FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

お役立ち情報 | 車・バイク | EDIT

1時間無料の駐車場が充実している丹波篠山市!

「丹波篠山お勧めグルメ!大正ロマン館に行ってきました!!」
からの続き!

大正ロマン館周辺のお勧め駐車場情報を書いておきます!

(地図拡大は右上のターゲットマークをクリックです!)

大正ロマン館から見て
 (下) 篠山市交響ホール西駐車場

 (左) 篠山市大手前北駐車場

そしてこちらが駐車場情報!

P_20170102_110928_vHDR_On_R.jpg
(下) 篠山市交響ホール西駐車場 の方で
駐車料金は
1時間未満 無料!
1時間~2時間未満 ¥200円
2時間~午後12時まで ¥400
以後1日につき ¥400 と言ったちょっと変則的な金額体系だが
よく見るとかなり安い!

P_20170102_110905_vHDR_On_R.jpg
こちらは駐車場内の風景写真!

P_20170102_110945_vHDR_On_R_201701042116597e5.jpg
こちらは
(左) 篠山市大手前北駐車場で
こちらも同じような料金体系!

あと他にも幾つかお勧め駐車場があるのだが
それはこちらをご参考に!
 「三の丸西駐車場周辺の駐車場」

今回行ってみて知ったのだが
この篠山市の駐車場事情は大阪市内の駐車場と比べるとかなり安い!
たぶん町おこしのために観光客優先で市が考慮している感があるのだが
来訪する者にとっては非常に有り難い。
なので丹波篠山に自動車で行ったらどこに駐車場があるのかな?
とか心配する人も多いとは思うが
よっぽどイベントとかで混雑していない限りは比較的回転も速いので
すぐ止めれるかと思う!

それではあとは大正ロマン館近辺の風景写真を少々載せておきますね!

P_20170102_120930_vHDR_On_R.jpg
大正ロマン館から1つ交差点を北に行くと
昭和百景館 がある。
ここは昭和テイストな作りのお土産屋さんで色々と売っている!

P_20170102_120850_vHDR_On_R.jpg
こちらは昭和百景館の西側の通りで
向こうに見える猪の看板のお店がぼたん鍋の 「ぼたん亭」 で
その手前隣がぼたん鍋の 「懐」 になる。

P_20170102_120827_vHDR_On_R.jpg
こちらは昭和百景館の南側正面で
ちょうど真ん前にぼたん鍋の 「大手食堂」 がある!

P_20170102_120820_vHDR_On_R.jpg
昭和百景館の南側で左を向いた景色。
この左手を1つ向こうの交差点まで行くと
ぼたん鍋で有名な 「高砂」 がある!
あとその高砂の交差点を左に行くと
たぶん今まで食べた大福もちの中で一番おいしいかも!って思う
「丹波栗菓匠 大福堂 広小路店」 や
おすすめぼたん鍋がある
「特産館ささやま」 などがあります。

追記! 2020年 令和2年お正月の篠山市交響ホール西駐車場。
P_20200103_160030_R.jpg
最近はこのタイプの1時間無料の市営駐車場が増えていて
かなり車で行きやすくなった丹波篠山市であった!

他の大福堂や篠山館や大正ロマン館のグルメレビューは
こちらの記事にて紹介してますのでどうぞ!
「2020年!秋のまんぷく丹波篠山グルメドライブコース!!」

| お出掛けイベント情報 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

愛車と日常 | 車・バイク | EDIT

20年ぶり!ああ~懐かしの鈴鹿サーキット!!

「大阪より格安!鈴鹿サーキット周辺のガソリンスタンドはかなり安い!!」
からの続き!

次はトップフューエルから鈴鹿サーキットへやって来る。
今はバイパスが出来ていて40分位でやって来れました。

P_20200102_001433_R.jpg
メインスタンドへの入り口ゲート前。

P_20200102_002421_R.jpg
サーキットの下を潜った先にある
西、南コースエリアの入口付近。

P_20200102_002845_R.jpg
キャンプ場等の施設が集まっているエリア駐車場の入口。
オデッセイを買った頃に一度このオートキャンプ場に来たことがある。
もう20年以上前になるかな?
その時が鈴鹿サーキットに来た最後となっている。
それではホンダの聖地でオデッセイの故郷的鈴鹿サーキット。
新年をこの地で迎えれたという事は
オデッセイにとってもいい年になると良いな!

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

TOPページはこちら!
「大阪~十津川~鈴鹿サーキット 一般道日帰りドライブコース!」

| お出掛けイベント情報 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

三重県 | 地域情報 | EDIT

大阪より格安!鈴鹿サーキット周辺のガソリンスタンドはかなり安い!!

「トップフューエルでオデッセイRA2を新春初撮り!」
からの続き!

見学に訪れたトップフューエルの横に
エネオスのガソリンスタンドが隣接している。

(地図拡大はその他のオプションをクリックです!)

エネオス 松阪中道町店
(住所) 〒515-2115 三重県松阪市中道町字中野田492
(TEL) 0598-30-4177

P_20200101_233806_R.jpg
大阪だとレギュラーガソリンは安くて@141円。
しかしここは更に2円安い@139円となっている。

P_20200101_231332_R.jpg
そしてもっと驚くことにnanacoカードを持っていると
更に@137円の金額になるという。
大阪と比べると4円も安いこの鈴鹿界隈のガソリンスタンド。
地理的なものなのか?
はたまた立地的なものなのか?
とにかくこのエリアのガソリンスタンドはここ以外でもかなり安い。
羨ましいですね。
さすがモータースポーツの町って感じです。

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「20年ぶり!ああ~懐かしの鈴鹿サーキット!!」

TOPページはこちら!
「大阪~十津川~鈴鹿サーキット 一般道日帰りドライブコース!」

| お出掛けイベント情報 | 20:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

星降る夜空に十津川の谷瀬の吊り橋のライトアップが幻想的!

令和2年1月1(水) 20時00分

オデッセイのブレーキパッドの慣らし運転で
今回選んだコースは奈良県吉野郡の十津川村の峠。

こちらのA~B区間のコースです。
「時忘るる紀伊半島縦断!十津川~天川村ドライブコース!!」

中低速のなだらかな傾斜で
ブレーキを適度に踏むコーナーが多いので
ブレーキパッドの慣らしには持って来いの道路である。
それでは元旦という事もあり道は空いていました。
なので予定よりも早く十津川の吊り橋の所に到着する。

P_20200101_194613_R.jpg
天気は快晴で月が綺麗。
そして吉野路は街の明かりが無いので星がすっごく良く見える。
今日もそれは見事なもの。
ただスマホのカメラの感度がそんなに強くないので
星の写真は撮れなかった。
「こんな時はグーグルのPixelだと撮れるんだろうな?」
流れ星が落ちる夜空。
絶景を目に焼き付けておきましょう。

P_20200101_214652_R.jpg
気温はマイナス1℃。
車からちょっと出るだけでもすっごく寒い!

P_20200101_195503_R.jpg
現在19時45分。
「日本一 谷瀬の吊り橋」 という標識が良いですね!

P_20200101_195641_R.jpg
吊り橋の入り口。

P_20200101_195538_R.jpg
夜だと昼間と違った怖さがあります。

P_20200101_195602_R.jpg
凍てつくような風が谷底から吹き上げ
橋がキシキシと音を立てて軋んでいる。
怖いですね~。
恐ろしいですね~。
夜中に1人ぼっちの吊り橋。
気の弱い人はお気をつけてって雰囲気です。

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

続きはこちら!
「トップフューエルでオデッセイRA2を新春初撮り!」

TOPページはこちら!
「大阪~十津川~鈴鹿サーキット 一般道日帰りドライブコース!」

| お出掛けイベント情報 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

いよいよ始まる能勢妙見山の紅葉!来週辺りが見頃だぞ!!

令和元年11月23日(土)
本日能勢の妙見山へお弁当を持ってドライブに行ってきました。

(場所はこちら!)

能勢妙見山
 (住所) 〒563-0132 大阪府豊能郡能勢町野間中661
 (TEL) 072-739-0991
 (ホームページ) https://www.myoken.org/

P_20191123_134721_R.jpg
今日は雲1つない晴天ですごくポカポカ陽気だったので
もう駐車場はいっぱいでした!

P_20191123_123912_R.jpg
鳥居の入り口!

P_20191123_123929_R.jpg
参拝、ハイキングなど色々な人がやる気満々で訪れていました。

P_20191123_130915_R.jpg
参道途中の広場。
ここでいつものようにレジャーシートを広げてお弁当。
今日は暖かくて気持ち良かったです。

P_20191123_131000_R.jpg
上に建っている星嶺からの景色。
やっと紅葉が始まったって感じの景観。

P_20191123_131244_R.jpg
頂上の山門。
ここには綺麗な紅葉が広がっていました。
綺麗だったので写真を1枚!

P_20191123_131705_R.jpg
正面に見えるのが寺務所。
さ~て!降りて行ってお参りしましょ!!

P_20191123_132449_R.jpg
経堂・絵馬堂からの景色。
やっと所々に紅葉が見え始めたって感じ。
なのでこれから週末に掛けてが見ごろになって来そうである。
天気が良ければ妙見山の紅葉は来週末辺りがおすすめかな!

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

| お出掛けイベント情報 | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

今も変わらず津和野の堀にたくさんの鯉!

「久米島を思い出すどこまでも続く角島大橋!」

令和元年7月14(日) 16時00分

津和野に初めて来たのは10代の時。
その時は雨で如何にも山陰らしい天気であった。
そして今回も少し雨交じり。
何故かこの場所に来る時は雨の方が落ち着く。
自分の中での津和野のイメージは水路に鯉が泳いでいる記憶が強い。
しかしそれは今も健在と叔父が言っていた。
「もう一度見てみたいな。」
その思いで今回津和野に訪れる。
山口の角島から2時間位の位置。
一般道でもすんなりと走れる場所にある。
海沿いを走っている時は天気でも
少し内陸の山を越えると天気は次第にどんよりとして来る。
その感じが昔の記憶と重なる。
「ああ~、やって来たんだな。」
今はオデッセイだが当時のNSRのエンジン音が甦る。
津和野に来ると名所が3つ程あるとの事。

(場所はこちらのグーグルマップの地図で紹介!)

  1、太鼓谷稲成神社

  2、津和野駅からの汽車

  3、鯉がいる藩校養老館

この3か所が津和野ではお勧めポイントである。
それでは懐かしの水路の鯉。
かよこ姉ちゃん、
動画!アップしておいたからね!!



(写真、YouTube動画は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

TOPページはこちら!
「大阪~浜田~元乃隅神社~角島~津和野 一般道1550㎞コース!」

| お出掛けイベント情報 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

久米島を思い出すどこまでも続く角島大橋!

「元乃隅神社、角島近辺でのお勧めランチながれだのとんかつ!」
からの続き!

令和元年7月14(日) 12時30分

山口県下関市にある角島へと続く角島大橋!
日本でも屈指の絶景スポットである。


角島展望台から角島へと続く2㎞の橋で
通行料は無料である。

叔父さんが山陰地方でお勧めとする場所がこの角島大橋という事でやって来た。
天気がいい日に車で走ると
それはもう~最高と太鼓判を押すイチオシスポットである。
今回は低気圧の加減で少し雨交じりであったのだが
この角島に来るとちょうど雨も上がり晴れ間が射してきた。
すると海面の色がパア~っとコバルトブルーに変化!
景色が一気に南国ちっくに変わりました。
確かに晴れていると全然違う角島大橋の景色。
曇っている時と晴れている時の2つの顔を見れて
これはこれでいいタイミングで訪れたと思う。
それではこのまま角島まで渡って行きましょう。
走っているとどこか懐かしい景色にも思う。
「なぜ?」
そう!それは昔行った事のある久米島の畳石に続く橋と似ていたからである。

(この橋のこと!)

久米島の畳石へと続くしんおうばし。

橋の長さとかは全然違うのだが
ただ雰囲気が似ている。
窓を開けて走ると風が車内を抜けて行く。
ほんのりと潮の香り。
淀川水系では味わえない島の匂いである。
「久しぶりだな~!この感じ!!」
それは大阪から600㎞離れた地で味わう懐かしい感覚であった。

(動画!)


(写真、YouTube動画は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「今も変わらず津和野の堀にたくさんの鯉!」

TOPページはこちら!
「大阪~浜田~元乃隅神社~角島~津和野 一般道1550㎞コース!」

| お出掛けイベント情報 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

伏見稲荷の千本鳥居のような元乃隅神社は山口県の人気スポット!

「広島でやっと本場地元の広島焼を食べれました!」
からの続き!

令和元年7月14(日) 10時30分

今回は時間があったので浜田の近辺でお勧めスポットがないか聞いた所
叔父が山口県の元乃隅神社と角島が流行っているよと教えてくれた。
なのでお願いして今回案内してもらいました。


元乃隅神社
 (住所) 〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498
 (駐車場) @300 / 1時間 (料金表)
 (HP) https://nanavi.jp/sightseeing/motonosumiinarijinja/

P_20190714_102604_R.jpg
手前の第2駐車場辺りから見た景色。
この先の下に神社前の第1駐車場がある。
駐車台数は90台位。
すぐにいっぱいになるが神社自体もあまり広くないので回転は早い。
現在時間は日曜日の朝10時半頃だが
10分も待てば車を止めれた。

P_20190714_102936_R.jpg
こちらが神社の入口。

P_20190714_103111_R.jpg
この先に鳥居への入口がある。

P_20190714_103307_R.jpg
元乃隅神社の由緒書き。

P_20190714_104203_R.jpg
鳥居を通り抜けた場所。

P_20190714_104751_R.jpg
向こうに見える先端まで行けるみたい。

P_20190714_104800_R.jpg
ビュースポットで竜宮の潮吹きと言うのが
タイミングによっては見れるようだ。

(動画!)


(写真、YouTube動画は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

 続きはこちら!
 「元乃隅神社、角島近辺でのお勧めランチながれだのとんかつ!」

TOPページはこちら!
「大阪~浜田~元乃隅神社~角島~津和野 一般道1550㎞コース!」

| お出掛けイベント情報 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

国道9号線は気合入れて行かないとハンドルを持って行かれる!

「地元の主続々!国道9号線ハチ北~湯村温泉区間の攻防戦!」
からの続き!

令和元年7月13(土) 3時00分

それでは行きはバイパスを通らず
オール一般道の旧国道9号線で浜田を目指す。
鳥取から山陰自動車道の無料区間が出来たので
ほとんどのトラックはそちらを通る。
なので今ではこの国道9号線は真夜中走るとほとんど大型車を見ない。
そして信号もあまり引っ掛からないので高速とあまり大差ない位
快適に走って行ける。
それはペース上だけね。
実はこの国道9号線。
走ると分かるのだが昔はずっとトラックが走った道。
なので道路にすごい轍が出来ている。
しかしバイパスの方が主になったからか
現在はその轍を補修せずにそのまま放置されている。
なので走るとすっごくハンドルを持って行かれる。
それは大阪市内の轍とは比べ物にならない位に。
だから片手ハンドルなんかで走っていたら側道に突進しかねる。
それ位まっすぐに走れない国道9号線であった。
そんな道を真夜中走るとフラフラしながらどこ吹く風って感じ。
スリル満点!
眠気なんか一気にどこかへ飛んで行ってしまう。
これこそ「ワイルドだろ~」だぜスギちゃん!
そんな荒々しい道路がこの国道9号線であった。

 続きはこちら!
 「広島でやっと本場地元の広島焼を食べれました!」

TOPページはこちら!
「大阪~浜田~元乃隅神社~角島~津和野 一般道1550㎞コース!」

| お出掛けイベント情報 | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ドライブ | 車・バイク | EDIT

地元の主続々!国道9号線ハチ北~湯村温泉区間の攻防戦!

令和元年7月13(土) 0時00分

大阪から福知山を抜け工区同9号線でそろそろハチ北高原辺りまで来る。
そして峠を登り切りいよいよ新温泉町の湯村温泉への下りが始まる。
すると目の前にトラックが2台。
砂利を運ぶダンプカーである。
「大きな車が前か~。ペースが下がるな~。」
そう思いつつ後ろに付く。
すると下りと同時にトラックは加速。
だがその加速度が尋常ではない。
メーターを見るとこちらも尋常ではない域である。
もしかしてあのトラック3ケタ台に乗っているかも?
この湯村温泉までの道は比較的コーナーは緩い。
とは言ってもあの巨体でこのペースで走るか!
絶対的な自信があっての走り。
毎日ここを何往復している地元のトラックっぽいです。
すると先頭のトラックがハザードを出している。
それを見て前車が抜いて行く。
抜くとハザードを出してありがとうのサイン。
そしてこちらにも道を譲ってくれた。
何と行く事だろう。
トラック同士なのにここでは走り屋のルールがまかり通っている。
ちょっと異世界交流戦みたいな気分。
違和感満載である。
そして前の車はさらに加速。
するとまた1台トラックに追いつく。
するとそのトラックも同じく道を譲ってくれた。
どうやらここでは違う意味ですごく礼儀正しい走りをしていた。
そうこうしている内にもう湯村温泉である。
目の前の信号が赤に変わる。
「えっ!」
トラックはそのまま止まることなく突破。
最後にやっちゃいましたか。
ほとんど人がいないとは言えそれは行けませんね。
湯村温泉付近の真夜中は
この地元ならではのルールがまかり通っているようである。

 続きはこちら!
 「国道9号線は気合入れて行かないとハンドルを持って行かれる!」

TOPページはこちら!
「大阪~浜田~元乃隅神社~角島~津和野 一般道1550㎞コース!」

| お出掛けイベント情報 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT