FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

トラブル | コンピュータ | EDIT

Windows10 1903アップデート後のぼやけるサインイン画面の原因!

「Windows10 1903にアップグレード後の不具合!」 からの続き!

前まで不具合があったので止めていた
Windows10 Ver.1903のアップデートデータ。
しかし今回勝手にインストールが始まる。
これはまずいと慌てて停止させようにも強制的にダウンロードが進む。
これは諦めてインストールするしかなさそうだ。
案の定バージョンアップすると前回同様
起動した時に出てくるサインイン画面の風景写真。
機能名で言うと「Windowsスポットライト機能」なる壁紙写真。
これがVer.1903にするとぼやけて見えなくなる。
これが嫌で保留していたVer.1903。
しかし配布始まってから大分経つので改善策もネット上に出始めていた。
それでは改善策が出ていたので方法をメモしておく。

P_20190830_081954_R.jpg
デスクトップの左下スタート画面を開く。
そしてカーソルの設定を開く。

P_20190830_082022_R.jpg
出てきたWindowsの設定の
「個人用設定」 を開く!

P_20190830_082048_R.jpg
次に 「色」 の中の真ん中位にある
「透明効果」 をオフにする。
これで再起動するとぼやけた写真がくっきり写る。
もしそれでぼやける時は一度オン、オフを繰り返して変更してみて
再度再起動すると綺麗に表示される。
後は今の所不具合は見られず。
やっと安定してきたVer.1903である!

Windows10アップグレード、使い方、問題点などをまとめた記事はこちら!
「Windows7愛用者のためのWindows10使い方メモ!」

これらの記事はこちら!
カテゴリー 「Windows10化計画」

| Windows10化計画 | 08:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ボール盤用マグネット式エアーブロークーラント完成!

「アクリル焼けるのを防げ扇風機エアーブロー!」 からの続き!

ボール盤でのアクリル焼けを防止するために冷却用クーラントを購入。

P_20190613_115724_R.jpg
トラスコ マグネットクーラントセット TMC-1-R400 
今回は時間が無かったのでモノタローで¥12,798(税込み)を購入!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TRUSCO マグネットクーラント 1軸用セット ノズル400mm TMC-1-R400
価格:9633円(税込、送料別) (2019/8/22時点)

急がなかったら楽天とかで¥10,433(税込み+送料込み)の商品。

このままだと接続はエアーガンとの脱着が出来ないので
脱着出来るようにカプラーも購入。

P_20190613_115320_R.jpg
(日東工器 ハイカプラ 20PFF)

P_20190613_114914_R.jpg
本体とノズルのセット商品。

P_20190613_115545_R.jpg
別途これに脱着式用のカプラを取り付ける。

P_20190613_115957_R.jpg
マグネットはかなり強力!
少々の事では動かない。

P_20190613_200949_R.jpg
横に貼ってもOK!

P_20190613_120052_R.jpg
鉄ならどこにでも引っ付く!

P_20190613_201238_R.jpg
流量調整式のノズルなので手元で強弱出来るので便利。
金額はそれなりにするがその分品質は十分。
1つ持っていると色々な使い方に流用出来て便利である。

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

| 彫刻&エッチング切削加工 | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

走りに走った充実の1700kmであった!

「富士宮市で本場富士宮やきそばを初体験!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 12時30分

さて浜松まで帰ってきました。
これで大体48時間 / 丸2日間程経過した所です。
今回はこれで明日もう1日時間があるのでかなり余裕があります。
このまま帰れば今日中には大阪に楽勝って感じですけど
考えてみたら2日間で4時間程しか寝てないかも。
今はまだ気が張っているので大丈夫だが突然睡魔に襲われるかもしれない。
とにかくこの辺りで少し仮眠しておこうかな。
しかし天気なって来たのでこの気温で車中泊は危険である。
あまりに熱いのでTシャツを水で濡らして着用。
ヒヤ~っとして簡易クーラーの出来上がり!
窓にハンガーで服を掛けてシェード変わり。
これで窓を広めに開けておくと風があるので結構涼しい。
とにかくこれで少し寝れるかも。
ちょっと1時間程休憩です。
シャツが乾くと共に暑さで目が覚める。
時計を見ると14時位。
疲れが取れた程ではないが楽になった。
余りのんびりしていると名古屋で渋滞にハマるかもしれないので
そろそろ出発しよう。

P_20190817_151726_R.jpg
海が広いなでっかいな~!
この太平洋側の道は迫力があります。
延々と続く海岸線を走る。
ちょっとロサンゼルスの西海岸みたいで気持ちいいです。

国道1号線で名古屋を抜け三重県に入る。
そして西名阪国道で伊賀上野を抜けて月ヶ瀬まで帰ってくる。
時計を見ると現在22時。
ギリギリ今日中に大阪かなってペースである。
いつもの柳生の里を通って奈良市内へ。
しかし慣れ親しんだエリアに帰ってきた安堵からか
ここで一気に睡魔が押し寄せる。
「う~ん!もう目が開かない~!!」
余りの眠たさに今日中に大阪に変えるのを諦める。
とにかくこれは寝ないと危険。
夜で結構涼しいので今度はかなり本気で寝てしまいました。
目が覚めると時計は1時を指していた。
2時間位熟睡したかも!
余りにも深い眠りだったので中々意識が戻らない。
ちょっとコーヒーでも飲もうかな。
もしかして今回初めてコーヒー飲んだかも。
ずっと走りっぱなしだったからな~。
ほんと久しぶりに時間が経つのを忘れて夢中で走りました。
さ~て!それではボチボチと行きましょうか!!
我が家まであと僅か。
間もなく今回の旅も終わりが近づいてきました。

PS.
夜中の2時に帰宅。
大体2日半走った計算となる。
メーターを見ると今回走った距離は17000㎞位。
トラブルもなく良く走ってくれました。
かなり悪路も走ったので色んなお土産がオデッセイに付いてるね。
ちょっと勲章みたい。
とにかく明日はゆっくりと洗車したげるからね。
ありがとう!

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

富士宮市で本場富士宮やきそばを初体験!

「これが本栖湖なんだ~!ホントなんていい場所なんだ!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 11時30分

さて富士山1周を堪能した所で
最後は地元グルメも楽しんで行こうかな。
お昼だから食べれるグルメ!
そう一度本場地元で食べてみたかった富士宮焼きそば。
よくB級グルメのイベントで大阪でも見ることが多くなったメニューなのだが
やはり初めて食べるなら本場富士宮市で食べてみたいと
かねがね思っていた1品である。
それでは早速行ってみましょうかね!

とにかくお店がいっぱいあって悩んでしまう。
なので条件を絞って選んでいく。
早めの開店時間で駐車場があるところ。
するとこちらの1件を見つける。


富士宮焼きそば ひまわり
 (住所) 〒418-0063 静岡県富士宮市若の宮町32
 (営業時間) 11時~22時
 (駐車場) 裏に4台くらい
 (HP) 食べログ 

P_20190817_113315_R.jpg
お店玄関!
裏の駐車場に4台分ほど止める所がある。

P_20190817_111545_R.jpg
店内写真!
カウンターとテーブル少々と言う感じ。

P_20190817_111946_R.jpg
これがお目当ての富士宮焼きそば。
初めて見たかも!
焼く所から凝視。
すると大阪の焼きそばと違う所も見えてくる。
焼き方はシンプルで具を焼いたら袋を破ってダイレクトにそば投入!
そして水を浴びせる。
そして搔き回す様に焼く。
そしてまた水を浴びせる。
どうやらそのままでは麺が固いのだろう。
しかし一旦茹でてから焼くというのはないみたい。
そしてソースを掛ける。
ソースはウスターソースみたい。
これを手際よく炒めてハイ出来上がり!
どんな感じか?
初の富士宮焼きそば試食です。
麺はちょっと平たい?
軽く平打ち麺みたい。
しかしこれを使わないと富士宮焼きそばとは言えないのかもしれない。
そしてソースだがウスターなので薄いかと思いきや
結構味はしっかりしているかも。
見た目以上に味は濃いです。
でも大阪と比べると甘みは余り無いかも。
東に行くほどソースの味はさっぱりして行くのかもしれない。
それではあれよあれよという間に完食。
美味しかったです。

P_20190817_112548_R.jpg
次は隣のおっちゃんが食べていたお好み焼きが気になったので
これも頼んでおきました。
そして出てきて試食開始。
こちらはお好み焼きと言うよりも
少しトロ~っとしていて半分もんじゃ焼きみたいな感じ。
なのでお好み焼きと言われるとちょっと違和感ありかな~?
たぶん関西人程そう思うかも。
なので大阪で食べるお好み焼きをイメージしているのなら
富士宮やきそばダブルの方がおすすめかなって感じでした。
それでは初の富士宮焼きそばごちそうさまでした!

 続きはこちら!
 「走りに走った充実の1700kmであった!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

これが本栖湖なんだ~!ホントなんていい場所なんだ!!

「さすがフルーツ大国山梨県!道の駅なるさわの朝市は最高である!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 10時30分

本栖湖ふたたびである。
前回来た時は真っ暗の真夜中だったのでこんな大っきな湖だとは分からなかった。
しかし今日は天気でよく見える。
何か元気になってくる本栖湖。
ちょっとパワースポットしています。


本栖湖沿いのスタート地点に絶景ポイントがある。
天気が良ければ富士山が見える。
そしてそこから本栖みちを甲州いろは坂まで走る。
今回栃木県のいろは坂に行けなかったのだが
同じいろは坂と書かれていたのでついつい代わりに走ってみた。

P_20190817_101109_R.jpg
まずは本栖湖絶景ポイントから。
天気は良くなってきているのだが
まだ富士山には雲が掛かっていて見えない。
しかしあの雲がいい感じで動いて行っているぞ!

P_20190817_101922_R.jpg
15分後!
少しだけ富士山が見えた。
すっごく嬉しいかも!

そして意気揚々と本栖みちを走る。
昼間走ると景色が綺麗。
そしてオデッセイも軽快で何とも爽快!
いい場所だな~。
そしていい道の本栖湖である。
やはり富士山界隈はオデッセイと相性ばっちり。
遠路はるばるやって来た甲斐があるってもんです。

 続きはこちら!
 「富士宮市で本場富士宮やきそばを初体験!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

さすがフルーツ大国山梨県!道の駅なるさわの朝市は最高である!!

「やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 9時30分

山中湖から次の目的地、本栖湖を目指していると
道の駅がチラホラと出てくる。
「そう言えばお土産とか買ってなかったな~。」
道沿いで売っているブドウや桃の直売を見るとフルーツがすっごく美味しそう!
これは次の道の駅で立ち寄ってみて一度どんなのが売っているか見てみよう。
少し行くと道の駅 なるさわと言うのが出てきた。
「よしっ!ここに入ってみよう!!」


道の駅 なるさわ
 (住所) 〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村ジラゴンノ8532−63
 (TEL) 0555-85-3900
 (HP) https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/370

「なに・なに・なに~!すっごく賑わってる。」
人も車もい~っぱい。
天気もいいし盆休みだし!
あっちこっちから遊びに来てるんでしょうね。
とにかく車を止めて本館の方に行ってみる。
すると青空市みたいなテントを発見!

P_20190817_093703_R.jpg
ふ~ん!ブドウのお店だ。
まだ準備中なのかな?
ちょっと覗いてみよっと!
すると1人がブドウを買っていた。
どうやら準備中みたいだがもう販売も始めているみたい。
並んでいるブドウを見ると色が濃くて大きいぞ!
何かすっごく美味しそう。
たぶん今日中には大阪まで帰ると思うので
山梨のお土産はこのブドウにし~ようっと!
「お姉さんどれがおすすめですか~?」って聞くと
何やら品種を言ってくれているのだがあまり聞いた事がない名前。
しかしすっごく美味しいよって言っているのでこれがいいみたい。
他にもまだ奥にあるらしいのだが後ろを見るともう行列が出来ている。
これはのんびり買っていたら巻き込まれそう。
とにかく出ている分ここからここまで全部下さいと言って
4種類ほど買ってみました。
どれがどのブドウか分からなくなるので
お姉さんが品名を書いたメモを入れてくれていた。
あっちに行って見てみると
藤稔(ふじみのり)、ブラックビート、ピオーネ、巨峰と書かれていた。
すっごく大きな実で1房800~1000位。
百貨店の大丸とかで贈答品でこのサイズのブドウを買ったら
金額4000~6000円位するんじゃないのかな。
何かすっごく得した気分。
ラッキーでした!

P_20190817_093729_R.jpg
あと中に入ると直産の野菜がい~っぱい!

P_20190817_093753_R.jpg
地元のお土産も目白押し!
何かすっごく充実している道の駅なるさわであった。
追加で美味しそうな桃を購入。
レジで待っていると後ろのお客さんがカゴに山盛りトウモロコシを買っていた。
聞いてみると入口で朝獲れのが安く売っているよって教えてくれた。
なのでこれもあとから追加で購入する。
見れば見るほどどれも美味しそうで
気が付くと行商のおばちゃんみたいになってしまった。
能勢のくりの郷状態である。
しかしちょうど時間が開店して間もないのもあってか
品物も豊富でいい買い物が出来ました。

PS.
大阪に帰って試食。
するとこれがまたすっごく美味しいのである。
ブドウは見た通り美味しかったが桃も驚くほどおいしかった。
トウモロコシも瑞々しいし
さすがフルーツ大国山梨である。
これは今度は家族で泊まりでまた訪れたいですね。

能勢のくりの郷ってこんな所!
「道の駅!能勢くりの郷の旬野菜はすっごく美味しいぞ!!」

  続きはこちら!
 「これが本栖湖なんだ~!ホントなんていい場所なんだ!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!

「恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 8時15分

霧で芦ノ湖は残念だったがその分次の到着地に早く着いた。
7か所目になる富士山一帯である。
前回着た時は真夜中だったのでほとんど車もいない静かな道を走った。
しかし今日は天気予報通りそろそろ台風も抜けていい天気である。
車も結構走っている。
しかし大阪だったら渋滞と言った規模でも
ここではほとんど影響なし。
ほんと大きいと言うか広いぞ富士山。
さすが日本一の山である。

P_20190817_081122_R.jpg
それでは富士五湖の1つ、山中湖に到着。
青空も見え始めていい感じ。
ただ富士山には雲が掛かっていてその雄姿は見えず。
昼頃になると快晴みたいな事が予報で出ていたが
ちょっとそれまではここには居られない。
残念だが山中湖からの富士山はまたの機会と致しましょう。

P_20190817_081129_R.jpg
こちらは新しいスマホ Zenfone5z ZS620KL の広角で試し撮り。
あまり使わない機能なのだがこうして見てみると
景色とかではすごくいいアングルで撮れる。
記念に1枚!
いい感じの山中湖であった。

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「さすがフルーツ大国山梨県!道の駅なるさわの朝市は最高である!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!

「奥多摩熱いぜ!関東勢最高!!」 からの続き!

令和元年8月17(土) 3時00分

奥多摩、燃えたね~!
あんなに活気があるとは思わなかった。
「ほんと!こういう場所を求めていたんだ!!」って感じの
素晴らしい峠であった。

それでは次は6か所目となる箱根は芦ノ湖の峠である。
箱根と言えばブラックバス!
昔釣りキチだった時に日本でルアーの聖地は芦ノ湖と言う感じで
一度だけ叔母に無理を言って連れてきてもらったことがある。
そして今回は自分でこの地に立っている。
何とも感慨深く走馬灯のように飽きることなくルアーを投入していたのを思い出す。
そんな芦ノ湖に真夜中に到着。
イメージと反して芦ノ湖ってかなり山の上にある事を知る。
飛騨高山山中と変わらないんでないの?
結構上の方まで上って来たぞ!
窓を開けると風がひんやり。
そして湿った空気。
しばらくすると辺りが白く視界がどんどん遮られていった。
「霧かっ!」
風向きが変わるとどこからともなく霧が舞い込んできた。
もうすぐ湖畔なのに参ったな~。
かなりの濃霧。
ヘッドライトを点けていても1m位しか見えなくなった。
もう目からの情報は皆無。
グーグルマップの情報だけが頼りであった。


ちょうどこの無料駐車場まであとわずかという時に
全く前が見えなくなってしまった。

対向車が見えた時はもうほとんど横に来ているくらい。
とにかく自分の位置を周りに知らせるべく
ハザードを点けながら進む。
するといきなりパイロン。
どうやら側道の施設の入口があるらしい。
しかし目の前にあるはずなのにその入口が見えない。
グーグルマップを見ると色々と施設があるエリアみたいだが
まったくそれも確認出来ない始末。
これは危険だ~!
止まっていても逆に当たって来られそうな状況。
とにかく安全な駐車場等に退避しないと危ないぞ。
すると湖畔沿いの無料駐車場を発見。
しかし霧で入口が分からない。
恐る恐る近づいてみると車が通れそうなスペースが。
更に進んでみる。
するとガクンとフロントが落ちる。
「えっ!」
一瞬湖に落ちたのかと思う段差。
よく見ると駐車場入口の歩道を諸に乗り越えてしまっていた。
「ふう~っつ!」
かなりヒヤッとした。
しかし奥に数台退避している車が見えたので
何とか無事駐車場には到着出来たようである。
状況が状況なので
ここは日が出るまでおとなしく仮眠でもして待つ事にしよう。

P_20190817_051221_R.jpg
現在朝の5時。
2時間位眠れた。
少し明るくなってきたので周りの景色が見え始めた。
まずは正面に芦ノ湖発見!

P_20190817_051217_R.jpg
場所的には遊覧船乗り場前の駐車場になる。

P_20190817_051444_R.jpg
向こうの方を見るとすごい速さで雲が動いている。
ちょっと風向きが変わればあの雲が霧になって一体を包む。
まだ天気は不安定。
しかしいつまでもここで足止めを食らっている訳には行かない。
とにかく移動出来そうなので少しでも先に行こう。
回りの車も同じことを考えているのだろう。
止まっていた車が1台、また1台と駐車場を後にする。

芦ノ湖北側から湖岸峠を南に走ると道の駅 箱根峠が見えてきた。

P_20190817_054941_R.jpg
標識を見ると芦ノ湖スカイラインがもうすぐそこと言った場所。
あともう少ししたらゲートオープンって感じなのだが
果たしてこの霧でも通行可能なのだろうか?
出来れば是非走ってみたい芦ノ湖スカイライン。
しかし余り状況が良くないので今回は諦めて先を急いだ方が良いのか?
悩みどころである。
正面の電光掲示板を見ると気温は21度。
これだけ一気に気温が下がると温度差で霧が出るのも頷ける。

P_20190817_055032_R.jpg
ちなみにこちらは道の駅の駐車場。
そんなに台数は止めれないが只いい場所に立地している。
多分芦ノ湖にドライブに来たら1度は立ち寄るのではないかな。
そんな道の駅 箱根峠であった。

PS.
どうも霧が晴れそうな気配がない。
今回は諦めて芦ノ湖を後にする事とする。

 続きはこちら!
 「やっぱ昼間に来ると山中湖は最高だね!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

奥多摩熱いぜ!関東勢最高!!

「やっぱいいよね道の駅 富士見温泉ふれあい館!充実してます!!」
からの続き!

令和元年8月17(土) 0時30分

今度はステージを群馬県から東京エリアに移動する。
今回目的地の1つに掲げたのが奥多摩。
東京エリアの走り屋の聖地と言っていいのかな?
一度は走ってみたいと思った峠である。


今回走った区間は青梅街道と呼ばれる国道411号線。
ここを真夜中ミッドナイトで駆け抜ける。

東京方面から青梅駅の辺りから奥多摩に入って行く。
最初は町中を抜ける道かなと思っていたが
だんだんと緑が増えてきて奥多摩らしさが出始める。
盆のそれもこんな真夜中。
あんまり車もいないな~と思っていると後方から近づく数台のライト。
「この感じ!走り屋かも!!」
近くで見たい気はあるのだが何せこの道は初めて。
なのでさりげなく加速して交わそうと考える。
しかしそれでもライトが近づいてくる。
気が付くともうミラー越しに車が確認出来る所まで。
ここは道を譲ってゆっくり行こうかな。
しかしこの奥多摩。
走ってみると意外と道が狭い事に気が付く。
譲るポイントが分からない。
気が付くとテール・トゥー・ノーズ状態。
かなりアピールされてしまってます。
相手は完全にその気になっているみたいである。
さっきチラッと見えた車影だと軽自動車かな?
しかしボンネットにインタークーラーが見えたので何だろう?
そのヘッドライトの形から察するとスズキあたりかな?
ちょっと古いが思い当たるのはスズキKeiスポーツのイメージである。
そうするとそんな車を今の若い子が乗るのだろうか?
もし乗っているとしたらかなりの玄人職人である。
しかし完全に相手の方はスイッチが入ってますね。
他府県ナンバーでオデッセイなのにターゲットでロックオンですか。
それは認めてくれてるのって感じでちょっとうれしいかも!
もうこのシチュエーションは待ったなしでしょう。
これは関東勢のお手並み拝見って雰囲気プンプンでござりまする。

PS.
奥多摩を初めて走った感想であるが
温泉街みたいな町中を抜けたりもするんですね。
(まるでマン島TTレースみたい。)
それにアップダウンはそんなにないのでオデッセイでも走りやすい。
走り屋っぽい車も多い。
関東で走り屋の聖地と言われる奥多摩。
何か昔の阪奈道路と雰囲気が似ていて気に行ってしまったかもしれない!

 続きはこちら!
 「恐怖の箱根芦ノ湖!濃霧で動くと落ちて行くかも!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

やっぱいいよね道の駅 富士見温泉ふれあい館!充実してます!!

「隅から隅まで赤城山!頂上から裏に回ると楽しいぞ!!」
からの続き!

令和元年8月16(金) 17時30分

赤城山に来たらやっぱここは外せないかな!

(道の駅 富士見温泉 ふれあい館)

詳細は前回紹介したこちらの記事をご参考に!
 「道の駅!富士見温泉ふれあい館は何て便利なんだ!!」

2度目となるふれあい館。
何かが特化した道の駅って感じではないんですけど
でもすごく便利で必要なものがすべて揃ってる感じかな~。
今回群馬エリアで拠点に据えたのもこの道の駅である。

P_20190816_175453_R.jpg
ふれあい館と言えばとんかつ定食。
見た目は普通なのだがこれがまた美味い。
ここまでコンビニで買ったパンとスポーツドリンクだけだったので
やっとちゃんとしたご飯を食べました。

P_20190816_175505_R.jpg
窓から見える本館。
次はあそこでお風呂です。

ふれあい館の売りはご飯が美味しくてお風呂があるところ。
そして駐車場でゆっくり寝れるところかな。
遠征先ではこの点がすごく有難い。
もう涼しい風を浴びながら露天風呂に入ると至極恐悦感動もの。
それが出来るのがこの道の駅ふれあい館。
群馬エリアに来たらこちらは是非寄って頂きたい道の駅である。

 続きはこちら!
 「奥多摩熱いぜ!関東勢最高!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

隅から隅まで赤城山!頂上から裏に回ると楽しいぞ!!

「大人気なの?伊香保温泉の水沢うどん村!」
からの続き!

令和元年8月16(金) 16時00分

さて次は4ヶ所目の赤城山。
荒々しくて男っぽい所など
自分的にはこの赤城山が一番好きである。


今回走った赤城山は麓の姫百合駐車場から頂上の赤城神社がある湖、
そしてそこから裏側に下って行く国道251号線となる。

まずは姫百合駐車場。
ここはトイレがあって有難いことに水道も使える。

P_20190818_135200_R.jpg
岐阜から長野への山越えで!
台風で折れた木々を踏んでついた木片や草。
すっごい事になっていたのでちょっと洗車です。
そして見栄えが良くなったところで赤城山アタックです。

では目の前をホンダのS2000が駆け抜けて行きました。
ちょっとこの車について行ってみましょう。
赤城山は結構斜面が急なのでオデッセイのパワーでは加速がない。
なのでS2000はかなり先に進んでいく。
そしてコーナーもねじる様に上りながら曲がる。
ダイナミックで体が一気に外側に押し付けられます。
上っては曲がるが続く。
かなりハードな赤城山です。
窓を開けると標高があるので風が涼しい。
快適!気持ちいいい~!!
天気も程よく晴れてきていい感じである。
やはり赤城山は良いですね。
何故かとってもお気に入りです。
頂上の駐車場に到着!
ちょっと休憩。
前回は時間が無かったのでここでUターンして帰ったが
今日はこの先も行ってみましょう。
進んでいくと湖があった。
畔に行ってみるとキャンプ場なのかな?
テントを持って止まっている車も多かった。

P_20190816_155136_R.jpg
右手向こうに赤城神社が見えている。
榛名山と同じ頂上に湖。
群馬県の峠は雄大である。
それではこの先にも峠があって下って行けるようである。
どんな感じなのか走っておきましょう。
湖から少しまだ上るがしばらく行くと一気に下りへと変わる。
コーナーは表側と同じくダイナミックな曲がり方。
しかしストレートが長い区間もありかなりスピードが乗る。
雰囲気は神戸の奥再度ドライブウェイにも似ているかも。
車には負荷の掛かる道ではあるのだが面白いです。
あと相性が良いのだろうか?
かなりリズミカルにオデッセイで走れる。
ストレートで加速。
コーナー手前でしっかり減速。
惰性を使ってそのまま剛性のあるオデッセイのボディーを旋回させる。
そしてまたアクセルオン!
コーナーはタイトだがRが一定なのだろうか。
速度を合わせてやると面白いように曲がる。
もしかして表側もそうかも!
これは帰りの時試してみよう。
下まで下って来たので今度はUターンして登って行く。
すると後ろから一線を画すエキゾーストノートが近づいてきた。
加速で完全に負けてそう。
速そうなので指示器を出して道を譲る。
するとハザードを出して有難うのサイン。
そう言えばさっきもそうだったがこちらの走り屋の人は礼儀正しいと言うか
走り屋のマナーみたいなものをしっかりと励行してくる。
それが何故かうれしい!
ちょっとした一幕であった。
それでは先程の頂上に到着。
今度は赤城山の峠には一定のリズムがあるのか試してみよう。
下りストレートで加速。
コーナー手前でブレーキにかなりの負担が掛かるが一気に減速。
そしてオデッセイを振り回す。
すると裏山で感じた通りすごくリズミカルに表側でも曲がる。
どうやらこれが赤城山攻略の1つなのか。
かなり気持ちよく走り切ることが出来た。
しかしこの走りは
ボディーは大丈夫そうだがブレーキはちょっと心配かもね!

赤城山の裏側と似ている奥再度ドライブウェイはこんな所!
「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

 続きはこちら!
 「やっぱいいよね道の駅 富士見温泉ふれあい館!充実してます!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

大人気なの?伊香保温泉の水沢うどん村!

「まさに聖地だ榛名山!全国から多くのハチロク訪れる!!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 14時00分

それでは榛名山を堪能した所で
今度は昼食を食べに行こう。
お店は来る時見つけた
水沢うどん街道なる所にあるお店。
日本三大うどんと称されているが食べたことがない。
どんなんなんでしょうね?
どうしても是非1度食べてみたい。
しかしお店はどこもいっぱい!
そして待機人数もすごい。
たぶん釜揚げうどんみたいな感じなのでうどん自体はそんなに差がないとは思う。
なので手前から空いている所にとにかく入ることにする。

今回入ったお店はこちら!

「水沢うどん 谷屋」
 (住所) 〒377-0103 群馬県渋川市伊香保町水沢223
 (TEL) 0279-72-3146
 (HP) 食べログ

P_20190816_135829_R.jpg
玄関でその前が駐車場!

P_20190816_134424_R.jpg
中は結構広くテーブルも大きい!

P_20190816_134228_R.jpg
メニュー表!

P_20190816_134141_R.jpg
今回はオーソドックスな水沢うどん もりを行ってみる。

P_20190816_135025_R.jpg
待つ事10分位。
もりうどんが出てきました。
それではいざ水沢うどん初体験!

見た目はちょっときし麺っぽく平打ち風かな。
そして食感はすごいコシである。
ほとんど讃岐うどんみたい。
でも讃岐うどん程ごっつくないかな?
どちらかと言うともう少し繊細で優しい食感である。
讃岐うどんが男らしいとするとこちらは女性的!
何となく上品な口当たりのうどんである。
しかし女性的とは言っても
このたった2玉のうどんを食べるとお腹がいっぱい。
結構お腹にどこ~んと来ます。
伊香保温泉名物で日本三大うどんですか~。
これはお土産に決定ですね!

 続きはこちら!
 「隅から隅まで赤城山!頂上から裏に回ると楽しいぞ!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

まさに聖地だ榛名山!全国から多くのハチロク訪れる!!

「伊香保温泉の365段の石段街は楽しいぞ!!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 13時30分

さていよいよ榛名山の峠を行ってみよう。
台風の雨も上がり路面だドライ。
走って行く車を眺めているとさすがにハチロクが多い。
しかし元祖ハチロクではなく今のハチロクが多かった。
あとインプレッサも多いですね!
この2台が圧倒的に多いか榛名山。
早速前を走って行ったハチロクの後を着いて行ってみよう。
上りストレートはかなりしっかり踏まないとついていけない。
そしてコーナーはかなり深い。
今回は思いっきり行ってみたがすごい遠心力。
シートがバケットじゃなかったら体を支えれてなかったかもしれない。
これはシートに体を任せておかないとステアリング操作しにくいですね。
タイトなコーナーの連続。
これが延々と結構続く。

P_20190816_130559_R.jpg
頂上のダウンヒルスタート地点。
今度は下りを行ってみよう!
榛名山は比較的道幅は広く走りやすい。
ただ幾つかある速度を抑制する上下にうねっているコーナー入口だけ
スピードが乗っていると飛んで行ってしまいそうで恐い。
あと下りも長いのでスピードを落とすのにブレーキを多用すると
「持つのかな~?」って感じで出来る限りエンジンブレーキ中心で下る。
車の剛性的には榛名山の下りでも耐えれそう。
しかし制動力はちょっと心許無いかな。
だが前回来た時よりはかなりいい走り。
ただ本格的に榛名山を走ろうと思うとやはりそれなりの車が良さそうである。
「ここをハチロクで走ったら面白いだろうな~。」
今度レンタカーで借りて走りに来てしまいそうだよ。

 続きはこちら!
 「大人気なの?伊香保温泉の水沢うどん村!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

伊香保温泉の365段の石段街は楽しいぞ!!

「伊香保温泉おすすめ駐車場!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 12時30分

P_20190816_121045_R.jpg
伊香保温泉石段街入口バス停前から見た景色!

P_20190816_121519_R.jpg
この階段が365段あるらしい!

P_20190816_121523_R.jpg
上り始めた場所から下を見る。
結構傾斜があるのでどんどん高くなっていく。

P_20190816_121637_R.jpg
途中に石段の湯なるものを発見!

P_20190816_121645_R.jpg
大人金額410円で入湯出来るみたい。
時間があったら入ってみたいな!

P_20190816_121956_R.jpg
しかし階段はまだまだ続くのであった。

P_20190816_123910_R.jpg
石段沿いには昔ながらのお店が多い。
特にびっくりしたのは射的場。
お祭りとかでは見たことはあるが
ここではお店として営業していた。
本格的で温泉街の雰囲気満載です。
また有馬温泉とかとは風情が違いますね。
関東と言うか伊香保温泉ならではと言った趣であった。
(この後、伊香保神社で今回の旅の安全を祈願する。)

 続きはこちら!
 「まさに聖地だ榛名山!全国から多くのハチロク訪れる!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

伊香保温泉おすすめ駐車場!

「やっと来ました伊香保温泉!そして榛名山で腕試し!!」
からの続き!

令和元年8月16(金) 12時10分

群馬県は榛名山麓にある伊香保温泉には
幾つか駐車場が点在していた。
どこも同じかと思っていたが若干違うようで
今回はここが一番立地的にも金額的にもいいのではと言う所をメモしておく!

P_20190816_120858_R.jpg
まずは榛名山峠麓入口に
渋川市営 徳冨蘆花記念文学館駐車場でグーグルマップに載っている
市営駐車場 P1がある。(赤丸で囲んだPの場所。)


グーグルマップだとココ!

P_20190816_120612_R.jpg
この看板が目印で駐車場の入口!

P_20190816_120530_R.jpg
大体伊香保温泉前は2時間/500円が多いが
このP1駐車場は2時間/300円とちょっとリーズナブル。
石段街までもそんなに遠くなく駐車台数も多いので
他が満車でも空いている時が多い。
伊香保温泉で駐車場に迷ったら
まずはこちらが第1候補でリストに入れておくと良い駐車場である。

 続きはこちら!
 「伊香保温泉の365段の石段街は楽しいぞ!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

やっと来ました伊香保温泉!そして榛名山で腕試し!!

「霧の妙義山を疾走してみる!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 12時00分
それでは3か所目の榛名山に到着です。

P_20190816_120858_R.jpg
ここでは榛名山の峠と
前回来れなかった伊香保温泉。
そして来る時見つけた日本三大うどんと言われる
水沢うどんの試食会という内容です。

 続きはこちら!
 「伊香保温泉おすすめ駐車場!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

霧の妙義山を疾走してみる!

「またやって来ました碓氷峠です!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 9時30分

今度は妙義山。
麓の道の駅みょうぎから頂上の駐車場を目指す!


約8㎞ / 14分の妙義山の峠である。

P_20190816_092552_R.jpg
道の駅の観光案内所。
駐車場には走り屋らしき車が数台あり。
ナンバーを見ると地元なんですかね。
もう走り終えたって感じで売店入口で寛いでました。
もう少し早かったらその走りを見物出来たかも。
ちょっと残念!

P_20190816_092634_R.jpg
それでは2ヶ所目の妙義山。
早速行ってみましょう!
前来た時はカメラを回していたので余り感じなかったですが
妙義山も結構長いですね。
頂上の駐車場まで大分走ったイメージです。
コースは碓氷峠より走りやすかったかも。
適度な登りでアクセル開度がいい感じのバランスです。

P_20190816_094833_R.jpg
頂上の駐車場!
やはり妙義山も標高がありますね。
上に着くと霧が掛かってました。
大阪は毎日暑かったがやはりこの群馬エリアは涼しいですね。
カラッとして気持ちがいいです。
それでは今度は下って行ってみましょう。
路面が濡れているので程々に。
天気が悪い分
車もほとんど無いので今日は走りやすいです。

 続きはこちら!
 「やっと来ました伊香保温泉!そして榛名山で腕試し!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

またやって来ました碓氷峠です!

「此処はどこ?冗談抜きで遭難一歩手前の迷い道!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 6時00分

さあやっと着きました碓氷峠まで。
ここから走行会の本番です。


まずはスタート地点のおぎのやから碓氷峠頂上を目指す!

P_20190816_053623_R.jpg
おぎのやに着くと天気は雨。
天気予報では今日の午前中は雨が残るとの事。

P_20190816_053839_R.jpg
山沿いには霧も出ている。
碓氷峠も視界は良くないかもしれない。
そうは言っても仕方のない事。l
とりあえずは行ってみましょう。

P_20190816_055305_R.jpg
観光スポットのめがね橋。
これを見ると碓氷峠に来たと実感する。
それでは天気も悪いので
この先の駐車場で1時間ほど少し仮眠をしておこう。

P_20190816_061217_R.jpg
頂上に到着。
雨は上がっていたが
しかし濃霧と言うほどではないが霧が出ていた。
それではここから今度は下って行ってみよう。

前回はどちらかと言えばロケツアーだったので
走りを楽しむというよりは取材が中心であった。
しかし今回は違いますよ。
足回りも刷新したオデッセイ。
セッティングは阪奈道路仕様ではあるが
これでどこまで対応出来るのか楽しみである。
まずは2つ3つコーナーをクリア。
しかし何て言うのだろう。
道が細くなった?って感覚である。
センターに配置されたキャットアイがまた邪魔。
前はこんなことなかったのにな~?
すごく走りにくいぞ。
これはどうやらシートポジションが影響している模様。
現在レカロのポジションは最下段に位置する。
なので車体は変わらないのだが体はかなり深く運転席に沈み込んだ感じで
結果すごく足元が見えずらい。
確かにオデッセイの車幅感覚は身に沁みついてはいるのだが
それでも今回はこの碓氷峠は走りにくかった。
何度か走行すれば慣れてくるのだろうがその時間はない。
足回りはかなりいい感じで峠とフィットしているので
もし次回来ることがあればその時は
ノーマル高さにシート高を調整してアタックしてみたいと思う。
それでは1ヶ所目の碓氷峠完走。
次は隣の妙義山を目指す。

 続きはこちら!
 「霧の妙義山を疾走してみる!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

此処はどこ?冗談抜きで遭難一歩手前の迷い道!

「群馬へのルートは岐阜高山経由で進路を取る!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 1時00分

入口に門がありチラッと看板が見えた。
この時よく見ておけば良かったのかもしれない。。。

岐阜から長野へ抜ける山岳地帯を突破する最短距離の国道158号線。
途中1ヶ所だけ有料道路となる安房トンネルがあるのだが
このツアーはオール一般道で走るというのも定義になっているので
このトンネルを迂回する。

(そのルートがこちら!)

グーグルマップでパッと見い然程距離はないなと見ていた。
しかし徐々に道は細くなり路面に台風の残骸である
折れた小枝の木片が山積し始める。
アスファルトはその内隠れて見えなくなる程。
気をへし折る音がオデッセイの床下をする抜けて行く。
「ちょっとまずいかな~?」
あぜ道を走るがランクルのようにオデッセイは走る。
確かに4WDではあるがちょっとカテゴリがこれは違うだろう。
大分激しく降ったのだろう台風10号の痕跡。
今は小枝程度だが万が一大木が倒れていたら万事休すである。
しかし大分上って来たぞ。
かれこれ30分位走っているがまだ頂上に付いていない。
真っ暗なのでよく分からないが走っている車を全く見ない。
本当にこれで国道なのか?
まさに秘境。
昔行った九州の高千穂峡を思い出す。
すると辺りの景色が開けてきた。
そしてやっと道路が下り始める。
「やっとてっぺんか!」
もう前を行くも後ろに戻るも同じ条件。
ここまで来たら一気に突っ切るしかないだろう。
今度は細い道をエンジンブレーキ全開で下る。
折れた木々が床下に引っ掛かったのかバキバキと音を立てる。
しかし躊躇している暇はない。
土砂崩れでも起きたら一巻の終わり。
一刻を争い下って行く。
するとだんだん大きな木が散らばり始める。
そして目の前で道を塞いでいた。
これはさすがに突破出来ない。
降りて気をどかして通過する。
今度はどこまで下りて行けば出口なのか?
ナビのGPSはすでに変な動きをしてリルートを繰り返す。
グーグルマップも自車の位置があまり動いていないので認識してないのか?
一体ここは何なんだ?
えらい所に迷い込んでしまった。
時折強く吹き付ける風。
しかしやっと暗闇の先に明かりが見えた。
進んでみるとトンネル出口みたいである。
どうやら抜けきったという事か。
何か走っていると変な音が床下からするが雨と暗闇で確認不能。
まあ今は走れそうなので
これはもう少し先に行ったら見てみよう。
しかし思ったよりかなり長かった。
グーグルマップで見ると短かそうだったが
走ると分かる。
あれだけどこまで登るの?っていう位の山道。
横にではなくタテに長い安房トンネル迂回路であった。
もし今度来ることがあれば
ここだけは有料でもいいからトンネルを通ろう。

 続きはこちら!
 「またやって来ました碓氷峠です!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

群馬へのルートは岐阜高山経由で進路を取る!

「鯖江市で一番安いガソリンスタンド!」 からの続き!

令和元年8月16(金) 0時30分

それでは福井県からショートカットで
岐阜県高山市を横切って乗鞍岳近辺の山岳地帯を突っ切って行く!


福井県勝山市にあるスキージャムのスキー場横から繋がる国道158号線で
まずは長野県は松本市を目指す。
途中九頭竜湖の峠を越えて白鳥リゾートへ抜け
白川郷方面に北上し飛騨清見 I.C.からの無料区間を使って
岐阜高山市へと抜けて行く。
そしてそこから更に所とカットで今度は乗鞍岳の山岳地帯を突っ切って行く。
抜ければ長野県。
そこからは少し迂回するような感じで軽井沢は碓氷峠を目指して行く。
今回一番の難所となる区間。
台風通過中に真夜中を走るのは必至となる事確実。
気を引き締めて行きたいと思う。

この辺りに見覚えがあると思ったら当時よく来ていたスキージャムの近所である。
そしてここから郡上八幡の白鳥エリアへよく抜けたものである。
あの頃は真冬なので雪が良く積もっていたな~。
しかしオデッセイRA2は4WDなのでチェーンなしで一気に駆け抜けて行ったものである。
今回はこの九頭竜湖を抜ける峠の所でちょうど台風10号と出くわす。
バケツをひっくり返したような雨に時折大きく車体を揺らす暴風。
タイミングの悪い時にややこしい所に来たもんだ。
前も後ろも車がいない単独走行。
これだけ振っていると地盤のゆるみが気に掛かる。
しかしもう半分位来てしまっている。
Uターンしても同じくらいの時間が掛かるので
ここは一刻も早く抜け切るようペースを上げよう。

P_20190815_222601_R.jpg
1時間位走ると白鳥エリアまでたどり着く。
今度はここから一気に飛騨の坂道遡る。

P_20190815_233454_R.jpg
懐かしのスキー街道を抜けると飛騨清見インターチェンジが見えてくる。
台風も少し落ち着いた。
今度は進路を東に長野を目指す。
途中今年訪れた高山市を経由。
そのまま国道158号線を走っていると
有料トンネルの安房トンネルが見えてきた。
一応今回もオール一般道で走る計画なのでここは通行せず迂回路を通る。
しかしこれが大誤算。
まさかこの後こんな事態になるなんて想像もしていなかった。。。

 続きはこちら!
 「此処はどこ?冗談抜きで遭難一歩手前の迷い道!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

鯖江市で一番安いガソリンスタンド!

「カニで有名な越前の道の駅で日本海見ながら温泉堪能!」
からの続き!

令和元年8月15(木) 20時30分

そろそろ峠越えなので余裕も見てガソリンを満タンにしておこうかと
24時間のスタンドを探して流している。
するとリッター@126円という看板を発見。
「うそっ!こんな金額で売ってるの?」
大阪では考えられない120円台!
さりげなく横に小さく消費税が書いてある税抜き価格ではないんでしょうね。
すごく気になるお店だったので寄ってみました。

(そのガソリンスタンドはこちら!)

坊商店 セルフ 鯖江給油所
 (住所) 〒916-0021 福井県鯖江市三六町1-15
 (TEL) 0778-42-5166
 (営業時間) 8時~21時

現在大阪だとガソリンはリッター136円位。
しかしこの坊商店というセルフのガソリンスタンドは
24時間スタンドではないが
リッター@126円という破格の金額で販売している。
驚愕である!
時計を見ると時間は20時30分。
ちょうど閉店間際に見つけた格好であった。
いや~しかし本当にこの単価で補給出来ましたよ。
ラッキーでした!

 続きはこちら!
 「群馬へのルートは岐阜高山経由で進路を取る!.」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

カニで有名な越前の道の駅で日本海見ながら温泉堪能!

「旅立ちは台風と共に!進路を北に出発せよ!!」 からの続き!

令和元年8月15(木) 18時30分

今回の温泉施設、道の駅 越前に到着する。
名前の察する通りここは越前ガニが有名な場所でもある。


「道の駅 越前」
  (住所) 〒916-0422 福井県丹生郡越前町厨71−335−1
  (TEL) 0778-37-2360
  (HP) http://www.echizen-kk.jp/michinoeki.html

お風呂が入れる道の駅を福井県で探していたら見つけた場所である。
お風呂は 越前温泉露天風呂 漁火で
営業時間は 平日11:00~22:00 / 土・日・祝10:00~22:00 となっている。
それではちょっと早いがお風呂でゆっくりと寛ぎましょうかね!

P_20190815_181516_R.jpg
道の駅越前の駐車場。
結構広いです。
そして左側の建物が本館となります。

P_20190815_181828_R.jpg
施設の案内地図。

P_20190815_182105_R.jpg
こちらが露天風呂の入口。
入って左側に番頭さんがいる。

P_20190815_182115_R.jpg
お風呂の料金は大人510円と言った感じ!
それでは早速入って行ってみよう。

入口で靴をロッカーに入れてロビーで代金を払うと券をくれる。
それをもって2階のお風呂場に行くと入口に番頭さんらしき人がいて
券を渡すとお風呂場に入って行ける。

お風呂場の間取りはこんな感じ!
  http://www.echizen-kk.jp/isaribi.html

浴場に入るとそんなに混んでいなくて快適。
露天風呂があるみたいなので行ってみよう。
表に出ると目の前に日本海がド~ン!って感じになっていて
潮風を浴びながら入るのがこちらのお勧めみたいである。
 (泉質) ナトリウム-炭酸水素塩泉。

 (効能) 神経痛、慢性消火器病、冷え性、皮膚病 など。
少しぬるめのお湯でゆっくりと浸かっていられる。
久しぶりの大きいお風呂だ~!
癒されるな~。
やっぱたまには息抜きするのも必要である。
それでは風が出てきましたね。
海沿いだから砂浜の砂が飛んできて痛いのであった。

 続きはこちら!
 「鯖江市で一番安いガソリンスタンド!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

旅立ちは台風と共に!進路を北に出発せよ!!

「走行距離1700㎞!大阪~北関東 3日間ルート!!」
からの続き!

令和元年8月15(木) 13時30分

最低気圧950hPaの巨大な台風10号が四国に上陸。
勢力圏内に入った和歌山が只今大雨暴風警報中。
大阪の方に影響が出始めるのは夕方5時頃との事。
目指す群馬へのルートは通常なら西名阪国道経由で名古屋を抜けて行くのだが
そのコースは諸に台風の影響を受けるルートとなっていた。
安全策を取るならまだ影響が及ばない日本海を通って迂回するルート。
距離を取るか、安全を取るか悩みどころである。
ニュースを見るとかなり荒れている台風。
しかも風、雨がかなり強い様子。
海沿いは危険と報道されている。
確かに波にさらわれても大変なので今回は遠回りにはなるが
日本海側から群馬エリアを目指す事とする。

まずはこのルートで福井県を目指す!

台風接近中の為か道路はガラガラ。
まるで夜中の能勢街道状態である。
隣の和歌山は大雨なのに大阪の方は風はあるけどお日様が出ている。
もうそこまで台風が来ているとは思えない天気。
やはり進路を北に取ったのは正解であった。
まず1つ目の目標地点、
舞鶴港の道の駅とれとれセンターまでを3時間位で走る。
余りの道の空き具合についつい軽快に走行。
回りの喧騒が嘘みたいな快適な道路であった。
ここから今度は日本海側を伝って福井県の道の駅越前を目標に走って行く。
この道を走ると昔よく若狭湾に海水浴に来たのを思い出す。
今も変わらず走りやすい道だ。
背後に迫る台風と追っ掛けっこしながら先を急ごう。

P_20190815_174135_R.jpg
敦賀市を越えて福井県に入ってくると
コーナーが連続する海沿い道路に突入。
しかし道は平坦なので走りやすい。
こういった道はオデッセイと相性が良い。
自ずとアクセルを踏む足に力が入ります。
少し雨が降ってきたか。
今回はオールラウンド用に
足回りはレイン用の30段階中の10段に設定して行こう!

 続きはこちら!
 「カニで有名な越前の道の駅で日本海見ながら温泉堪能!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| オデッセイ北関東峠巡り | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

走行距離1700㎞!大阪~北関東 3日間ルート!!

3日間1700km 大阪~北関東 走破ルート!

(現在は高速適用になっているので
 マップにしたらルートオプションで高速、有料道路をオフにして下さい。)


大阪から舞鶴に抜けて日本海沿いを福井県越前市へ。
そして岐阜高山へ入り乗鞍高原を横切り長野県松本市へ入る。
そして軽井沢の碓氷峠、群馬県の妙義山、伊香保温泉のある榛名山、
そして赤城山へと入る。
走行距離 722km


赤城山の群馬県から東京の西多摩エリアに向かい
神奈川県は箱根の芦ノ湖を通り静岡県沼田市でガソリン補給。
そして富士五湖の1つ山梨県の山中湖まで走る。
走行距離 418km


山中湖から富士山沿いの道の駅なるさわで買い物。
そして本栖湖に立ち寄って富士宮市で名物富士宮焼きそばを食べる。
あとは太平洋沿いを国道1号線バイパス通って名古屋、
そして亀山から西名阪国道で月ヶ瀬へ入りあとは奈良市内を抜けて
阪奈道路経由で大阪市内へ帰ってくる。
走行距離 497km

このルートでトータル総走行距離は約1700kmとなる。
今回はこの距離を約丸3日間で走破する。

 続きはこちら!
 「旅立ちは台風と共に!進路を北に出発せよ!!」

(TOPページ)
大阪から北関東をドライブした各記事はこちら!
「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」

| ドライブ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月