg
正面に見えるのが寺務所。
さ~て!降りて行ってお参りしましょ!!

P_20191123_132449_R.jpg
経堂・絵馬堂からの景色。
やっと所々に紅葉が見え始めたって感じ。
なのでこれから週末に掛けてが見ごろになって来そうである。
天気が良ければ妙見山の紅葉は来週末辺りがおすすめかな!

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

| お出掛けイベント情報 | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

カーオーディオ | 車・バイク | EDIT

後ろにボックスウーファーでいい曲がり!

「新たな足まわりを身に纏い阪奈道路でいざテスト走行開始!」
からの続き!

オデッセイがフルブレーキングでコーナー進入して曲がる時
リヤが若干流れるのを解消するいい方法を発見!
対策はリヤに少しキャンパー角が付いてグリップ力が上がると解決するのだが
その為だけにアライメントを取るのは致しがたい。
なので同じ効果を他の方法で出来ないかと考えた所
FR車の雨天対策でリヤに荷重を掛ける為に荷物を積むというのを流用する。
今回代用するのはボックス型のスーパーウーファー。
結構重いのでこれを代用してみる。

P_20191120_115607_R.jpg
カロッチェリアのサブウーファー TS-WX100!

P_20191120_115530_R.jpg
バンドパスタイプでMAXパワーは300Wの強者。
全開で聞くとバックミラーが振動で見えないという暴れん坊である。
最近は取り外して休憩中だったが
違う形で出番が回ってくる。

DSC07942_R.jpg
RBオデッセイと違いトランクスペースが深いRAオデッセイ。
こんな大きなボックスウーファーも楽々積み込めちゃいます。
それではこれでちょっとリヤが沈んだ感じでキャンバー角がちょと付いたかな?
さっそく阪奈道路でチェックして来よう。

ちょっと後ろに残るイメージのコーナリング。
それは感覚だけで曲がりに関してはいつも通りに曲がる。
それでは問題のサブロクで検証。
前回通りの進入イメージで曲がると今回はリヤが流れない。
しっかり後輪も地に付いている感じである。
やはりちょっとキャンバーはあった方が前後バランスが良く安定するようだ。
これもデーターとして残しておき
タイヤの減り加減で変化してくるバランスを見ながら
ボックスウーファーを使うセッティングも方法として追加しておこう。
それでは普段乗りでは燃費に影響するので
いざという時以外はまた降ろしておこう。

 続きはこちら!
 「ピレリP7の空気圧と接地データ!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ22万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| ショック&足回り情報 | 00:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

新たな足まわりを身に纏い阪奈道路でいざテスト走行開始!

「初めて見たかも!オデッセイ用 H8年式 RS-R M6-3037 マフラー!!」
からの続き!

それではオデッセイの足回りチェックを開始する。
先日取り付けたクスコの調整式リヤアッパーマウントに
きっちり4輪アライメントで調整された足回り。
新しいピレリP7に空気圧2.8㎏/cmの適正空気圧に設定された固めのタイヤ。
市街地などの低速道路では
若干ハンドルの引っ掛かりが甘いハンドリングだが
ここ阪奈道路の中高速区間ではどんな走りをするのか?
阪奈道路仕様で仕上げてきたオデッセイの現状をチェックして行ってみたいと思う。

RSタイチ前から第1コーナーに向けてのストレートでアクセルを入れて行く。
以前と比べると安定した直進性である。
緩い左コーナーを曲がる。
4速でも安定しているので右ガードレールいっぱいに寄せるのも楽である。
真っ直ぐに関してはかなりいい感じである。
目の前に第1コーナー出現。
ブレーキングするもふら付きなし。
進行方向に向かって真っすぐ荷重が行っているようで
ブレーキング時の挙動も安定している。
少しブレーキを残しつつシフトダウン&クイックにハンドルを切る。
スパっと頭が向きを変える。
やはりフロントに荷重が掛かっているといい感じでタックインする。
街中でゆっくり走っていると少し抜けたようなフロント周りだが
スピードが乗って前後荷重を生かせるようになると以前と同じような動きが出来た。
これは乗り方次第かな。
向きを変える一瞬だけ荷重が掛かっていれば今までと同じ走りが出来そうなので
ここは走りのスタイルを修正して対応するようにしていこう。
それではハンドルに手応えを感じてきた。
続いてタイトな第2コーナーも試してみよう。
3速で車速を乗せ一気にフルブレーキング。
ブレーキ踏んだままで2速にシフトダウン&クイックにハンドルイン。
フロントに思いっきり荷重が掛かった状態だがタイヤは滑ることなし。
やはり高めの空気圧でタイヤ剛性が上がっているのと
新しいのでサイドまできっちり溝があるのも相まっていいグリップである。
ドライだと高めの空気圧でも行けそう。
データーとして覚えておこう。
あとは右に左にと続くコーナーを抜けて行く。
雰囲気は今までと同じ感覚で走れそうなのでメリハリのある走りをすれば
以前通りという感じであった。
それでは上りは上々。
次は下りを検証して行ってみよう。
スピンターン交差点を折り返して下り突入。
最初のストレートから緩いS字コーナーであるが
以前は3速だった所を4速のまま行ってみる。
コーナリング中の姿勢はすごく安定している。
ハンドルもほぼブレなし。
上のギアでもいい走りである。
ちょっとオデッセイRB3の走りに似ているかも。
高速コーナーでの安定性が抜群に向上していた。
それでは下りで一番の勝負ポイントの橋上のコーナーはどうか?
試しに4速で行ってみる。
最初はやはりちょっと怖い。
かなりのアンダーである。
だがそれでも曲がる。
良く踏ん張っているという感じである。
そのまま続く左への切り替えし。
いつもは2速だが今回は3速でチェック。
すると一気に外側に車体が傾くがそれでも粘っている。
いい感じである。
以前と比べて高速域での安定感が粘り腰である。
そのままサブロクを抜け最終コーナーへ向けてのストレート。
オデッセイが一番苦手としていたこのストレートでの安定感も
直進性が上がっているからだろうか?
前ほどフワフワとせず真っ直ぐ進める。
曲がりに関しては以前と同じ位だが高速域での直進性は格段に良くなった。
特に戦闘力が上がったという訳ではないが
しかし安心して乗れるといった部分がすごく増えていた。
ちょっと感覚的には最初ズレを感じていたが慣れれば
これはこれでいいんじゃないかな!
かなり深みのある足回りに仕上がっていた。
それではイメージは掴めた。
次は本格的に検証して行ってみよう。
上りは思い通り操縦出来るといった感じ。
安定感もよし。
特に問題なしである。
下りもいい感じで橋上コーナーを3速で行くと
多分ノーマルのインプレッサ並みの曲がりではないかな。
抜群の曲がりである。
これならインでもアウトでも安心して行ける。
ただ1ヵ所課題ありのコーナーがあった。
それはこの先のサブロクコーナーである。
フルブレーキングで荷重をフロントに思いっきり乗せたままコーナーに入る。
すると荷重の抜けたリヤが少し流れているような感じ。
これはキャンバー角を真っ直ぐにしたのでタイヤ外側に負荷が掛かると
タイヤ内側の荷重が抜けグリップが落ちているのか?
なのでリヤは少し外側に流れる感じがする。
この辺りは微々たる物だが
しかしこの先フロントで内減りしたタイヤをローテーションした時
もっと接地面が下がるので更にリヤが出る感じがする。
そうなるとこのオデッセイのハンドリングはちょっとオーバー気味の
以前みたいなクイックな感じになる気がする。
そうなると好みの突っ込み重視のカミソリ仕様になるが
今回のように高速域での安定感も捨てがたい。
その辺りはタイヤの減る加減を見てバランスを見ながら
リヤにちょっとキャンバー角を付けるのもいいかもしれない。
ただこのまま普通に走って行けば
多分またちょっと車高が落ちて自然とキャンバー角は付くかな?
まあそんな雰囲気はするのだが
その辺りはもうちょっとタイヤが減ってこないと分からない。
現時点では上々の仕上がりなので足回りに関してはOK!としておいて
まずは阪奈道路では9割程度の完成度としておこう。
それではまた機会を見て
次は月ヶ瀬、能勢、阪神環状線辺りでデータを取るようにしておこう。
あとウェットでのデーターもね!

 続きはこちら!
 「後ろにボックスウーファーでいい曲がり!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

初めて見たかも!オデッセイ用 H8年式 RS-R M6-3037 マフラー!!

「オデッセイの車高データーを写真にて!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
4輪アライメントでリフトアップしてる時
下回りを見ているとマフラーの型式プレートを発見!

P_20191112_105930_R.jpg
H8 RS-R M6-3037
マフラー自体はよく見ているがこのエンブレムは初めて見たかも!
今では廃番になっているマフラー。
しかしもう20年以上使っているがよく持ってくれている。
ちょっとノーマルよりいい響きがすると言った音質で
どちらかと言うとデザイン重視のRS-Rである。
なので下の回転域の抜けはまだ小さいので
4速しかないオデッセイの中低速には有難い仕様である。

こちらに外観写真載せてたので記事リンク貼っておきます。
「オデッセイRA2!KYB super special for street装着完了!!」

フジツボのマフラー ワゴリス Wテールに外観は似ているが
穴が四角ではなくて六角なのが特徴。
当時後ろから見てもお洒落だよな~等とよく思ったもんだ。
今でもそうですけどね!
あとRS-Rというネーミングがバイクを彷彿させる
レーシーな感じもお気に入りです。
いや~何かエンブレムを見たら懐かしい記憶が復活ですよ。
ホントいいマフラーだと思う。
これからもよろしくね!

 続きはこちら!
 「新たな足まわりを身に纏い阪奈道路でいざテスト走行開始!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 02:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ご近所さん来店!まさかこんな近くにあったなんて!!

1本の電話が入る。
「アクリルに目盛り彫れますか?」
どうやらアクリルに彫刻+色入れの要望らしかった。
「どちらから来られますか?」と聞くと
目と鼻の先のご近所さん。
早速こちらに来られました。
内容を聞くと今までやってもらっていた彫刻屋さんが辞められたみたい。
なので近くに彫刻をしている所がないかと検索していたら
ウチを見つけてくれたみたいである。
依頼内容は器具のパーツのアクリル部分の目盛り入れ。
加工内容としてはNC彫刻機で彫刻色入れと何か所か穴を開ける加工であった。
それではデーターを後程頂き早速加工開始である。

DSC00331_R.jpg
1枚だけだったのでアクリル板は端材の中からチョイス。
そしてNCで彫刻して行く。

DSC00332_R.jpg
表と裏の2種類。

DSC00333_R.jpg
文字の大きさ、線の太さは見本通りに仕上がりました。
それでは近くにいい所が見つかったと喜んでくれて
こちらも嬉しい限り。
またこれからもよろしくお願い致します。

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」
にてどうぞ!

| 彫刻&エッチング切削加工 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

オデッセイの車高データーを写真にて!

「何か地に足が付いていないような違和感?」
からの続き!

少し足回りに違和感がある状態だが
先に現在の車高データを取っておこう。

P_20191112_142624_001_R.jpg
フロント H=158

P_20191112_142701_R.jpg
リヤ H=148
少し馴染んで落ちたか?

P_20191112_142833_R.jpg
サイドスカート リヤ H=345

P_20191112_142843_R.jpg
サイドスカート フロント H=350

フェンダー間、及び地上からの距離を見ると
リヤの方が少し低い状態であった。
リヤに重心が寄っていると感じたのはこれが原因しているかも?
もしくはキャンパー角が垂直になったのでリヤタイヤのグリップが変わったかも?
まだ軽く走っただけなので未確定な部分が多いが
折を見て一度足回りチェックはするようにしよう。

 続きはこちら!
 「初めて見たかも!オデッセイ用 H8年式 RS-R M6-3037 マフラー!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 08:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

何か地に足が付いていないような違和感?

「オデッセイの新旧4輪アライメントデータ表!」
からの続き!

それでは調整式リヤアッパー装着&4輪アライメント完了で
家路へとオデッセイを走らせる。
一般道を走ってみると直進性は更に良くなっていた。
いい感じである。
なので次は試しにハンドルをクイックに右に左にと切ってみる。
すると微々たる物なのだが
何とも言えない違和感がある。
「う~ん!ワンクッション自分の感覚と反応にズレがある。」
ちょっとだけなのだがハンドルを切った瞬間にタイムラグのような隙間がある。
なのでステアリング操作に対して一瞬オデッセイの反応が遅れているか?
誤差範囲内と言えばそうかもしれないが
しかし確実にそこには若干のズレがあった。
今までは遊びがまったく無い程の切れっ切れのステアリングだったので
コーナーの突込みはまるでカミソリの如し切れ味。
それがこのオデッセイの魅力であったが
その部分に現在問題発生と言っていい状態である。
直進性が良くなりすぎて逆に初動の引っ掛かりが無くなったのか?
慣れれば問題なくなるのかな?
今はすごい違和感である。
そんな中交差点を曲がる。
するとワンテンポ遅れて旋回し始めるオデッセイ。
しかしここでも更に違和感を感じるのであった。
それは曲がるのは曲がっているのだが
何かすごく前方を遠くに感じる。
変な言い方なのだが今までは自分の体が先頭切って一気に向きを変え
そしてオデッセイを引っ張って行くといったイメージだとすると
今はかなり後ろからオデッセイの先端を感じながら曲がって行る感じである。
何て言えばいいだろうか?
ちょっとFR車みたいに頭を振って曲がっているってイメージである。
「リヤに重心が残り過ぎているのだろうか?」
「前後同じ高さになったから?」
「フロント荷重が後ろに回ったから?」
「リヤのトレッドが広がって重心が後ろに引っ張られてる?」
原因は定かではないが
ただオデッセイの曲がり方はかなり大回りするような感覚である。
曲がり始めでワンクッション遅れて大回り!
「何ともかんとも?」
ちょっとチグハグな足回りに今は只々戸惑うばかりであった。

 続きはこちら!
 「オデッセイの車高データーを写真にて!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 23:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

オデッセイの新旧4輪アライメントデータ表!

「クスコ調整式とノーマルのリヤアッパーアーム写真!」
からの続き!

P_20191112_120413_R.jpg
それではテスターを付けて測定開始!

P_20191112_122152_R.jpg
調整式リヤアッパーを同じ長さで付けると
前回同様左側の方がー1度とキャンバー角が大きかった。

P_20191112_124522_R.jpg
オデッセイの下に潜り込み調整式アッパーを伸ばして行き
ほぼ垂直のー0.1度としてもらう。
一応これで延長幅いっぱいまで伸ばしたので
調整はこれが限界といった所である。

P_20191112_124326_R.jpg
フロントは3度ほどキャンバー角が付いている。
これは車高を上げると解消するがフロント上がりになるのが嫌だったので
今回はこの角度のまま行く。

P_20191112_124459_R.jpg
フロントは微調整でオールグリーンとなる。

名称未設定-3_R
(2016.12.18 4輪アライメントデータ!)
前回は左後輪がー1度キャンバー角があり
以外は0.2度とほぼ真っ直ぐだった。
これでタイヤがなくなるまで走ったら
内減りしてかなりハンドルを取られるようになった。

4輪アライメント_R
今回は調整式のリヤアッパーを入れてリヤの傾きを均一化。
アームは限界の300mmまで伸ばして取り付けたので
また車高が落ちて角度が付き始めても
今度は修正は不可となる。
一応キャンバー角は
フロント 0.3度 / リヤ 0.1度 にしてもらう。

本当はフロントー5mmにしたかったがこれ以上キャンバー角が付くのも嫌だったので
今回は車高はリヤを基準に均等としてもらう。
イメージとしてはフロントが内減りして
それをローテーションしてリヤで外側を減らす予定。
これでどんな感じで減るのかはまたタイヤを使い切って様子を見
また次回のセッティングに活用したいと思う。

P_20191112_125441_R.jpg
ほぼ垂直になったがアームを伸ばした分かなりタイヤが外側に出た。
一応フェンダー内に収まっているので車検はクリア出来そうである。

P_20191112_125512_R.jpg
右後輪も結構出た。
本来オデッセイRA2はフロントの方がトレッドが広いが
現在はリヤの方が広いかも!
これが走りにどんな影響を及ぼすのか分からないが
その辺りも踏まえて検証して行ってみよう。

 続きはこちら!
 「何か地に足が付いていないような違和感?」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

クスコ調整式とノーマルのリヤアッパーアーム写真!

「オデッセイのリヤアッパーアームはここに付いているのだ!」
からの続き!

オデッセイの取り外した純正のリヤアッパーアームと
クスコの調整式リヤアッパーアーム。

P_20191112_104528_R.jpg
上がクスコの調整式リヤアッパーアームで
下がノーマルの元々のアッパーアーム

P_20191112_104533_R.jpg
クスコのは肉厚の丸棒タイプに比べ
純正品は平板タイプの曲げ加工で強度を出している形状をしている。

P_20191112_104544_R.jpg
重さはクスコの方が2倍程重い!

P_20191112_104624_R.jpg
現在クスコの方は最短の基準値 L=288mmから-10mmの278mmの長さ。
純正品の方で288mm位だろうか?
最長300mmまで伸ばせるが
それでキャンパー角が真っ直ぐになるのかはちょっと心配である。
あと伸ばす程に強度も落ちて行くのでその辺りも注意が必要である。

P_20191112_112245_R.jpg
純正品の正面からと横からの写真。

P_20191112_113320_R.jpg
それではクスコのアッパーアーム装着完了!
次はタイヤを付けて4輪アライメントに掛けて行く。

 続きはこちら!
 「オデッセイの新旧4輪アライメントデータ表!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

オデッセイのリヤアッパーアームはここに付いているのだ!

「リヤの車高調を目一杯上げてノーマル高に持って行けるか?」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
いよいよクスコの調整式リヤアッパーアームを取り付けて行きます。

P_20191112_101803_R.jpg
まずはこれがリヤのアッパーアーム!

P_20191112_103033_R.jpg
それを取り外す!

P_20191112_103123_R.jpg
そしてこちらがオデッセイRA2用の
クスコ調整式リヤアッパーアーム
(型番) 372 474L である。

取り付け図_R
取り付け説明書を見ると
基準値288mmから上限300mmまで+12mm延ばせれるようである。

P_20191112_103213_R.jpg
付いていた純正のリヤアッパーアームに合わせながら
まずは長さをノーマル分に合わせて行く。
そして定規で測って上限の300mmに収まっているかチェックする。

P_20191112_104326_R.jpg
そしてこれで嵌めてみるがちょっと合ってない。
手で車軸を動かすもビクともしないので嵌らない。

P_20191112_104358_R.jpg
なので奥の手だ!
ジャッキをショックの下に押し当てて車軸を上げる。
ふぅ~!これでやっと嵌りました!!

 続きはこちら!
 「クスコ調整式とノーマルのリヤアッパーアーム写真!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

リヤの車高調を目一杯上げてノーマル高に持って行けるか?

「オデッセイ用クスコ調整式リヤアッパーアーム到着!」
からの続き!

P_20191112_101137_R.jpg
それでは作業開始!
オデッセイをリフトアップする。

P_20191112_101211_R.jpg
まずはこのほぼ限界まで高くしているリヤの車高調を
まだ上げる事が出来るかチェックして行く。

P_20191112_101043_R.jpg
パっと見いもう余裕はない感じである。

P_20191112_101225_R.jpg
下から覗くとほぼネジ山を使い切っている状態。
やはりこれ以上はリアの車高は上げれないな!
現時点では軽くハノ字になる程度なので
ノーマル車高からだとー10㎜といった感じ。
この程度だと調整式リヤアッパーアームで調整出来るかと思われるが
調整可能範囲内かは取り付けてみないと分からない。

 続きはこちら!
 「オデッセイのリヤアッパーアームはここに付いているのだ!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

オデッセイ用クスコ調整式リヤアッパーアーム到着!

「今度はきちんとレイズのロングバルブを入れるのだ!」
からの続き!

調整式リヤアッパーアームが到着したと連絡が入り
オデッセイをミスタータイヤマンの店長の所に持ち込む。

P_20191112_100823_R.jpg
これがオデッセイRA2用の調整式リヤアッパー。
光沢感あるブルーがクスコらしくて美しい。

P_20191112_100838_R.jpg
持ってみると
「何これ?重っも~!」
まるで鉄アレイみたいである。
以前店長が 「折れた事もあるよ」 とか言っていたので
もっと頼りないものだと思っていたが
「これのどこが折れるの?」 って程の質量と言うか金属密度である。
オデッセイRA2のか弱いボディーとは異質の塊。
スタビライザー も大概だと思ったけど
このリヤアッパーも中々どうして!
すごい重量感である。
これは付けるのが楽しみ!
走りにも影響が有りそうである。

 続きはこちら!
 「リヤの車高調を目一杯上げてノーマル高に持って行けるか!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

今度はきちんとレイズのロングバルブを入れるのだ!

「クスコの強度計算では折れるかもしれない!」
からの続き!

現在オデッセイのアルミホイールはレイズの
RAYS ITC SEBRING EVO(レイズ ITC セブリング エボ)
17×7J +45 114.3 5穴 に
ピレリP7 215/50R17 が組まれている。

こちらのレイズのホイール!
「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

そしてデザイン性でエアバルブはお洒落な短いバルブが付いている。
しかしこれが後に大問題!
救急用の足踏みポンプの空気入れだと
バルブが短すぎて空気が入れれなかったのだ。
お陰でしばらくは出先で空気を入れる時はガソリンスタンドへ直行。
延長アダプターを買うまでは苦労した。
その経験も踏まえて今回はロングタイプのバルブをチョイス。
事前にいつもの
RAYBROS.NET MARKET (レイブロス)東大阪にて購入してストック。
今回はタイヤ交換の時にこのロングバルブを付けてもらいました。

P_20191109_180631_R.jpg
少し飛び出た感じのエアバルブ!
引っ掛かりやすそうだが
しかしこれ位長くないと空気入れのソケットがはまらない。

 続きはこちら!
 「オデッセイ用クスコ調整式リヤアッパーアーム到着!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

クスコの強度計算では折れるかもしれない!

「めっちゃ曲がるやん!NewピレリP7!!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の
最終足回り調整はキャンバー角処理になるのだが
対策パーツとしては
CUSCO クスコ 調整式リヤアッパーアーム がまだ入手可能で存在している。
しかし気になる点もある。
それは
1、構造変更しないといけない。
これは経験があるので
書類があるみたいなので手続きが面倒くさいなぁ~という程度。

2、こちらが問題でクスコが算出している強度計算の内容である。
たぶん普通に考えるとベースになる車体はノーマルのオデッセイだと思う。
そのボディーに対して強度は算出されているだろう。
しかしこのベースとなっているノーマル車体が曲者である。

自分のオデッセイの場合
強化された足回りに補強された強靭なボディー。
そして1ランク上の強力なグリップからくる高負荷に
ノーマルボディーを基準に算出した強度基準値が果たして耐えれるのか?
多分いま必要とする数値はノーマルの2倍に耐えれる強度計算でないと危なっかしい。
店長が言っていたアームが折れた事例もあるというのも
今回は想定しておかないといけないだろう。
それ位自分のオデッセイの足回り&ボディ剛性は高い。
それがあったので今までは純正パーツのままの方が強度があると言われていて
ずっとのノーマルのリヤアッパーアームにしていた。
しかし完璧な足回りにするにはこの障壁を乗り越えて行かなければならない。
折れるかもしれないクスコの調整式リヤアッパーアーム。
だが躊躇して後悔しながらこの先オデッセイに乗るのも嫌である。
なので店長に言って調整式リヤアッパーアームを取り寄せてもらう。
早ければ予約した4輪アライメントの時に装着出来るみたいである。

 続きはこちら!
 「今度はきちんとレイズのロングバルブを入れるのだ!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 14:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

めっちゃ曲がるやん!NewピレリP7!!

「2年3万km使ったピレリP7をタイヤ交換!」 からの続き!

オデッセイRA2に装着されたNewピレリP7!
ついでにガソリンを入れて帰ろうと
いつものスタンドへ行くとき通るお気に入りの交差点に差し掛かる。

長堀通りから今里のローターリーに掛けての
西眼科病院前を曲がる右コーナー!
ここをいつも通りイン側分岐点をかすめる様に曲がろうと進入すると
オデッセイのノーズが一気に方向を変え接触しかける。
「おお~っ!」
軽くハンドルを切っただけなのだが鋭いカッティング。
いつもの感覚で行ったら凄かった。
そう言えばタイヤ交換大阪のお兄ちゃんが言ってたな~。
「このタイヤの適正空気圧の2.8kgf/cm²にしておきましたね!」 って。
いつもは2.7kgf/cm²にしているのでちょっと高くなっている計算。
しかしタイヤのゴム質も新品と比べると固くなっていると言っていたので
相乗効果でかなり固いフィーリングのタイヤになっていたと思う。
結果いつもの感覚でステアリング操作すると
一気にズバ~ンって切れる。
これだと1ランク上の曲がりも可能な感じである。
グリップ力に関しては格段に良くなった。
あと直進性も良く轍でのハンドルのブレもほぼ解消していた。
原因はやはり偏摩耗だったみたいである。
この状態のままでもいい仕上がりなのだが
しかしきちんとバランスを整えれればかなり完成形の足回りになるのではないかな。
残る対策としては車高調の馴染みからくる車高ダウンによるキャンパー処理だが
ここは決断してリヤに調整式アッパーアームを入れるてみるか~!
しかし1点心配事がある。
それはこれが原因で今まで導入を躊躇してしまっていた問題でもあった。

 続きはこちら!
 「クスコの強度計算では折れるかもしれない!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 19:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

2年3万km使ったピレリP7をタイヤ交換!

「何かを犠牲にして手に入れる!それがチューニング!!」
からの続き!

そ~れではたくちゃん!
この辺りから最終足回りのレポ書いて行くのでよろしく!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
現状の足回りにばっちりマッチングしていたピレリP7を
最終足回り設定に向けてすり減ったタイヤを交換していく。
交換するタイヤはストックで確保していた同じピレリP7。
出物があって2年前に15000円でゲットしておいた中古タイヤである。

まずはタイヤ交換は以前持込みタイヤ交換してもらったお気に入りのショップへ行く!
現在もほぼ同じ状況なので詳細は下記リンク記事を参照に!
 「持込みタイヤ交換大阪のお兄ちゃんはいい感じだぞ!」

P_20191109_173148_R.jpg
タイヤは外側から見るとまだ溝は残っているように見えるが
イン側がスリップサインまで減っている。
なのでコーナーをイン側デッドでゼブラゾーン内側にオデッセイを入れたりする時
最近は滑り始めていたのでそろそろ交換時期と判断し
このタイミングでタイヤ交換することにした。

交換する中古タイヤは4本1万円の7割程度の溝だったかな。
使用感を見たくて試しに履かしていたが
ゴム質が固いのもあってハードに走ったにも拘らず良く持った方だと思う。
片減り加減はまずまずって感じなのだが
しかしこれ位でも結構轍ではスパ~ンとタイヤを持ってかれる。
モモの35Φステアリングと相まってそれはかなり冷や冷やもん!
気を抜くとかなり怖いのだ。

こんな状態からタイヤを刷新。
今回はほぼ新品のサイドまで均一で溝がある状態。
これで帰り道で乗り心地をチェックしてみる。
どんな感じかな?
楽しみである。

 続きはこちら!
 「めっちゃ曲がるやん!NewピレリP7!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 11:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

何かを犠牲にして手に入れる!それがチューニング!!

「オデッセイのBCレーシング車高調はノーマル車高に出来るのか?」
からの続き!

足回りの状態を見てもらいに
久しぶりにミスタータイヤマンの店長の所にやって来る。
そして内減りするから車高を上げれないかと相談。
するとオデッセイをリフトアップして下回りを見てくれた。
BCレーシングに言われた穴の位置を見てもらう。
「フロントは余裕ありますね!」
「しかしリアはもうこれでいっぱい!」 との事であった。
そういえば取り付ける時もリアがもう限界と言っていたような気がする。
それでフロントは余裕があるが
リアに高さを合わせてセッティングしてもらったような記憶がしてきた。
「もし上げれるとしても溝3段(3回転ほど回す程度)の3mmアップが限界かな~?」
やはりほとんど車高は目一杯上げている状態であった。
現在取り付け時より20mm程下がったポジション。
ハンドルが取られるのは
内減り半分、アライメントが狂っているのが半分といった所。
ここから今後の予定を組むとすると
タイヤを行ける所まで使って交換。
時期は多分年明け予定。
交換したら店長に連絡して可能範囲で車高を上げてもらい
狂ったアライメントをまとめて修正するといった計画を立てる。
それでは現状の把握は確認出来た。
もうしばらく乗って時期が来たら一度足回りのメンテナンスを行おう。

PS.
もうこれ以上は車高が上がらないことを確信し意気消沈していると
店長が
「私の感覚がおかしいのかもしれませんが
もっとハの字になった車を見過ぎてきたせいか
この程度のキャンバー角は全然普通に見えますよ。
ハンドルを取られるなんてのは当たり前。
確かに何かを手に入れると犠牲にするのも出てきますが
みんな楽しそうに乗ってますよ。」
店長のこの言葉と以前とは大分変貌したオデッセイ。
確かにハンドルを取られたりはするが運転出来ないといった状態ではない。
どちらかと言うと癖が強くなって他の人が運転すると
ビックリすることはあるかもしれないが逆に考えると
自分にしか乗れないそんな1台に仕上がっているとも言える。
そうするとここで車高調を入れて初めてステアリングを握った時のことを思い出す。
あの時の衝撃。そして感動!
それを思い出すとさっきまで悩んでいた自分が恥ずかしい。
「店長ありがとう!」
ちょっと悩みが晴れました。
運転席に座るとときめく感情が込み上げる。
「そう!もう後戻り出来ない所まで来たんだな。」
20年間共に歩んできた相棒。
ほんと色んな事があったよな!

 続きはこちら!
 「2年3万km使ったピレリP7をタイヤ交換!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

オデッセイのBCレーシング車高調はノーマル車高に出来るのか?

「オデッセイRA2!歴代の装着した足回り情報!!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
最近の悩みの種は車高が落ちて偏摩耗すること。
対策は車高を上げれば解決するのだが
これが取り付けしてもらう時
「これが限界!」 といった所にセッティングしているので
もうこれ以上は上がらないということであった。
しかしそうは言っても車高を上げたい。
そこでBCレーシングのメーカーに久しぶりに電話してみる。
すると購入時同様受付の女の人が出る。
「車高を上げたいが本当にもう無理なの?」 と聞いてみると
担当の人に電話してもらいますねという事で後程メカニックの人から連絡が入る。
そして状況を伝えると「ダンパー部分にある穴が見えますか?」 と言われる。
もしそこにネジの溝が見えているようでしたらまだ上がりますと言われる。
現在はタイヤに隠れてその部分が見えない。
なので言っている内容が理解出来ていない状況。
そこでタイヤを外してショック外観の写真を送るから
再度それを見ながら説明してほしいと懇願して写真を送る。
すると後程説明の連絡が入る。

フロント2_R
フロントのダンパーだが矢印の所に穴がある。
ここから見える溝が映っている内はまだ車高が上げれるらしい。
どこまでOKかと言うと溝が切れて隙間が見えるまでとのこと。
この穴はリア側にもあり
もしまだ余裕があるなら車高は上げれるらしいとのことであった。
さすがメーカー!
この情報を頼りに今度タイヤ交換したら
ショックの持込み取り付けをしてくれた
ミスタータイヤマンの店長さんの所に相談しに行ってみよう。
もし車高が上げれるようだとついでに4輪アライメントも必須だね。

 続きはこちら!
 「何かを犠牲にして手に入れる!それがチューニング!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 14:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

オデッセイRA2!歴代の装着した足回り情報!!

「オデッセイのBCレーシング車高調の装着3年後状況!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
現在4代目となる足回りを組んでいる。

(過去 足回り情報!)

(初代) 1998年 / 平成10年1月29日 
    ノーマルショック&ノーマルサスペンション
    走行距離 0km / 53700㎞で交換!

(2代目) 1999年 / 平成11年4月17日 
     ポテンザダンパー&ノーマルサスペンション
     走行距離 53700㎞ / 93374kmで交換!

(3代目) 2010年 / 平成22年3月12日 
     カヤバスーパースペシャルストリート&ノーマルサスペンション
     走行距離 147074㎞ / 39014㎞で交換!
    (詳細はこちら!)
    「お勧め!KYB super special for street 実感レビュー!!」

(4代目) 2016年 / 平成28年11月19日
     BCレーシング BR TYPE COILOVER 車高調キット
     走行距離 186088㎞ ~ 228883㎞ / 現在 42795㎞で使用中!
    (詳細は下記リンクTOPページ記事にて!)

こうして見てみるとスキーによく行っていた時に装着していた
ポテンザはよく使っていた。
しかしスキーも卒業してキャリーを外した時に装着したカヤバの寿命は短かった。
やはり走りが変わりショックの酷使度合いも増えたのが影響といった所。
そしてこの辺りになるともうオデッセイRA2用のノーマル長のダンパーは無くなり
車高調を入れる。
そしてその時入れたBCレーシングだが
現在カヤバの使用距離を過ぎてもヘタリはほぼ感じない状況。
金額は約2倍違うがしかしそれだけの耐久性が出ていそうなので
相対単価は良いのではと思う。
とにかくガンガン走っても全然余裕あり。
やはり車高調になるとバネレート等も高くなる分
作りや耐久性が全然違うんだなと実感する。

 続きはこちら!
 「オデッセイのBCレーシング車高調はノーマル車高に出来るのか?」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

オデッセイのBCレーシング車高調の装着3年後状況!

「ついに見つけた!アブソルート!!」 からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
現在4代目となるBCレーシングの足回りを組んでいるが
そろそろタイヤがなくなってきたので
タイヤ交換に備えて現状をチェックしておく。

まずは使用距離は 42795㎞
(装着前 186088㎞ / 現在 228883㎞)

そしてBCレーシングの車高調を装着した時は
ノーマル比 フロント、リア / 共にー5mmだったが
現在は前後共ー20mmほど落ちている。

これが原因でさすがにタイヤは内減りし
結果轍などではかなりハンドルを取られるようになる。
綺麗な平地では普通にまっすぐ走る。

燃費はあまり変化なし。

ショックのヘタリは4万kmほど走ってはいるがほぼ感じず。
3段階調整のレベル10で全然普通に通常走行できる状態である。

普通にミニバンで乗るなら前回のカヤバのダンパーにノーマルバネで十分なのだが
走りに傾けて行こうとすると1ランク上の足回りが必要となる。
当初迷いに迷っていたオデッセイの足回りに初のBCレーシングを組んでみたが
いやいやこれには大満足。
過酷な走りに微動だにすることなく稼働する足回り。
実に素晴らしいの一言に尽きる。
まずはこれが現時点での状況であった。
それでは次は歴代装着してきた足回りの資料をまとめておく。

 続きはこちら!
 「オデッセイRA2!歴代の装着した足回り情報!!」

TOPページはこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
(3年使用後の状況編より!)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| ショック&足回り情報 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

2019年!新生三光神社真田祭りは内容が濃いのが印象的であった!!

2019年(令和元年)11月3日(日)
第10回 三光神社真田まつり

ついに10周年到達の真田まつりは令和元年の秋晴れの日に始まる。

AM7時30分
三光神社に到着。
すでに他のメンバーが来ていて準備が始まっていた。
今年は新たな体制で祭りを進める。
まずはメンバーは神社の身内の人とおもてなし隊の甲冑メンバー。
そして催し内容は開始の神事と真田の抜け穴開放に
子供甲冑試着体験の2本立てのみとする。
当日は例年通り玉造商店街の人たちが来るが
そこは完全に区別を付けるため
下の広場はすべて商店街に渡し
自分達は社務所のある社殿前で試着体験ブースを設ける。
ちなみにこの試着体験は無料で毎年やっているよ!

P_20191103_085233_R.jpg
今年の子供甲冑ブースで
あと立っているのはオリンピックおじさんではないよ!

AM8時
今回は机を3台に椅子10台。
あと子供甲冑を7領だけだったのであまり時間が掛からず設営完了。
今までと違い抜け穴から見えない階段上での試着体験。
完全に死角に入るこの場所でどんな状況になるのか
今年は試験的な意味合いも兼ねて取り進めていく格好となる。

P_20191103_074125_R.jpg
抜け穴のカギを開ける。

P_20191103_074200_R.jpg
中に照明を入れる。

P_20191103_075330_R.jpg
パイロンで通路を作って出来上がる。

AM9時
甲冑を着終え神事に向けて準備をする。
そして9時半、神事開始!

P_20191103_093715_R.jpg
今年は宮司さんが体調悪く神事への参加が出来なかった。
その為、息子さんたちが主体で神事は始まる。

AM9時50分
試着体験開始!
今回は鎧武者5人に宮司さんのお孫さん達の3人で進めていく。
しかし場所が問題なのか?
それとも子供が少ないのか?
開始直後は閑散としたブースであった。

AM10時
真田の抜け穴開放である。

P_20191103_095701_R.jpg
皆が見守る中
抜け穴が開けられて行く。

P_20191103_095733_R.jpg
待機を見るとすでに隣の広場まで列が出来上がっている。
天気がいいのもあるが10年間の実績というのもあるだろう。
ほとんど宣伝せずにこの状態。
かなり多くの人々にこの11月に抜け穴が開くということが
周知のイベントとなった事を意味していると実感する。

AM10時10分
試着体験の前でお参りに参列している子供連れの家族と目が合う。
何やら興味があるのか息子さんがこちらに視線を送っている。
その先を見ると火縄銃が気になるみたい。
なので

「撃ってみる?」

すると恥かしいのかもじもじしながらも
「うん!」 と言ったので
どうせなら甲冑も着て下の真田幸村の像の前で写真を撮ろうと
本日第1号の体験者が決まりました。
宮司さんのお孫さん達に甲冑の着せ方をレクチャーしていた所でしたが
このまま実戦で着付けをやってもらう。
初めてなのですごくぎこちない感じだったが
それでも手を付け足を付けと甲冑が体に装着されていく。
それが初めての子供ちゃん。
ドキドキしながら顔が硬直。
しかし親御さんは何やら嬉しそう。
各々の想いが交錯して甲冑姿の出来上がり。
それではここから腕の見せ所。
早速抜け穴横の幸村像の所に行って撮影会である。
まずは三又の槍を持って仁王立ち!
親御さんのスマホがその瞬間を捉えてゆく。
そしてその次は伊賀忍者直伝のポージングを伝授。
一気に雰囲気が出た姿に親御さんがシャッター連発!
そして 「これは行ける!」 と実感したので間髪入れずに
今度は自分の腰に差したアクリル刀を指さして
「ちょっと引っ張てみて!」 と言うと
恐る恐るゆっくりと引く子供ちゃん。
すると出てきた刀に大喜び。
その刀でさらにポージングをするとまたまたこれがいい感じ!
親御さんもここぞとばかりとシャッターボタンを連打!
さらに気分も盛り上がってきて
「かわいい!かっこいいぞ!」 とか言うもんだから
子供ちゃんもテンション急上昇!
その光景を見た時
「今だ!」 とこのチャンスを見逃さずに
すかさず対子供ちゃん用最終兵器!
単筒火縄銃を持たせてあげる。
そしてそこでもポージング!
もう気分は絶好調!
そこで最後の殺し文句、
「撃ってみる?」 と誘いを掛ける。
一応親御さんに確認を取る。
するとOK!のサイン。
そして子供ちゃんにも確認を取る。
すると興味半分!不安半分でドキドキしている。
しかし一呼吸おいて 「うん!」 と返事。
そしてゆっくりと火縄銃の引き金を引いていく。
そして 「バ~ン!」 という轟音と共にはみ出る火花!舞い上がる硝煙!!
その音と衝撃と臭いに戸惑いが体を突き抜け硬直する子供ちゃん。
その様子を見ながらそっと耳元で
「もう1発撃ってみる?」 と囁く。
するとぎこちない動きでうなずき火縄銃を握る手に力が入る。
そしてまたゆっくりと引き金を引いて衝撃が轟音と共に響き渡る。
子供ちゃんの体が一瞬固まるのが分かる。
しかしそれでもまだ撃つと要求してくる。
なので今度は残りの6発全部を連打!
飛び散る火花と舞い上がる硝煙に包まれ始めての経験が彼の体を突き抜けた。
しばらく動かない子供ちゃん。
これを生まれて初めての経験と言うのだろう。
何とも言えない初めて見る子供の表情に
これまた何とも言えない眼差しで見つめる親御さん。
そしてちょっと間をおいて歓喜の声が響き渡る。
ゲームでは味わえない身を以て体験する感動!
これが三光神社真田まつりで味わえる試着体験である。
そして家族はご満悦でご退場!
また1人忘れられない経験をしましたねと手応えを感じる。
その光景を見ていた抜け穴見学を終えた家族が前を通っていく。
親御さんは素通りだったがその子供ちゃんが手に持つ火縄銃をガン見している。
なので 「撃ってみる?」 と誘いを掛ける。
するとこの子も 「うん!」 と即答。
そして素通りの親御さんの足が止まる。
間髪入れずに
「その階段を上がって社務所前に行ったら子供用の甲冑着れますよ!」 とPR。
すると 「へぇぇ~!そうなんだ!!」 と帰ろうとする方向が変わる。
「よしっ!試着体験2組目ゲット!!」
そして新たに甲冑を着た子が上から降りてきた。
そしてさっきの光景を見ていたのでこの子の最終目的は
もちろんあの驚愕の火縄銃体験。
そして結果は言わずもがな同じ表情を繰り返す。
そしてその光景を目の当たりにした抜け穴前の家族が同じ質問を投げ掛けてきて
結果同じようにこの家族も階段を上っていく。
そしてこの連鎖反応はここから最後まで続く。
こうして気が付くと試着体験のブースは大賑わい。
大人感覚で言うとちょっと過剰接待気味ではあるのだが
年に1度のお祭りだし子供ちゃんもその親御さんも大喜びだったので
時間は掛かるがまあ~これはこれで良しとしておくか!といった状況であった。

 (写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月