FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

DOCOMO | 携帯電話・PHS | EDIT

ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!

nanoSIMサイズのFOMAカードが使えるガラケーを探して辿り着いた1台。
富士通のF-05G!
カテゴリはスマートフォンとガラケーの中間に位置し
SPモード携帯とも称されているようである。
最近めっきり減ってきたFOMA端末の救世主となるかガラホF-05G!
今回試しに入手出来たので使い勝手などを綴っておく事と致します。

1、「FOMAの電源が勝手に落ちる!原因はSIMカードの接触不良!!」
  (新たなるガラケーを探すきっかけはここから始まる!)

2、「復活のガラパゴス携帯!2台持ち最強のFOMA F-03A!!」

3、「新料金に向けてドコモ2台持ち環境を整える!」

4、「ドコモショップで大違い!標準SIMのナノSIMサイズへの交換手続き!!」

5、「2台持ちにお勧めのガラケーを調達する!」

6、「ガラホF-05Gの実力や如何に!」

7、「ガラホF-05Gのパケット代が掛からない通話専用設定!」

8、「ここからが本業!携帯をリペアして一気にランクアップ!!」

9、「そろそろ限界かFOMA F-03A!そして使いやすい後継機はこちら!!」

10、「ドコモ!着信が30秒で切れる原因!!」

11、「ガラケーとはケタ違いのガラホF-05Gの電池持ち!」

12、「着メロ設定が楽しいガラホF-05G!」

13、「ドコモの着信音一覧から登録した音楽を削除する方法!」

14.「ガラホF-05Gとガラケーとの電話帳コピーは赤外線で!」

15、「赤外線で電話帳を移行したらグループ情報が飛んでしまった!」

16、「ドコモでも出来ないガラホ(スマホ)から古いガラケーへの電話帳移行!」


過去に紹介した機種一覧!
(携帯電話)
「ドコモ F-09C!インプレッション レビュー!!」

(スマートフォン)
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

「ASUS ZenFone3 ZE520KL!インプレッションレビュー!!」

「ソニー Xperia Z3 SO-01G!インプレッションレビュー!!」

「スマートフォンOptimus G L-01E!インプレッションレビュー!!」

| 携帯電話 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ドコモでも出来ないガラホ(スマホ)から古いガラケーへの電話帳移行!

「赤外線で電話帳を移行したらグループ情報が飛んでしまった!」
からの続き!

ドコモのガラホF-05Gをしばらく使っている内に電話帳も増えたので
入れ替えるFOMA F-03Aにこの電話帳を移そうとする。
すると赤外線で移行するとグループ情報が飛んでしまっていたので
別の方法が必要となる。
「もしかしてすっごい手間かも?」
なのでドコモでやってもらおうとドコモショップへと行く。
するとF-03Aはドコモでは余りにも古い携帯扱いだったので
設置しているDOCOPY(ドコピー)では電話帳移行は無理であった。
「これは困ったぞ!」
ガラケーからスマホへは電話帳移行は出来たのに
逆のスマホからガラケーへは簡単には出来ないのか?
方法はありそうなものなのだが
しばらく電話帳移行はしていなかったのでやり方をすっかり忘れてしまっている。
確かmicroSDHCカードを使って.vcfファイルを認識させてたような気がしたが
少し記憶を整理してから再挑戦する事としよう。

後日、方法を思い出したので忘れないようにメモしておく!

方法の概要は
ガラホでもスマートフォンでもFOMAでも
取り扱うファイルはバックアップファイルのvcfファイル1択で
とにかくこのバックアップファイルを抽出出来れば
電話帳は機種を問わずに復元出来る。
方法は次のような流れになる!

まずはガラホF-05Gの電話帳をメモリーカードにバックアップすること。(大事!)

方法は電話帳を開いて
「サブメニュー」 の 「SD/SIMカード/共有」 を選択!

「SDカードへバックアップ」 でmicroSDHCカードにバックアップデータが出来る。

そしてこのメモリーを外してパソコンに繋げる。

P_20200317_002851_R.jpg
ガラホのメモリーカード内のファイルデーター。
バックアップファイルは 「SD_PIM」 の中にある。

P_20200317_002900_R.jpg
「PIM00001.VCF」 が電話帳のバックアップファイル!
これをパソコンにコピーしてデスクトップとかに一旦保存し
次はガラケーのメモリーカードにこのバックアップデータを移植して行く。

メモリーの取り扱いは同じ要領でガラケーのメモリー内に
バックアップデーターを保存する 「SD_PIM」 のフォルダーがあるか確認する。
無い時は一度ガラケーの電話帳をバックアップ。
方法は電話帳から 「サブメニュー」 で 「データコピー」 を選択!
「microSDへ全件コピー」 でバックアップフォルダーが作成される。

P_20200317_002952_R.jpg
これがガラゲーのF-03Aに出来たバックアップフォルダー!

P_20200316_234432_R.jpg
中を見ると
ガラホと比べると左のPIMデーターが余分に出来ているが
このファイルは無視してOK!
それではこのフォルダー内にガラホの電話帳のバックアップデーターを入れて行く。
ただここにコピー&ペーストすると同じファイル名なので上書きされてしまう。
なのでガラホのバックアップデーターのファイル名を変更してから
フォルダーにデーターを入れる。

P_20200317_003021_R.jpg
こんな感じでインストールする。
それでは最後はこのインストールしたバックアップデーターを
ガラケーで読み込んで行く作業をする。

F-03Aの場合、
電話帳データーを復元する時は

「MENU」 を開いて 「Lifekit」 を選択!

「microsSD」 を選択!

そして古いガラケーで電話帳移行する時によく行き詰まる箇所が次!(大事!)

ドコモの説明ではここは 「バックアップ」 を選択するが
microsSD を使って vcfファイルから電話帳を復元させる時は
「PIM」 を選択する。

そしてその中の一覧の 「電話帳」 を選択する!

P_20200317_003332_R.jpg
するとこれが先程インストールしたフォルダー内のバックアップデーター。
上がガラケーの電話帳データーで
下がガラホの電話帳データーとなるので
ガラホの電話帳データーにカーソルを持って行く。
ここで注意だが
このデーターをクリックすると電話帳が表示されるだけで復元作業は出来ない。
復元させるにはカーソルを置いた状態でサブメニューを開くと先に進める。

P_20200317_003405_R.jpg
雰囲気はこんな感じ!

「コピー」 と出てきたのを選択すると

「本体へ上書きコピー」 を選択。

これでグループ情報が継承された電話帳が復元出来る。

ちょっとした手順違いで立ち往生してしまうので手順通りに進める事。

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

赤外線で電話帳を移行したらグループ情報が飛んでしまった!

「ガラホF-05Gとガラケーとの電話帳コピーは赤外線で!」
からの続き!

ガラホ(半分スマホ)のF-05Gの電話帳を赤外線で
ガラケーFOMAのF-03Aに移したところ
電話番号と名前とかは問題なく移行出来たのだが
グループ情報が消えてしまっていた。
なのでグループ別に振り分けていた着信設定が使えない。
1つ1つグループの再登録するのは面倒だし
やっぱりドコモショップに行ってデータ移行してもらうしかないかな~?
面倒だけど1度行くしかなさそうだな。

 続きはこちら!
 「ドコモでも出来ないガラホ(スマホ)から古いガラケーへの電話帳移行!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 02:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ガラホF-05Gとガラケーとの電話帳コピーは赤外線で!

「ドコモの着信音一覧から登録した音楽を削除する方法!」
からの続き!

ドコモのF-05Gの電話帳データをガラケーのF-03Aにコピーしたりする時は
microSDHCのバックアップ機能を使って行うと相性なのか上手く出来なかった。
そして色々と試して一番確実だったのが
赤外線でのデーター送受信だったので方法を書いておく。

ポイントは赤外線のポート位置。
F-05Gは裏面のカメラレンズ横にある。
もう1つのFOMA F-03Aのポートも裏面のカメラレンズの横。
しかしちょっと合わせる時ズレていると送受信失敗したので
しっかりと位置合わせすることが必要であった。
それでは 「設定」 の 「Lifekit」 の 「赤外線接続」 から
送受信は可能なのでここから電話帳のコピーをさせて行こう!

それではF-05Gの使い勝手は大体分かったので
こちらは今後の2台持ち用の予備機として保管しておいて
しばらくはまた一番古いFOMA F-03Aを使っていく事としよう。

 続きはこちら!
 「赤外線で電話帳を移行したらグループ情報が飛んでしまった!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ドコモの着信音一覧から登録した音楽を削除する方法!

「着メロ設定が楽しいガラホF-05G!」
からの続き!

ドコモ F-05Gに音楽を転送して着信音に設定すると
着信音一覧のインストール音に登録される。
しかしこれが登録はされるが削除が出来ない。
なのでどんどん増える一方で困ってしまう。
そこで色々と設定していると削除する方法が見つかったのでメモしておく!

まずは音楽を転送したフォルダーを開く。
F-05Gの場合スマートフォンと同じ外部メモリーのmicroSDHCでOK!

その中の 「Music」 を開く!

登録した音楽を削除!

これでF-05Gの音楽情報が消えて
結果着信音一覧からも登録した音楽も消える。

普通に削除ボタンがあればいいのだが
この時代のスマートフォン移行期のガラホには
まだ装備されていない機能であった。

 続きはこちら!
 「ガラホF-05Gとガラケーとの電話帳コピーは赤外線で!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 07:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

着メロ設定が楽しいガラホF-05G!

「ガラケーとはケタ違いのガラホF-05Gの電池持ち!」
からの続き!

ドコモのガラホF-05Gにちょっと慣れてきたので
そろそろ本格的に着メロをインストールして行ってみる。
この機種はスマートフォンと一緒でCDの音楽等を転送して着メロ設定出来る。
しかし今のスマホみたいに熟成されていないので
所々未熟な部分も残っている。
その中で一番気になったのは対応拡張子。
メインで使っているFLACは基本使えない。
なのでMP3かWAVEファイルをチョイスして行く。

そこで手始めの作業はファイルの変換作業!
ここは有料ソフトのサイバーリンクのAudioDirectorを使っていく。

まずは選択した曲は
モトリークルーの 「Kickstart My Heart」

この颯爽としたイントロを前々から着メロに入れたいと思っていたが
入れてみるとこのイントロ部分の音が小さいことに気付く。

そこで着メロ用にイントロ部分だけ音量を上げる。

イントロの開始部分を+8db
そしてリズムが変わるセカンドエリアまでをフェードで音を落としつつ
そこからは+3dbでタイトルエンドまでを調整する。

この機種は小さいスピーカーが1つなので
着信音はポケットに入れているとちょっと聞きずらい。
なので出だしに勢いがないと着信した時分からず
セカンドエリアの盛り上がる部分まで鳴らないと着信に気づかない。
その問題を解消するために
鳴り出し部分を強調して対応させるといった曲に編集する。

編集された着メロを鳴らしてみると
良い感じでギターの音が入ってくる。
思わずその曲調を聞き入ってしまい
ついつい着信を取るのが遅くなってしまう始末。
これは運転中に着信すると一気にギアはMAXか!
安全運転のためにもちょっと着メロは選ぶ必要ありかもしれない。

 続きはこちら!
 「ドコモの着信音一覧から登録した音楽を削除する方法!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ガラケーとはケタ違いのガラホF-05Gの電池持ち!

「ドコモ!着信が30秒で切れる原因!!」
からの続き!

ドコモのガラホ F-05Gを使い始めて1週間が過ぎて
まだ1度も充電をしていない事に気づく。
そう!電池の減りが格別に遅いのである。
前に使っていたF-03Aは2日位で充電していたので
すごい電池の持ちである。
多分電池パックがかなり巨大なのも影響しているのだろう。
また通話専用にしているので余計な通信が発生していないのもあるだろう。
しかし1週間経って残りまだ30%も電池が残っているのを考えると
もしかしたらまっさらの電池だったら10日位持つかもしれない。
ガラホの電池はこんなに持つなんて。。。
ほんと驚きである。

 続きはこちら!
 「着メロ設定が楽しいガラホF-05G!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

ドコモ!着信が30秒で切れる原因!!

「そろそろ限界かFOMA F-03A!そして使いやすい後継機はこちら!!」
からの続き!

FOMA F-05Gを使い始めて最初に直面した問題がこちら!

P_20200306_092605_R.jpg
電話が掛かって来ると30秒ほどしたら勝手に着信が切れてしまった。

設定を見てみるもそれらしい設定は
呼出動作開始時間設定位しか見当たらない。
しかしこれが原因とは思えないのでもう少し検証してみる。

試しに自宅の電話から自分の携帯にコールしてみる。
相手の携帯のコール音はずっと聞こえている。
携帯を見ていると普通に着信している。
しかし30秒程したら切れた。
だが掛けている自宅の電話からはまだ引き続き相手の携帯のコール音が聞こえる。
どうやら携帯の方は切れているが
掛けている側はずっとコールしている状態みたいである。
おかしな現象である。
一度ドコモのサポート(151)に問い合わせてみる。
するとしばらく問答をしてある回答を頂く。

それは
「転送電話を設定されていますか?」 であった。

「・・・?」

寝耳に水!
「それが何か?」って感じであった。

サポートの説明を更に聞いて行く。
すると疑わしい箇所はこの転送電話の転送時間設定にあるらしい。
「多分時間が30秒とかで設定されていませんか?」 と質問される。
あまり記憶にはないがもしかしたらあり得ると返事。
すると一度転送時間の再設定を勧められる。
そして一度再設定してみる。

(転送時間の設定方法!)
1、まずは1429に電話を掛ける。(通話料は無料!)

2、そしてガイダンスが流れてきたら1番をプッシュ。

3、そして1~120秒で時間を入力して最後#を押す。
  今回は60秒にしてみた。

これで設定は完了!
再度着信テストをしてみる。
すると30秒を過ぎても着信は切れない。
しかし60秒経ったらプツッと切れた。
どうやら着信が30秒で切れた原因は転送電話の転送開始時間設定にあったようである。
これで着信はイメージ通りに出来た。
普段鳴ったらすぐ取る携帯なので
逆にこんなに着信音を鳴らすことが無いのが今まで気づかなかった原因でもあった。
それでは問題解決。
更なるF-05の検証を続けていってみよう!

 続きはこちら!
 「ガラケーとはケタ違いのガラホF-05Gの電池持ち!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

そろそろ限界かFOMA F-03A!そして使いやすい後継機はこちら!!

「ここからが本業!携帯をリペアして一気にランクアップ!!」
からの続き!

以前メルカリで買ったF-03Aの動作が最近どうも怪しい!
ボタン音が鳴らなくなったり電源が落ちたりと。。。
まあ毎日かなりハードに使っていたので
機器的に限界が来たと言ってもおかしくはないだろう。
そろそろ交換時期が来たと思い代替え機をストックしているガラケーから探してみる。

P_20200304_142144_R.jpg
現在ストックで持っている機種は

(一番右) F-03A(FOMA) 現在ドコモに登録されている機種変更で買った初期携帯。
     こちらの機種! 「F-03A!やはりこれが本命なのか!!」

(右から2番目) 今回調子が悪くなったF-03A (通常SIM)

(右から3番目) F-07F (FOMA) (microSIM)

(右から4番目) F-05G(ガラホ) (nanoSIM) の3台。

交換するなら同じF-03Aを使い所だが
最近中古市場でもめっきり減ってきたのを考えると
この機種変更の時に買ったマイF-03Aを使うのはちょっと気が引ける。
なので他の2台のどちらかをチョイスしようと思うが
いままでずっとスライド式を使っていたので
この2つ折りタイプは使いにくいな~。
だがあと5年もしたらガラケーは使えなくなるのを考えると
もうこれ以上は中古のガラケーは必要なさそうだし
どちらかで決めてしまうか~?
一応使用感をチェックして使いやすい方を選ぶ事としよう。

まずはどちらを使うにしてもSIMカードは小型化が必要で
この問題は先日ドコモで通常SIMサイズのFOMAカードを
nano SIM化してアダプターで使っていたので問題なし。

ナノSIM化の手順はこちらをご参照!
「ドコモショップで大違い!標準SIMのナノSIMサイズへの交換手続き!!」

次はガラホとFOMAの違いになるが
まずはF-05Gのガラホからチェック。
外観はガラケーと似ているが中身のレイアウトはスマホに近い。
なので設定とかはガラケーを基準に操作すると使いにくい。
またちょっとした細かい設定も無かったりする。
例えば電池の表示マークの変更とかアンテナアイコンの色を変えるとかである。
そう言った細かい設定はガラケーではお手の物で
逆に言うとそう言った設定が無いガラホはストレスである。
しかし反応はそんなに速くはないが許容範囲内。
細かい所まで気にして行くと切りがないが
実際電話しか使わないのであれば問題なしというレベルである。
ただ1点この点は見逃せないポイントがある。
それは着信音の設定に外部から入れた音楽ファイルが使える点である。
iモードを廃止している自分にとっては
着メロがインストールされているラインナップ以外も使えるのは有り難い。
2台持ちの人の場合この着メロ部分設定に幅があるのは捨てがたいガラホである。

それではもう1つのFOMA F-07Fも見て行ってみよう。
こちらはガラケーので操作感は直感で認識出来る。
またF-03Aと同じ富士通なので使い方も似ていて違和感なく使える。
これは機種変更する時には大きなポイントで重要である。
スライド式と2つ折りと言う以外はあまり悩む心配がない機種なので
交換するならこちらの方がお勧めである。
ただ動きはかなりまったり!
F-03Aのようなキレのあるボタン反応しないF-07Fは動きの方でストレスである。

FOMA全盛期のスライド式機種に比べると
スマホ移行期に出てきた上記2機種は
どちらかと言うとメーカーの熱意みたいなものが込められていない機種でもあり
とりあえず2台持ち用に通話が出来たら良いのでっていう人にはお勧めではあるが
でも昔の全盛期時代のFOMAを使っている者にはちょっと物足りない所もある。
しかしこのどちらかを代替え機種として使わないといけないので選んでいく。
そして決定した機種はガラホのF-05G!
やはりちょっとでも反応が速く
あと着メロが今のスマホみたいにCD音源を使えるというのは魅力的である。
早速どんな使い勝手になるのか
SIMカードを入れ替えてしばらく使って行ってみよう!

 続きはこちら!
 「ドコモ!着信が30秒で切れる原因!!」

TOPページはこちら!
「ドコモ ガラホF-05G!インプレッション レビュー!!」

| 携帯電話 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

3G終了決定!名機F-03Aも令和8年3月末まで!!

今日の新聞に3G回線の廃止が決まったと書いたあった。
期日は2026年(令和8年)3月末まで。
遂にドコモガラケーの終焉を迎える日が訪れる。
「今だったら好きな番号あるよ~!」 と
店頭で携帯電話が売られていた日が懐かしい。
しかしこれで更にデジタル化が進むだろう。
次は5Gだがガラケーが無くなる日には
更に進化が進みターミネーターの時代も現実を帯びてくる。
AIが席巻するのか?
もしくはマッドマックスのような世紀末が来ているのか?
近未来という絵空事が現実味を帯びてきた。

PS.
時代が進めば進むほどこのスライド式のF-03Aは使いやすい。
また独特の丸みを帯びたちっちゃいボディーも可愛らしい。
ネットに繋げるならスマホだが電話だけなら今でも抜群の使いやすさである。
ガラパゴス携帯って言われてもへっちゃら。
オデッセイと同じく
良いものは良いと持っている事への満足感が続いて行く。
こういった製品を自分も提供出来るように
日々これ修業を怠りなく!
毎日の鍛錬がいい商品を作るのだと実感させられるのであった。

F-03Aとはこんなガラケーなのだ!
「F-03A!やはりこれが本命なのか!!」

| 携帯電話 | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT