FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

カスタム | 車・バイク | EDIT

比較して見えてきた事!そして自分だけの1台だと気づいた事!!

「仮想阪奈道路対決!MPVにはオデッセイRBアブソルートが必要か?」
からの続き!

今回のMPVスペシャルとの走行会は実に有意義であった。
そして色々と再認識することも多かった。
その辺りを総評としてまとめておこう。

(MPVスペシャル)
ノーマルだと広くて荷物もいっぱい乗せれてまさにファミリーカーを形にした1台である。
しかしチューンナップするとそれは豹変する。
がっちりとした足回り。
機敏な加速。
そして特筆することはボディの剛性である。
これは素が良いというのもあるだろうが
足回りの強化と相まってその効果は絶大である。
車重は1.6t越えという巨体ではあるがしかしその重さを感じさせないフットワークである。
スカスカのエンジンルームもそうであったが
意外と見た目以上にクリアランスは大きい。
なのでボルトオンターボも出来ればかなり大きいタイヤまでインチアップ出来る。
基本性能が充実していると言っていいだろう。
マツダのミニバンMPV!
確かにいい車であった。

(オデッセイRA2)
ミニバンの先駆者的存在のホンダが誇る初期型オデッセイ。
もう20年以上も昔の車であるが
しかし今でも乗る者を飽きさせないコンセプトは見事である。
決してどれかが突出して良い訳ではない。
しかしどれかが不満という訳でもない。
まさに車はトータルバランスが大事と実感させられる。
基本性能の高さではオデッセイもMPVには負けていない1台である。
ここまではノーマルでの話!
このベース車をチューンナップして仕上げて行くと今のこのオデッセイになる。
主に阪奈道路の下り専用に仕上げているので
まあかなりコースが特化したマシンに仕上がっているとは思う。
ただ基本性能はかなり高くなったので県外遠征に行ってもかなり対応してくれる。
そんなオデッセイを今回のMPVスペシャルと比べると色々と違いを実感する。
まずは足回り。
こちらもかなりショックは強化している方だと思う。
しかしMPVはブレることなく地べたに引っ付くような安定感があった。
反対にこちらのオデッセイはというと足は固いがその分跳ねる。
熟成された市販車だとしっかりストロークした上で固いといった感じなのだろうが
そういった点が多分まったくないと言っていい。
だから減衰圧を下げるとストロークはするがフワフワとする。
と言って固くすると跳ねる。
しかし癖は強くても曲げようと思えば曲がるので
そこは乗り手次第っていう足回りである。
そして次はボディー剛性。
これはドアを開けた瞬間に「負けた!」って言えるくらい
オデッセイは弱い。
そう!それはまさに昔乗っていたグランドシビックと同じインパクトである。
そんな脆いボディーを強化して行くと確かに剛性は上がってゆく。
しかしそれは骨格が太くなった訳ではなく
ただ要所要所を補強して強度を上げているにすぎない。
なので限界域に行った時強化されてない素の部分は悲鳴を上げる。
しかし悲鳴を上げながらでも踏みとどまり限界域を上げて行く。
それはまさしく諸刃の剣。
軋む音と共にボディーは確実に蝕まれていく。
そんなボディーがまさに自分のオデッセイで
それ故に1つ1つのコーナーを曲がるのにこちらも魂を削って走っている。
だからだろう!
今の電気自動車に乗ってもすぐ冷めてしまうのは。
車を走らすのは基本ガソリンや電気であるのは間違いない。
しかし自分のオデッセイの場合はプラス気持ち=魂を注いで走らせている。
だからこの車に乗った時は心が躍るし1つ1つの挙動が楽しい。
運転は運転なのだが質が違う。
運転する事の意味がこのオデッセイの場合は違うのである。
車はあくまで機械である。
しかしずっと乗り続けていると本当に車からの声が聞こえるようになる。
それは言葉ではなく伝わって来るもの。
20年以上も同じ車に乗っている者って言うのは
多かれ少なかれこの域に到達している人が多いと思う。
それ故にそれだけ長く乗れるという事でもある。
始めは誰もが普通の車を乗る。
しかしずっと気持ちを注ぎ続けているとその車はいつしか生涯の友へと変わってゆく。
今乗っているこのオデッセイは20年以上の月日を掛けてこの形になった。
見た目はほとんどノーマルだがしかし運転席に乗りステアリングを握って走らせると
もうオデッセイとは思えない車になっている。
車のたわみを無くしガチガチの鎧をまとう。
路面からの衝撃はダイレクトに自分まで到達。
ハンドルも地面のうねりを緩和することなくダイレクトに伝えてくる。
まさに暴れん坊。
決して乗りやすくはない。
しかし自分にはピタリとハマる。
限界域でのあの何とも言えない違和感。
限界を熟知してない者が操縦すると一気に破綻しかねない脆さ。
それらを極限まで引き出して限界紙一重の所をコントロール出来るのは
長年乗っている自分だけだと思っている。
それは技術であり思いやりでもある。
この車の性能は良くも悪くも自分次第!
そういう意味ではもう自分専用の1台と言っていいだろう。
この二人三脚はどこまで続くかわからない。
ただ2人のゴールはまだ先にありそうである。

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!

今回、
「ショーリンさんってオデッセイのブログとか書いてはります?」 と言われる。
なので
「多分書いてたりしてますけど?」 って言うと
「やっぱりそうなんだ!実は私もMPVを20年位乗ってるんですよ!!」ってなった。
いつも会っているのだが
まさかそんな印象がなかったので車の話なんてまったくなし!
だから青天の霹靂状態で
一気に車の話で盛り上がってしまった。

マフラーとかセンターパイプも交換してて
足回りに車高調も入れてるんですよ!
そしてお客さんの所で分けてもらったカッティングシートでステッカーチューン。
色々と手を掛けている様子が伺えた。
スマホに愛車の写真があって見せてくれた。
「おっ!これはどう見ても普通ではないぞ!!」
素人目で見てもはっきりと分かるそのインパクト。
久しぶりに込み上げてくる衝動を覚える。
「今度時間があったら是非実車を見せてもらえませんか?」
するととんとん拍子で後日会う日の話が決まる。
そしてあのスペシャルなMPVを見れる日がやって来た。
いや~!すごかったですよ。
MPVってこんな車だったの?って
今までの印象が根底から覆されました。
色々と楽しかった。
そして久しぶりによく喋った。
やはり同じ趣味の者が会えばこうなってしまうんだなって1日でした。

それでは色々と体験してきましたよ~。
そう!それはオデッセイとの走りの違いとかも含めてね。
今回は貴重な体験がてんこ盛り。
なので気合を入れてレビューを書いて行きますね!

1、「朝も早よから居ても立ってもいられない!」

2、「実車を見るとすごいぞこの存在感は!」

3、「マツダ MPV スペシャルのスペック表!」

4、「轟く柿本センターパイプ!噂と違ってジェントルメンな響きである!!」

5、「ビクともしないその曲がり!トラック並みの剛性感である!!」

6、「ミニバン対決!静かなる2人だけの交流戦!!」

7、「なんだMPVのその加速!ついてけないぞ!!」

8、「仮想阪奈道路対決!MPVにはオデッセイRBアブソルートが必要か?」

9、「比較して見えてきた事!そして自分だけの1台だと気づいた事!!」


オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

| メンテナンス | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

仮想阪奈道路対決!MPVにはオデッセイRBアブソルートが必要か?

「なんだMPVのその加速!ついてけないぞ!!」
からの続き!

今回のMPVスペシャルの体験は衝撃であった。
まさかあんなに速くてそして曲がるとは思わなかった。
今まで色んな車を見てきたが
想像と実際のギャップがこんなに大きかった車は久しぶりである。
それでは記憶に刻まれたMPVの走りをイメージに貼りつけ
もし阪奈道路でお手合わせしたとしたら
果たしてうちのオデッセイは太刀打ちできるのかを
仮想阪奈道路対決といったシュミレーションで見て行ってみよう。

加速性能は多分ほぼ同じ位と見ていいだろう。
しかしアクセルを踏み込むタイミングがちょっとでも遅れると
その差は最後まで縮まらない。
なので上りの場合先行を許すと先にコーナー出口につくMPVは
オデッセイより先にアクセルを開けて行くので有利となる。
それでは突っ込み勝負で差を詰めろとなるが
車重差が100㎏程度だとどこまでその効果があるだろうかである。
またコーナー勝負を仕掛けてもあの強靭な足回りは結構踏ん張りが利きそうで侮れない。
そうすると上りに関しては先行されたら手も足も出ないかなと思われる。
ついて行くには以前乗ったオデッセイRB3アブソルートクラスの走りが欲しい所である。

この辺りの記事参照!
「オデッセイの神様が舞い降りた!」

「ついに見つけた!アブソルート!!」

(結論!)
上りは先行されたらジ・エンドと思った方が良いだろう。
それでは次は下りの方もシュミレーションしてみよう。

下りはパワー差を補える2つの利点がある。
1つは下りによる恩恵。
もう1つは軽い車重である。
どちらかと言えば下り専用に仕上げてあるオデッセイRA2。
ここでは上りのように先行されても巻き返せるポイントが幾つかあるので
そこを確実に押さえて行くのが作戦となる。
まずはUターン直後のストレートは妥協することなく頭を押さえに行く。
そして橋上のコーナーでは1kmでも2kmでも早く立ち上がり
次の左コーナーで軽い車重を生かして一気に頭を取る。
すると立ち上がり加速は勝っているだろう。
その加速を生かしてサブロクまで全開。
そして唯一フルブレーキングを必要とするサブロク進入時に
ブレーキを限界まで酷使して減速し限界域で曲がると
オデッセイのボディーは悲鳴を上げるかもしれない。
しかし補強されたボディーを信じてアクセルは緩めず
そのまま最終コーナー目掛けて一番の泣き所の最終ストレートを駆け下りて行く。
ここが一番危ういかな。
幾ら強化されているとは言えあのフワフワ感は完全に解消しているわけではないので。
もしこのポイントでの安定感がMPVの方が勝っていたら
ここまでに稼いだマージンは一気に失う事となるだろう。
そして決着は阪奈道路最速の超高速コーナー。
すべてのセッティングがこの1点のためだけに試される最後のコーナーである。
ここだけはドライバーの腕と度胸と車の性能がもろに出るので
出来ればここが勝負所とならないように戦略は組み立てたい所である。
車の性能は拮抗しているので
勝敗の分かれ目は小さなミスの積み重ね。
一瞬の迷いが雌雄を決する事だろう。

まあ仮想シュミレーションを立てるとこんな感じかな?
今回MPVを実際に見た印象からすると
「ちょっとこれはクラスが違うんじゃないの?」って弱気になるのだが
それ位MPVスペシャルはすごかった。
ミニバンと思って侮っていると痛い目にあうぞって思えた1台でしたね。

 続きはこちら!
 「比較して見えてきた事!そして自分だけの1台だと気づいた事!!」

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

なんだMPVのその加速!ついてけないぞ!!

「ミニバン対決!静かなる2人だけの交流戦!!」
からの続き!

それではチェックポイントのトンネルが近づいて来る。
MPVが少し加速して行き車間が広がる。
遅れ時とこちらもアクセルを踏む。
しかしその差は縮まらず広がり続ける。
「速いな~!」
いつもの感覚でアクセルを踏んでいては追いつけない様子。
躊躇していてはこれはダメだと悟し
スイッチを切り替えてアクセルを入れて行く。
そしてトンネル手前で追いついたかと思った瞬間
先にトンネルに進入したMPVのエンジン音がVTECばりに変化し
更にもう1段階加速して行った。
「追いつけない!」
速い!何が何だか分からない目の前を行くMPVの加速。
トンネル内にはつんざくような金属音。
そして地を這うような重低音。
まるであたかもマフラーが楽器を奏でているかのように
音の塊をオデッセイに浴びせてくる。
さっきの駐車場で聞いた音とは全然違う。
すごいな!
いや凄まじいと言った方が正しいか?
「トンネル内で聞く柿本サウンドはすごいよ~!」 
とほのめかす通り
トンネル内はちょっとしたオーケストラと化していた。

PS.
「トンネルに入ってからの加速すごかったね~。
もしあれが全開でなかったら手も足も出ないかな?」 って聞くと
あの瞬間はアクセル全開でレッドゾーンまで行ったとのこと。
どうやら最高の柿本サウンドを聞かせたかったみたいで
いわゆる思いっきりサービスしちゃいましたって感じでした。
しかし全開で行った時のMPVは速かった。
そしてトンネル内を共鳴するエキゾーストノートも迫力満点。
すごかったな~。
こんな経験は滅多に出来るものではございません。
感謝感激雨あられ!
久しぶりに時間の経つのを忘れてしまってます。

 続きはこちら!
 「仮想阪奈道路対決!MPVにはオデッセイRBアブソルートが必要か?」

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

ミニバン対決!静かなる2人だけの交流戦!!

「ビクともしないその曲がり!トラック並みの剛性感である!!」
からの続き!

横にちょこっと乗せてもらっただけですがすごかった。
いや~!MPVってチューニングするとこんな風になるのかって
オデッセイ大好き人からにはとても新鮮な体験であった。
それでは体験乗車は終わりこの後モーニングでも如何となる。
どうやらお勧めのお店があるらしい。
なのでそこまで2台で移動することに。
途中トンネルがあるらしく
そこだと今度は外部から柿本のセンターパイプサウンドが堪能出来るらしいので
道中は後追いで付いて来て下さいと言われる。
それではモーニングしに場所を移動して行きます。
駐車場から出て少し山間の方に進んで行く。
すると信号も無くなっていき道が蛇行し始める。
しかしブレーキランプは一切つかない。
この速度域では不要という事なのだろう。
後ろをずっとついて行く。
とてもリズミカルで走りやすい。
どこか懐かしい感覚。
そう!これは仲間でツーリングに行ったりする時の感覚である。
いつも1人で走り回ってばかりなのでこの感覚は懐かしいですね。
たまには誰かと一緒に走るのはありかも!
それでは2台連なって走って行く。
いつもと違う交流戦が静かに幕を開けて行く。

 続きはこちら!
 「なんだMPVのその加速!ついてけないぞ!!」

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

旧車 | 車・バイク | EDIT

BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
4代目ショックとなる
BCレーシング車高調レビューです!

(車高調編!)
1、「オデッセイのBR化計画始動!」

2、「現在のオデッセイの足回り状況!」

3、「大阪で持ち込み車高調を取り付けるならこの2件!」

4、「BCレーシング車高調のオーバーホールイメージ!」

5、「BCレーシングを選んだ最後の決め手はスタッフの対応!」

6、「BCレーシングの車高調到着!これはオデッセイ最強の予感かも!!」

7、「車高調取り付け最終打ち合わせをしに再度ミスタータイヤマンへ!」

8、「オデッセイRA2のショック交換開始!」

9、「BCレーシングとカヤバショックを比較!」

10、「オデッセイ!リヤ側 車高調 取り付け開始!!」

11、「オデッセイ!フロント側 車高調 取り付けで形状アクシデント発生する!!」

12、「オデッセイの車高調取り付け時間は2時間位でした!」

13、「オデッセイの新しい足回りは何とも言えない違和感だらけ!」

14、「BR DAMPERの減衰力調整ダイヤルの場所!」

15、「オデッセイのBCレーシング車高調データと外観写真!」

16、「初期型オデッセイの地上高は後輪部分のマフラーが一番低い!」

17、「オデッセイ テスト走行開始!阪奈道路1周目上りデータ!!」

18、「オデッセイ(ミドル)!阪奈道路1周目下りデータ!!」

19、「オデッセイ(レベル最強)!阪奈道路2周目上りデータ!!」

20、「オデッセイ(レベル最強)!阪奈道路2周目下りデータ!!」

21、「オデッセイ(レベル最弱)!阪奈道路3周目上り&下りデータ!!」

22、「オデッセイ&BCレーシング車高調の阪奈道路テスト走行レポート!」

23、「オデッセイ!フロント5mm落としてグッドハンドリング!!」

24、「オデッセイ in 能勢!今宵のテスト走行はレイニーナイト!!」

25、「4輪アライメントに向けてのBCレーシングテストまとめ!!」

26、「いよいよ大詰め!4輪アライメント開始です!!」

27、「4輪アライメントの効果絶大!」

28、「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法 パート2!!」 OK!

おまけ!
「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」
(ショックの性能をフルに発揮させるためにタコメーターを装着しました!)


(ボディー剛性アップ編!)
1、「山野自動車式チューンナップでオデッセイの剛性を上げろ!」

2、「補強パーツ1つ目!オデッセイのロアアームバー到着!!」

3、「補強パーツ2つ目!オデッセイのストラットタワーバー到着!!」

4、「補強パーツ3つ目!オデッセイのリジカラが到着!!」

5、「代車プリウス最恐伝説!初のハイブリッドにタジタジです!!」

6、「プリウス in 阪奈道路!」

7、「プリウス!熱しやすく冷めやすいではある意味最速である!!」

8、「ついにオデッセイが帰ってくる!」

9、「オデッセイの補強パーツ取り付け風景の写真!」

10、「この手応えそしてこの振動!これは確かに何かが違うぞ!!」

11、「リジカラは超高速域でこそその真価を確信出来る!」 OK!


(ブレーキ交換&インチアップ編!)
1、「1点集中!オデッセイの阪奈下りプロジェクト!!」

2、「詰める区間はこの2ヶ所!サブロク手前と最終コーナーまでの区間!!」

3、「オデッセイのブレーキローターはこのDIXCELで決まり!」

4、「比較!オデッセイのお勧めブレーキパッド!!」

5、「オデッセイのインチアップ情報!タイヤ&ホイール編!!」

6、「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

7、「オデッセイNewアイテム!17インチホイールと50タイヤが到着する!!」

8、「オデッセイ用レイズのホイールロック&ナットセットの取り付け方!」

9、「オデッセイ RAYS ITC SEBRING EVO 17インチ 外観写真!」

10、「オデッセイ!FALKEN ZIEX ZE912 215/50r17 タイヤレビュー!」
   (各コースでテストした結果レビューです!)
    (一般道路編)
    (阪奈道路編)
    (能勢&箕面編)
    (柳生の里&月ケ瀬編)
    (高速道路編)
    (山梨県 本栖みち編)
    (静岡県 富士山編)

11、「オデッセイのNewブレーキパッドZBP Type HS2 到着!」

12、「オデッセイ用ブレーキローター!ディクセル PDタイプが到着!!」

13、「オデッセイのブレーキパッド&ディスクローター交換費用!」

14、「ZBP ブレーキパッド HS2&DIXCELディスクローターPD レビュー!!」
   (New ブレーキパッド&ローターのレビューです!)

15、「オデッセイのブレーキ交換経過レビュー!交換直後写真!!」

16、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!1Km走行後!!」

17、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!1km~200km走行後!!」

18、「ZBP&ディクセルでブレーキ交換!200km~500km走行後!!」

19、「遂に来ました!オデッセイのブレーキ リミッター解除の日!!」

20、「オデッセイの三位一体の華麗な技が舞う!」

21、「ZBPパッド & ディクセルローターでのブレーキ装着テスト結果!」

22、「オデッセイ!阪奈道路下りの最終チェック開始!!」

23、「今も健在六甲山の猛者達!さすが関西屈指の峠である!!」

24、「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

25、「車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!」


(スタビライザー編!)
1、「オデッセイ最終補強パーツ!スタビライザー到着!!」

2、「山野自動車で工場長とスタビライザー装着で打ち合わせ!」

3、「これが俺のオデッセイ?ふふふ!何、これ、どうしたの!!」

4、「オデッセイのスタビライザーをチェック in 阪奈道路!」

5、「お待たせしました!ピレリP7 満を持して投入です!!」

6、「最終調整の4輪アライメントに向けて打ち合わせ!」

7、「やっぱ最高!店長の4輪アライメント!!」

8、「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」
  (各コースでテストした結果レビューです!)
   (一般道路編)
   (阪奈道路編)
   (柳生の里&月ケ瀬編)
   (阪神高速道路 環状線編)

9、「オデッセイ&ピレリのインチアップタイヤ適正空気圧計算方法!」

10、「ビシッと決まる!オデッセイ ピレリ 2.75kg/cm2 空気圧!!」

11、「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」

12、「何気に速い!ゴルフ帰りを侮るなかれ!!」

13、「ついに見つけた!アブソルート!!」


(レカロシート編!)
1、「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」
  (レビュー多くなってきたのでこちらにまとめました!)


(3年使用後の状況編!)
1、「オデッセイのBCレーシング車高調の装着3年後状況!」

2、「オデッセイRA2!歴代の装着した足回り情報!!」

3、「オデッセイのBCレーシング車高調はノーマル車高に出来るのか?」

4、「何かを犠牲にして手に入れる!それがチューニング!!」

5、2年3万km使ったピレリP7をタイヤ交換!」

6、「めっちゃ曲がるやん!NewピレリP7!!」

7、「クスコの強度計算では折れるかもしれない!」

8、「今度はきちんとレイズのロングバルブを入れるのだ!」

9、「オデッセイ用クスコ調整式リヤアッパーアーム到着!」

10、「リヤの車高調を目一杯上げてノーマル高に持って行けるか?」

11、「オデッセイのリヤアッパーアームはここに付いているのだ!」

12、「クスコ調整式とノーマルのリヤアッパーアーム写真!」

13、「オデッセイの新旧4輪アライメントデータ表!」

14、「何か地に足が付いていないような違和感?」

15、「オデッセイの車高データーを写真にて!」

16、「初めて見たかも!オデッセイ用 H8年式 RS-R M6-3037 マフラー!!」

17、「新たな足まわりを身に纏い阪奈道路でいざテスト走行開始!」

18、「後ろにボックスウーファーでいい曲がり!」

19、「ピレリP7の空気圧と接地データ!」

20、「このセッティングの方がお前には合っている!」

21、「よみがえる感覚!完全復活のオデッセイふたたび!!」

22、「ブレーキパッド末期!限界に来た時はこんな異音が鳴る!!」

23、「ZBPパッドの耐用年数!2年/37000㎞でF3mm/R0mm!!」

24、「ZBPブレーキパッドの購入方法!」

25、「今日からオデッセイはオフシーズン!」

26、「待ってましたZBPブレーキパッド!これで普通に走れるぞ!!」 OK!

27、「ZBPブレーキパッドで真っ黒のアルミホイールを簡単に洗う方法!」

28、「2年ぶりのオートライフ!持込みブレーキパッド交換開始!!」

29、「いい音してるな~!RS-RのオデッセイRA2!!」

30、「ブレーキ復活!やっぱ最高気持ちいい!!」

31、「走り納め!そしてぼちぼと踏んで行ってみましょうか!!」

32、「ブレーキング完了!フルスロットル開放!!」


取り付けた車高調ダンパーキットはこちら!

BC RACING 車高調 BR DAMPER (オデッセイRA2用)

オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
いつものオイル漏れ剤の情報も書いてます!
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

オデッセイのショックレビューはこちら!
カテゴリ 「ショック&足回り情報」

愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

| ショック&足回り情報 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

愛車と日常 | 車・バイク | EDIT

それゆけオデッセイのレカロ化計画!

これは私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2の
レカロシート取付け記録である。

きっかけは足回りの強化に伴ってホールド性を向上させるため。
純正シートでも大丈夫な範疇ではあるが20年乗り続けれたという記念も兼ねて
今回はシートを新調しようと考える。
候補はシートと言えばレカロ?っていうイメージしかなかったので
迷う事なく思い込み一直線でレカロが筆頭になる。
当初はホールド性重視でリクライニング式のバケットタイプを視野に入れていたが
時代ですかね。
今はミニバン用にFタイプという座面フラットの使い勝手がいいシートも出ていた。
なので時代遅れの知識を一新する為にレカロ試座しにトライアルへ行く。
しかしこれが運の尽き!
実物に触れるとどんどんレカロの魅力に吸い込まれて行く。
またそこで受付の子や社長が熱く力説してくるのを聞いたものだから
もうすっかり「レカロを入れるぞ!」って気になってしまった。
もうそろそろ車も乗り換えするかもねっていう状況もどこ吹く風。
今は毎日夢中でどのシートがオデッセイに似合うかな等と妄想爆発。
日々レカロが付いたオデッセイに乗って想像の世界を走り回っています。
果たして夢を現実にすることが出来るのかオデッセイ!
今ここにオデッセイのレカロ化計画が動き始める・・・。

1、「レカロSR-6 GK100S最高!でも降りられないかも?」

2、「今までで一番チューニングテイストでレカロの多いオートバックス!」

3、「オデッセイのレカロSR-6、SR-7、SR-7F&lassic装着比較写真!」

4、「レカロシートレールの入荷連絡が届く!」

5、「SR-6、SR-7、SR-7F、lassicタイプの長所と短所まとめ!」

6、「レカロSR-7 lassicのサイドサポート乗り越え特訓!」

7、「レカロを選ぶ前に自分のドラポジを見てもらおう!」

8、「素直で行こう!ミニバンには絶対レカロSR-7Fがいいんだってば!!」

9、「レカロ!トライアルのシートレールはかなり落ちるぞ!」

10、「レカロシート!-25mmのオデッセイの視界!!」

11、「トライアルポジション+2が楽ちん!でも腰が痛い!!」

12、「レカロシートは立てる程に楽だが度が過ぎると血流悪化!」

13、「足元スカスカ シートベルトスイスイのSR-7Fレカロちゃん!」

14、「とにかく硬い!レカロlassicはベンチシートに座布団1枚 !!」

15、「すごく視線を感じるんですけど!」

16、「レカロ SR-7F lassic グリーン 装着写真&動画!」 (動画)

17、「ステアリングが回せない!」

18、「圧迫してるのか?鼻血が出てきた!」

19、「オデッセイ用レカロシート高さ調整データー記録!」 (重要)

20、「レカロで劇的に変わる右コーナー!」

21、「オデッセイ de レカロ in 阪奈道路!」

22、「オデッセイ de レカロ in 柳生の里~月ケ瀬区間!」

23、「オデッセイ de レカロ in 箕面~能勢区間!」

24、「トライアルの車検用レカロ強度保安基準適合証明書!!」

25、「お洒落にバンダナ巻ですれ防止!」

26、「レカロのローポジション化は購入時は一番高くで慣れたら落そう!」

27、「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」

28、「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

29、「レカロの肘干渉にはランバーサポートは有効!」

30、「格好より実用性!シート高は目一杯高めが運転しやすい!!」

31、「真夏にこそ真骨調!グラスメッシュはかなり涼しい!!」

32、「レカロ!普段乗りポジションを阪奈道路で検証!!」

33、「比較!レカロ lassic 汚れ方チェック!」

34、「やっぱレカロでローポジションは最高だね!」

35、「沈むポジションに潜り込む様な視界!これは燃えますね!!」

36、「シートを落したら気分は一気にスポーツカー!」

37、「レカロSR-7Fは夏と冬とでセッティングを変えて乗ろう!」

38、「レカロ ロングドライブ チェック完了!」

39、「レカロで肘(ひじ)が当たる時のセッティング!」

40、「中低速用のレカロポジション決定!」

41、「亥年最初の柳生の里~月ケ瀬区間でレカロチェック!」

42、「最近首が痛いのはローポジションのせい?」

(1年経過!)

43、「ちょっと分かってきた痛くなる時のレカロポジション!」

44、「レカロを激変させるNewアイテム!その名はモモステ!!」

45、「オデッセイのステアリング!ナルディからモモへの交換方法!!」

46、「35φにするとレカロ環境は激変する!」

47、「36φから35φにするとレカロシートは1つ前に寄せれる!」

48、「レカロの肘対策!小径ハンドルは威力絶大!!」

49、「オデッセイのレカロ&momo race in 阪奈道路!」

50、「足が攣った?体がブレる?そんな戯言許しませんよ!」

51、「暴れん坊オデッセイをフィットネスバイクで乗りこなせ!」

52、「筋力アップと共にオデッセイの走りが研ぎ澄まされてゆく!」

53、「オデッセイの走りが高次元の域に入ってきた!」

54、「レカロでグリップ太いmomo raceのポジションはこの2パターンで対応!」

55、「運転席だけレカロなら助手席の人は転げまくり!」

(1年半経過!)

56、「1年半経過でやっと固定!現在のオデッセイ用レカロポジション!!」

57、「ミニバンにはSR-7F!そしてlassicは作りが全然違う!!」



オデッセイ4WD RA2のメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

| レカロ | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

整備 | 車・バイク | EDIT

オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイ4WD RA2!!
平成8年式のオデッセイ(買ったのは平成10年/1998年)なので
今年でもう22年になるかな!
ひと昔前なら車は10年10万キロで廃車なんて言ってましたけど
私のオデッセイは現在もすこぶる快調です。
ちょっとした気使いと小まめなメンテナンスでこの初期型オデッセイは
いつまでも元気で走ります。
さすがミニバンブームの火付け役!
発売当時のホンダの意気込みを感じさせてくれる乗っていて楽しくなる車です!

 オデッセイRA1/RA2の主要装備・主要緒元・スペックなどはこちら!
   ホンダHP 「PRESS INFORMATION」 (1994.10.20)

 エンジン特性(ギア比と回転数、レッドゾーン)などはこちら!
   「ホンダ オデッセイ [S] RA2型 2.2L/145PS 4WD/4AT 諸元まとめ」

さて今では珍しいABSもなければエアバッグも付いていないこのオデッセイ!
そんな愛車のお気に入りは6人乗りのキャプテンシートと
NARDI(ナルディ)GARA3TYPE3ブラックレザー(ガラ3タイプ3)のステアリングです。


当時このコマーシャルを見て絶対買うならキャプテンシートって決めてましたね。
なので今でも「ダダダダッ・・、ダダダダッ・・~」って言う
アダムスファミリーの出ていたこのCM曲はよく覚えてます!

315
これは2代目ナルディです。
初代ナルディは擦り切れてしまったので
以前乗っていたスバルのインプレッサ
WRXタイプRA STiバージョンII Vリミテッド(1996年モデル)に
付いていたハンドルを取り付けています。
赤の「STI」ってロゴが名残りで懐かしいです!
(2017年10月、今は3代目Newナルディになりました。)
ほんとよく曲がる車でした。(動画)

ハンドルを付け替えると言うのは旧車ならではの楽しみ方ですね!
また今の車みたいに複雑なハイテク部品も少ないので
電子部品の故障で動かなくなると言う事がほとんどありません。
とてもシンプルな作りの集まりなので自分でメンテナンスしやすい車です。
ですので故障しにくいと言うよりは修理しやすい車という事で
こんなメンテナンスで結構いつまでも乗る事が出来ますよ!
それでは私のオデッセイのメンテナンス記録をここに書き綴る事と致します。

メンテナンス情報は追々こちらに書こうかと思っておりますのでお楽しみを!

1、「10万キロ以上乗りたくて新車を乗る時最初に注意したこと!」

2、「オデッセイ慣らし運転後1万キロになった時のメンテナンス!」

3、「オデッセイの10万キロまでにあった大きなトラブル!」

4、「オデッセイが10万キロになったら交換する事になるもの!」

5、「10万km超えオデッセイのエンジンオイル漏れを止める方法!」

6、「この組み合わせで14万kmオデッセイ燃費リッター11km復活しました!」
  (オデッセイと相性の良いお奨めオイル!)

7、「平成21年度(2009年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

8、「オデッセイの15万キロ突破後に起きた2度目のトラブル!」

9、「お勧めオデッセイのプラグコード!」

10、「15万キロ越えオデッセイ!ATFオイル交換で注意する所!!」

11、「オデッセイのカヤバショックお勧めセッティング情報とレビュー!」

12、「オデッセイ燃費向上化体験レビュー!リッター11キロ再び!!」

13、「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のドアミラーの交換方法!!」

14、「写真で見るオデッセイの内張りの外し方&作業方法!!」

15、「オデッセイ!パワステオイルが減り出したらここが危ない!!」

16、「平成23年度(2011年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)
  (この時点で平成23年(2011年)4月18日を迎え 
    走行距離153000km 乗車歴13年になりました。)


17、「オデッセイ!エンジンの振動とギヤショックはここが原因かも!」

18、「オデッセイ!カーナビの不調はこれが原因だった!!」

19、「オデッセイ!パワーウィンドウが閉まりにくくなる原因はコレ!!」

20、「旧車には危険かも!エンジンフラッシングでオイル漏れ再び!」

21、「やっぱりよく効くこのエンジンオイル漏れ止め剤!」

22、「オデッセイにお勧めの激安無補水バッテリーとその交換方法!」
  (2015年11月現在の格安バッテリー更新しておきました!)

23、「自分で交換後の古いバッテリーの処分方法!」

24、「16万キロオデッセイのリッター10Kmで走行時のデーター資料!」
  (平成24年(2012年)7月31日 
    祝!走行距離160000km達成 乗車歴は14年になりました。)


25、「ワイルドだぜ~!オデッセイのワイルドスピード化計画!!」

26、「オデッセイとグーグルNexus7はとっても相性ばっちり!」

27、「走行距離6万キロ!68万円オデッセイの誘惑は桜と共に!!」

28、「平成25年度(2013年)オデッセイユーザー車検レビュー!」  (車検)

29、「速報!ホンダよりNewオデッセイConcept Mの案内届く!!」

30、「オデッセイのカヤバショック!装着3年半後の状況報告!!」
  (オデッセイで走るのに楽しいツーリングコースも書いてます!)

31、「2度目のパワーウインドウ故障!動かなくなった原因はコレ!!」 

32、「自作!オデッセイ専用スマートフォンフォルダー完成!!」

33、「オデッセイ!脱着式コンパクト渋滞回避カーナビシステム完成!!」

34、「16万キロオデッセイのエンジンオイル漏れを完全に止める!」

35、「16年目初期型オデッセイに水抜き剤は効いているのか!」

36、「16年目オデッセイ!遂に走行距離17万kmを突破致しました!!」
  (平成26年(2014年)4月24日 
    祝!走行距離170000km達成 乗車歴は16年になりました。)


37、「気分一新!オデッセイ16年ぶりのフロアマット交換!!」

38、「17万キロ超えオデッセイのオイル漏れの原因はこれ!」

39、「初代オデッセイの最近のエアフィルター状況と交換方法!」

40、「やってみよう!簡単オデッセイのブレーキランプ交換!!」

41、「オデッセイ!純正アルミホイールセット1万円!!」

42、「合体!元祖オデッセイ+ホンダの純正アルミホイール!!」

43、「オデッセイ!オイル漏れは量が多いと上から漏れる!!」

44、「17年目の初期型オデッセイに純正アルミホイール装着完了!!」

45、「平成27年度(2015年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

46、「205/65r15の中古タイヤホイール¥0円差し上げます!」
  (カテゴリ 「掘り出し品」 にて公開中!)

47、「オデッセイ!床下重量軽量化の恩恵でハンドリングアップ!」

48、「一般道で行く大阪~能勢妙見山ドライブコース!」
  (オデッセイで走るのに楽しいツーリングコースも書いてます!)

49、「炸裂!オデッセイRA2の阪奈道路攻略法!!」

50、「2015年!最近のサタデーナイト阪奈道路はこんな感じ!!」

51、「敬遠され気味?初期型オデッセイのラジエーター液交換!」

52、「オデッセイ17年!車長持ちの秘訣はブレーキパッドにあり!!」

53、「18年目オデッセイ!ついに走行距離18万キロ突破しました。」
  (平成28年(2016年)2月15日 
    祝!走行距離180000km達成 乗車歴は18年になりました。)

 
54、「オデッセイでスマホ音源をCD音源並みの音質で再生させる方法!」

55、「大阪市内最安?ガソリン97円/1Lキャンペーン価格!!」

56、「セルモーター!最後キュッとなり始めたら要注意!!」

57、「格安か品質か?オデッセイお勧めバッテリー選び!!」

58、「オデッセイのバッテリー交換とオイル漏れ箇所の発見!」

59、「Ai-NETでアルパインMDA-W933JとXperia Z3 SO-01Gの繋げ方!」

60、「写真で見るオデッセイ(RA1/RA2)のルームランプ交換方法!」

61、「オデッセイのエンジンオーバーホール出来る整備工場を発見!」
  (平成28年(2016年)5月26日
   オデッセイ20年20万kmに向けての本格的なオイル漏れ修理を開始する。)


62、「オデッセイのオイル漏れを止める本格メンテナンス開始!」

63、「これが今の車なのか!オデッセイの代車 MOVEにてんてこ舞いする!!」

64、「オデッセイのオイル漏れ修理費用!ディストリビューター&オイルパン編!!」

65、「オデッセイ!ただ今オイル漏れと格闘中!!」

66、「18年目オデッセイのオイル漏れを完全に止めた修理内容!」
  (オイル漏れ修理の完了報告です。これでオデッセイ完全復活しました。)

67、「タイヤ!入札3,000円/即決12,000円のピレリP6が届く!!」
  (タイヤ交換!ピレリP6 レビュー!!)

68、「オデッセイとオートバックスMaxrun Excela EZのフィーリングレビュー!」

69、「持込みタイヤ交換大阪のお兄ちゃんはいい感じだぞ!」

70、「阪奈道路でテスト走行!オデッセイとピレリP6のインプレッションレビュー!」

71、「阪神環状線でテスト走行!オデッセイとピレリP6インプレッションレビュー!」

72、「月ヶ瀬~柳生の里でテスト走行!オデッセイとピレリP6レビュー!」

73、「神舞い降りし高野龍神スカイラインにてオデッセイ完全復活宣言!」

74、「即席のオデッセイ用なんちゃって車載カメラ完成!」

75、「大阪~碓氷峠、榛名山、妙義山、赤城山、いろは坂一般道で往復41時間!」
  (念願の群馬県、栃木県の有名処の峠を走ってきました!)

76、「18年目オデッセイのセルモーター交換費用とレビュー!」

77、「オデッセイのウィンドウウォッシャーのモーター交換修理!」

78、「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」
  (オデッセイの4代目ショックに車高調を取り付けました!)
  (あとクスコの 剛性アップ 補強パーツ取付けレビューも書いてます!)

79、「オデッセイのカチカチに固まった両面テープを剥がす!」

80、「板金塗装は東に行く程おすすめショップが多い!」

81、「納得の価格&スピードの板金塗装!」

82、「オデッセイのスピードメーターの取り外し方!」

83、「BLITZ RACING METER SD TACHO METER レビュー!」
  (19年目にしてやっとタコメーターを取り付けました!)

84、「エンジンのプラグホールのオイル漏れの時はこれが原因!」

85、「オデッセイのエンジンガスケットからのオイル漏れ修理!」

86、「オイル噴く!エンジン負荷についに限界ディストリビューター!!」

87、「オデッセイのディストリビューター交換と費用!」

88、「写真で見るオデッセイのプラグ交換とお勧め工具一式!」

89、「18万㎞オデッセイの燃費リッター11km 復活メンテナンス!」

90、「一世風靡!15年経っても色褪せないアルパインサウンド!!」

91、「写真で見るオデッセイのカーオーディオ交換方法!」
  (オデッセイのインパネ周りの取り外し方紹介!)

92、「カロッチェリア FH-9200DVD インプレッションレビュー!」
  (オデッセイ用スーパーウーファー等の音響設定値も書いてます!)

93、「大台目前!ついに来ましたオデッセイの19万km!!」
  (平成29年(2017年)4月1日 
    祝!走行距離190000km達成 乗車歴は19年になりました。)


94、「補強も兼ねてオデッセイのドリンクホルダーを修理!」

95、「オデッセイのブレーキオイルは純正DOT4で決まり!」

96、「平成29年度(2017年)オデッセイユーザー車検レビュー!」 (車検)

97、「オデッセイのインチアップ情報!タイヤ&ホイール編!!」

98、「オデッセイ アルミホイール マッチング確認用写真!」

99、「オデッセイ用レイズのホイールロック&ナットセットの取り付け方!」

100、「オデッセイ RAYS ITC SEBRING EVO 17インチ 外観写真!」

101、「オデッセイ!FALKEN ZIEX ZE912 215/50r17 タイヤレビュー!」
   (タイヤ交換!FALKEN ZIEX ZE912 レビュー!!)

102、「オデッセイのブレーキパッド&ディスクローター交換費用!」

103、「ZBP ブレーキパッド HS2&DIXCELディスクローターPD レビュー!!」

104、「ブレーキ踏んでもストップランプが切れない原因はこれ!」

105、「ラジエーターホースが破裂した時の対処方法!」

106、「20万km使ったオデッセイのラジエーターを交換修理する!」

107、「20年乗っても飽きない車オデッセイを採点してみよう!」

108、「女心と秋の空!コンプリートオデッセイに心が揺れる!!」

109、「H19年式(2007年式)の超レアオデッセイ!」

110、「時代を越えてレアなオデッセイが到着する!」

111、「写真で見るオデッセイのハンドル交換方法!」
   (3代目となるNewナルディに交換しました!)

112、「ナルディの鳴りにくいホーンボタンを改造する!」

113、「伝説の奥再度ドライブウェイでNewナルディ シェイクダウン!」

114、「車高調のタイヤローテーションしたらハンドルがブレる原因!」

115、「突然の悲劇!オデッセイ2度目のラジエーター液漏れ!!」

116、「比較!RB1アブソルート対ショーリン専用オデッセイ!!」

117、「20年越えて乗り続ける時の最大の難関は部品調達か!」

118、「オデッセイの製造中止した純正部品は海外から手に入れろ!」

119、「ホンダ国内入手不可能純正部品をHondaPartsNow.comで買う方法!」
   (おすすめ!オデッセイの純正部品入手先情報!!)

120、「HondaPartsNow.comの問合せ方法!」

121、「オデッセイの神様が舞い降りた!」

122、「オデッセイRB3アブソルートがもたらす驚きの連続!」

123、「これが俺のオデッセイ?ふふふ!何、これ、どうしたの!!」

124、「海を越えて間もなくオデッセイの純正部品がやって来る!」

125、「オデッセイ!ピレリP7 215/50r17 タイヤレビュー!!」
   (タイヤ交換!ピレリP7 レビュー!!)

126、「今年の修理納め!20万kmに向けての最後のメンテナンス開始!!」

127、「20年目オデッセイ!ついに走行距離20万キロ突破しました。」
   (平成29年(2017年)12月25日 
     祝!走行距離200000km達成 乗車歴は20年になりました。)


128、「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」
   (レカロシートの装着レビューです!)

129.「オデッセイ!12年ぶりのブレーキホース交換!!」

130、「やっと完成!レカロ SR-7F べストポジションの位置写真!」

131、「オデッセイ&ピレリのインチアップタイヤ適正空気圧計算方法!」

132、「代車で今日からまたしばらくはアブソルート!」

133、「乗ると分かる!すっかりアブソルートを超越していた足回り!」

134、「20年間の疲労が蓄積で遂に交換!今までありがとうオイルポンプ!!」

134、「ちょっと嫌な雰囲気!オイル漏れが止まりません!!」

135、「これだけ乗ったらもう自分の車みたい!」

136、「タイミングベルト交換でエンジン音が変わる!」

137、「30万kmに向けての最後のメンテナンスはタイミングベルト交換!」

138、「オデッセイのタイミングベルトまわりの交換費用一式!」

139、「店頭では中々売っていない超巨大な曲面ワイドルームミラー!」

140、「20年20万キロ乗るためにしてきた事!」

141、「オデッセイの燃費を伸ばす乗り方!」

142、「久しぶりの阪奈道路で足が攣る!」

143、「50タイヤは空気がよく抜ける!」

144、「20年目オデッセイ!ついに走行距離21万キロ突破しました!!」
   (平成30年(2018年)9月23日 
     祝!走行距離210000km達成 乗車歴は20年になりました。)


145、「嬉しいね!オートバックスの無料パンク修理サービス!!」

146、「経年劣化で折れたヘッドライトレバーの交換修理!」

147、「突然のアクシデント!ヘッドライトが両方同時に切れる!!」

148、「お勧めバルブ!数値が明るかったらいいってもんじゃない!!」

149、「オデッセイのヘッドライトのカップラー修理費用!」

150、「自分で出来る簡単オデッセイのヘッドライトバルブ交換方法!」

151、「超人気!フジツボフルオーダーマフラーは2年半待ち!!」

152、「大阪だったら柿本!フルオーダーマフラーの見積もりに行く!!」

153、「ホンダディーラーメカニックも納得の20年以上経ったコンディション!」

154、「ディーラーからの警鐘!ラジエーターホースの欠品には気を付けて!!」

155、「廃車回避に入手可能なラジエーターホースをストックせよ!」

156、「廃番のウェザーストリップの代替品を手に入れろ!」

157、「オデッセイRA2のウェザーストリップ代用はRA3、RA4分が流用可能!」

158、「オデッセイ用廃番部品~ストック(在庫)リスト~!」 (重要)

159、「マツダvsホンダ!アクセラ乗りから見たオデッセイレビュー!!」
   (マツダ アクセラスポーツ試乗レビューです!)

160、「オデッセイ!伝説の始まり!!」

161、「亥年の初走りは粉雪舞い散る気温0度の阪奈道路にて!」

162、「ローテーション後、阪奈道路を50周して偏摩耗を整える!」

163、「ATFオイル交換!長く乗る気ならこまめにしよう!!」

164、「やっぱ凄いなアブソルート!でも大変!!」

165、「オデッセイRB3アブソルートで阪神高速環状線!」

166、「足回りを決めたらノーマル86よりも速いんじゃないの?」

167、「帰ってきたオデッセイ!あのアブソルートがフニャフニャに感じる!!」

168、「曲がる」 と 「曲げる」!

169、「阪神高速 環状線!何周回っても470円!!」

170、「86(ハチロク)レンタカーで阪奈道路試乗会!」
   (トヨタ ハチロク 86 試乗レビューです!)

171、「何このくつろぎ空間!広い大きい開放的もう~最高!!」

172、「エアクリーナーカバーのブッシュ交換でチビリ音解消!」

173、「オデッセイのステアリング!ナルディからモモへの交換方法!!」

174、「オデッセイのヒューエルリッド(給油口)カバーを交換!」

175、「21年目オデッセイ!走行距離22万キロを突破しました!!」
  (令和元年(2019年)7月7日 
    祝!走行距離220000km達成 乗車歴は21年になりました。)


176、「代車ホンダN-BOXのブレーキに四苦八苦!」

177、「大阪~北関東再び!今度は一般道で1700㎞ 3日間コース!!」
  (群馬県再び&初の奥多摩に箱根だ富士山だのドライブレビューです!)

178、「北関東遠征!大阪から一般道で中日本縦断の60時間1800㎞コース!」
  (前回霧で見れなかった箱根、奥多摩の再訪問レビューです!)

179、「初めて見たかも!オデッセイ用 H8年式 RS-R M6-3037 マフラー!!」

180、「格安で優等生!パワー10%音質20%のすごい奴!!」

181、「送料無料で回収もタダ!再生バッテリーだがお得で高性能!!」

182、「ハイオクとレギュラー!どっちがお得?」

183、「入れてびっくりV-Power!今日から俺はハイオク仕様!!」

184、「オデッセイRA2!ハイオク入れたらなんちゃってアブソルート化!!」

185、「高速走行でレギュラーガソリンとの違いをはっきり体感!」

186、「錯覚と実感の狭間にオデッセイの進化は刻まれていた!」

187、「オデッセイRA2のハイオク燃費データー!」

188、「21年目オデッセイ!走行距離23万キロを突破しました!!」
  (令和元年(2019年)12月8日 
    祝!走行距離230000km達成 乗車歴は21年になりました。)


189、「ブレーキパッド末期!限界に来た時はこんな異音が鳴る!!」

190、「今日からオデッセイはオフシーズン!」

191、「オデッセイRA2とRA6の違う所!」

192、「もし乗り換えるならこんなオデッセイを目指す!」

193、「ZBPブレーキパッドで真っ黒のアルミホイールを簡単に洗う方法!」

194、「2年ぶりのオートライフ!持込みブレーキパッド交換開始!!」

195、「レギュラー越えなるか!ハイオク仕様の燃費最高記録!!」

196、「レギュラー仕様のオデッセイにハイオクを入れた結果まとめ!」

197、「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」
   (マツダ MPVとの比較レビューです!)

198、「比較して見えてきた事!そして自分だけの1台だと気づいた事!!」


愛車を長く乗り続けれるユーザー車検情報はこちら!
「オデッセイ!ユーザー車検レビューの過去一覧表!!」

最近オデッセイでお勧めのドライブコースをこちらに書き始めました!
カテゴリ 「ドライブ」

オデッセイの足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

オデッセイのレカロシート情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」


ドコモ最後のFOMAかも!PRIME F-09C のおすすめ情報の記事はこちら!
「ドコモ F-09C!インプレッション・レビュー!!」

自分で作るリカバリーディスクはこちら!
「Windows10用の自分で作れるリカバリーディスク作成方法メモ!」

ノートパソコンの初期化とハードディスク交換の記事はこちら!
「2015年!簡単自分で出来る無料ハードディスク交換方法メモ!」

セドナ、アリゾナ、サンタモニカのおすすめ情報はこちら!
「セドナ旅行記 ~Sのキセキに導かれて~」

イチ押し韓国ドラマはこちら!
「久々のチェ・ジウはまり役!スターの恋人全ストーリー紹介!!」

FOMA派の人向け!ドコモ最強携帯F-09C情報はこちら!
「ドコモ F-09C!インプレッション レビュー!!」

使いやすいスマートフォン!
ASUS ZenFone5z ZS620KLの情報はこちら!!
「ASUS ZenFone5z ZS620KL!インプレッションレビュー!!」

| メンテナンス | 14:33 | comments:71 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

ビクともしないその曲がり!トラック並みの剛性感である!!

「轟く柿本センターパイプ!噂と違ってジェントルメンな響きである!!」
からの続き!

それでは次はこのまま駐車場内をかる~く走ってくれる。
軽くアクセルを踏んで突き当りを右に曲がる。
手前で軽くブレーキを踏んでえ~・・・・。
「んっ?」
するとブレーキも踏まずハンドルを切る。
車はそのまま方向変換。
しかし横に乗っていても体が傾くといった横Gはなし。
回転イスをくるっと回すような旋回。
「えっ!曲がったの?」 って感じである。
そしてS字クランクを通過する時も減速せず
右に左にステアリング操作。
しかしMPVは何事もなかったかのように難なく曲がって行く。
自分のオデッセイの場合こんな状況下では軽くロールして
アウト側にGを掛けながら曲がるがそんな仕草はまったくなし。
ミニバンというよりはインプレッサと同じような印象か?
いや、重量感があるのでスカイラインクラスと言ってもいいかも。
先程のドアの開閉時に感じた剛性感は伊達ではないのか?
もしくはインチアップした225/55R19のタイヤが効いているのか?
HKSの車高調はそんなに固いのか?
垣間見るその能力にこのMPVの能力は
想像を遥かに超えているのではないかと思わずにはいられなくなった。
しかしそれよりもこのどっしりとした重量感ある走りはどうだ。
例えるならその雰囲気はトラックと似ていると言っていいかも。
これは更なる可能性も見てみたくなりましたね。

 続きはこちら!
 「ミニバン対決!静かなる2人だけの交流戦!!」

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 07:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

カスタム | 車・バイク | EDIT

轟く柿本センターパイプ!噂と違ってジェントルメンな響きである!!

「マツダ MPV スペシャルのスペック表!」
からの続き!

それではMPVに同席です。
ドアを閉めると「ボスっ!」と重い音が!
私のオデッセイと比べると実に剛性感ある開閉音がする。
窓も締め完全に密室に。
その状態でエンジン始動。
1発でエンジンが掛かる。
回転数は1200回転。
室内に小気味良い低音が流れ込んでくる。
「そんなに大きな音ではないですね!」
これが初めて生で聞いた柿本のセンターパイプの印象であった。
そして耳を澄ませて回転数が落ち着くまで聞いている。
回転数は800回転位。
大体これでアイドリングは落ち着いた状態。
一番落ち着いたアイドリング状態だとほとんと排気音は気にならない程度。
しかしはっきりと違う点もある。
それは排気音の聞こえてくるポイントが近いこと。
そう!通常排気音というのは
マフラーのあるエンド部分の一番後ろから発せられるかと思う。
しかしセンターパイプを交換すると
車の中心部。
例えば3列シートのミニバンの場合
セカンドシートの下辺りから音が聞こえてくるイメージ。
なので音源ポイントが近い分
音量はその分大きく聞こえる。
しかしそんなに不快な音ってことではない。
どちらかというとリズミカルに室内をこだまする軽やかな太鼓の音みたいで
聞いていると気持ちよく心が躍る。
巷では柿本のマフラーは爆音、下品、うるさいなどと言われがちだが
実際に聞いてみると全然違う印象である。
どちらかというと外車のフェラーリのようなスポーツカーの方が
うるさく癇に障ると言っていいかも。
この辺りは聞く人によってかなり差がある部分と思うが
車に普段から慣れ親しんでいる人から見ると
やはり何だかんだ言っても車検対応と言っていいのではないだろうか。
確かに20年以上も前の車だと規制前なので
今のマフラーと比べるとまだ音量は大きいかと思うが
それでも近所迷惑って言う音ではない。
確かにレッドゾーンまで回すと100dbオーバーでかなりの音量になるとは思うが
しかしそんなにエンジンをぶん回して市内を走る事も余りないとは思うので
通常運転だとこの柿本のセンターパイプを入れても
想像以上に臆することは無いのだと実感する。
今までは想像ばかりが膨らんで躊躇していたセンターパイプ。
しかしこうして実際に聞いてみると入れてみたくなりましたね。
「径が太くなるのでトルク細くなりませんか?」 って聞いてみたが
「確かに若干細くなるかもしれません。
でもそれ以上にアクセルを踏んだ時の高揚感がすごくて
そんな事など忘れてしまいます。」 
というのが柿本センターパイプ愛用者の生の声であった。
いいな~!いいぞ!!
かなり心が揺れる柿本のセンターパイプ。
しかし音楽を聴きたいなら
かなり音は室内に流れ込んでくるのでその点だけは悩ましい問題であった。

以前行った時のカキモト本社での見積もりレビューはこちら!
「大阪だったら柿本!フルオーダーマフラーの見積もりに行く!!」

 続きはこちら!
 「ビクともしないその曲がり!トラック並みの剛性感である!!」

TOPページはこちら!
「ミニバン愛車20年対決!オデッセイRA2 対 MPVスペシャル!」

| メンテナンス | 07:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT