FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

本日より越境解除!やっと圏外に遠征出来る!!

今朝の新聞にコロナで規制が掛かっていた県外越境が
解除されると書かれてあった。
これで以前のように県外への往来が元に戻るといった所か。
確かに第2波の可能性はあるかもしれないが嬉しくも思う。
それでは現在梅雨真っ只中だが
雨が上がったら久しぶりに生駒山を越えてみようかと思う。

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| コロナ対策 | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

メンテナンス&ケア | 車・バイク | EDIT

最近走ってないなと見てみればタコメーターは3000回転!

コロナウィルスのせいでめっきりオデッセイで走る事も減った。
そんな中買い物に行く時
ふとタコメーターのピークホールドを見てみてびっくり!

P_20200421_090604_R.jpg
ピーク回転数が3200回転?
確かに近所の買い物位しか乗らなくなったので
あんまりアクセルは踏んでいないとは思っていたが
いやはやどうして!
ほとんど踏んでいませんね~。
こんな状況が続いたらバッテリーが上がりそうで怖いです。

オデッセイのタコメーターレビューはこちら!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」

| コロナ対策 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

今日は碓氷峠を30分!

コロナウィルスの緊急事態宣言が発令され
めっきりオデッセイに乗る機会がなくなる。
だがネット環境は元気な状態なので
自宅待機用に
群馬エリアに遠征に行った時の動画でも見ながら
感覚だけは衰えないようにイメージトレーニング。
お陰でコースはもうほとんど覚えたかな!

イメージトレーニング用プレイリスト!
「北関東&群馬エリア峠遠征プレイリスト!」

表は陽が差していてポカポカ!
車を出して運転席に座る。
目の前にスマホを置いてプレイリストを再生。
今日のコースは碓氷峠。
約4年前に行った峠だが映像を見ると昨日のように思い出せる。
シートに座りステアリングを握っていると
まるで碓氷峠を走っている気分である。
思いを東に馳せながら心を30分程走らせる。

PS.
イヤホン挿して聞いたら臨場感最高!

| コロナ対策 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

見えないコロナはタバコの煙をイメージして!

放射能とかなら計器で放射線を測れるので
現在ここが安全なのかは数値で認識する事が出来る。
しかしコロナウィルスは見えないので想像でしかウィルスを認識するしかない。
実に歯がゆい限りである。
なので一番の防御策は感染者に近寄らないと言うのが基本となる。
だが人と接しないで生活するのは至難の業。
そして周りを見ていると緊急事態宣言中なの?と思える環境も迷いの要因である。
なのでどういった状況が、
どれ位の人との距離感が安全なのか?
コロナウィルスを耳にし始めてはや1ヶ月以上が経過した今日この頃。
ちょっとコロナとの距離感が掴めてきたので書いておこう。

基本コロナは外で単独の時はあまり感染の危険は少ない。
また肌から感染というのも少ない感じ。
一番感染するの感染者の息が自分に届く環境。
いわゆる空気感染が大半ではないかと察する。
そこでウィルス=煙とイメージする。
例えで分かりやすいのはたばこの煙だろう。
そしてタバコの煙がもしウィルスだったらと考えると
結構危険なシチュエーションが思い浮かんでくる。

例えば車内だとすると
タバコを吸わない人なら一目瞭然だと思うが
車内でタバコを吸われるとすごくタバコの匂いを感じると思う。
原因は空気中に散乱したタバコの煙を嗅いだからである。
これをウィルスに差し替えるとどういった状況が危険かと察しが付くだろう。

そう!食事をする時隣の人が吸うタバコが気に掛かるとか?

待合室でタバコの匂いがしてくるとか?

タバコを吸っていないにも関わらず近づいてきたらタバコの匂いがしたとか?

タバコの煙をイメージすれば
意外と見えないコロナの存在をイメージ出来るのではないだろうか。
まだ未知なるウィルスであるコロナ。
細心の注意を払っても払いすぎる事はないので気を付けて行こう。

| コロナ対策 | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

3蜜には3力(りき)で対抗!

まだ治療薬が確立されてないコロナウィルス。
現時点での防御策は密閉、密集、密接の3蜜を避けること。
そして気力、体力、免疫力の3力を上げるのが
コロナウィルスへの特効薬となっている。
なので時間を取って訛った体を毎日鍛える日々。
最初上がらなかった腕立ても今では現役時代さながらまで復活してきた。
緊急事態宣言発令中でめっきり表に出ることが減った日々。
1日も早く元の生活に戻れる日を願うばかりである。


| コロナ対策 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コロナウィルス関連 | 心と身体 | EDIT

知恵と工夫が日本人らしい!

コロナウィルスのニュースでマスク不足対策として
大学の教授が3Dプリンターとクリアファイルで
マスクの代用品が作れるデーターをアップしたとの事。
また鳥取の役所では段ボールで間地切りを作り
小窓を開けてラップでコロナ用の窓口を作ったとの事。
どれも身近にあるものを使ったアイデア品である。
無いのなら作る。
材料がないなら何か使えるものを探す。
困った状況をほっとけない。
などなど。。。
こう言った感性は日本人ならではの所であり
職人としても見習うべき点多しである。

| コロナ対策 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コロナウィルス関連 | 心と身体 | EDIT

コロナウィルス!肺を消毒液でリフレッシュ!!

着目したのはマスクとアルコール消毒。
マスクが防御だとすると
アルコール消毒は攻撃を担う攻防一体の陣形。
この2つは確実にコロナウィルスに効果があると考えられているコロナ対策である。
今回はこの中の攻めの部分であるアルコール消毒に注目してみる。

仕事柄色入れをする時溶剤でシンナーやらアルコールを使うので
気化したガスを吸い込むことは日常茶飯事。
薬品的にはこれはダメで体に悪い。
しかしどれ位悪いかというと結構人間は丈夫に出来ているのか
今の所支障は出ていない。
まあ体に悪いと言ったらタバコの方が良くないでしょう。

溶剤が体に悪い=言い方を変えれば人間に効いている。
するとコロナウィルスの場合はアルコールの消毒液が効くらしい。
薬も効かないコロナウィルス。
現在人間がコロナウィルスに対抗出来る唯一の武器である。

守ってばかりでは戦には勝てない。
いつかは覚悟を決めて攻めて行かなければならない。
特に男は負けると分かっていても戦わなければならない等と
スポ根世代はそんな戦時中みたいな考えを持っている。

ここまではよくある日常である。
そしてここからは変わり者ならではの発想が暴走して行く。

コロナウィルスを駆除するのにアルコール消毒が効くのなら
体内に入ったコロナも退治出来るのではないの?
なのでコロナへの攻撃を外側から内側へ向けてみては?
方法は簡単!
アルコールの消毒液を吸ってみてはと考える。

実際アルコール消毒液は仕事で吸っているが
シンナー程体には悪影響はない。
まあこれだけ巷でアルコール消毒を励行している昨今。
少なからずみんな吸っていることだと思う。
しかしそれでも現在はあまり体調は崩していないのではないんだろうか?
燃料用のアルコールだと工業系なので体に悪そうだが
消毒用のアルコールは医薬品系なのでまだマシなのだろう。
という事で数日馬鹿な実験をしてみる。

毎日コロナ対策で手を消毒する時
一緒にアルコール消毒液を顔に近づけて気化したガスを吸う。
鼻から2回、口から2回と。
そして最後深く吸い込んで10秒息を止める。
イメージ的には肺の中に消毒液が行き渡った状態かな。
そして消毒液がコロナウィルスをやっつけれるのなら
多分肺に入り込んでいるコロナもこれで消毒出来ているはず?
そんな浅はかな考えだと思われそうだが
しかし理にかなっているのだとふと思った。

コロナウィルスを退治するのなら薬を開発して直すと言う
正攻法が筋だと思うが
しかし変わり者の目線から見ると現在効果があると考える
消毒液が効くのならそれを流用してみてはである。
もし消毒液の有害部分を取り除いて
体に害のない消毒液を作れたなら・・・。
それは薬を作るまでの繋ぎになるかと思う。

多くの人は馬鹿げた話と思う事だろう。
しかし閃きとはこういった話を真に受ける者が引き起こす。
そんな奇抜な発想を形にする柔軟な思考回路をもった人がいるとしたら
ISP細胞の山中教授を思い浮かべる。
彼なら吸い込んでも無害な消毒液を発明するのは可能なような気がする。
このアイデア、山中教授に届かないかな~。

| コロナ対策 | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |