fc2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

大阪 | 地域情報 | EDIT

NCの座標ズレ対策その③!パラメータのインク/アブスを切替えろ!!

「NCの座標ズレ対策その②!スタート時の機械座標の誤差を見逃すな!!」
からの続き!

坂崎AE-64のNC彫刻機の座標が狂う時の
社長に教えてもらった対策をしてみたが
しかし何回か確認しているとまたズレた。
「原因はまだ他にあるのか?」
悩んでいるとちょうどその時相談した社長が覗きに来てくれた。

事細かに座標がズレる時の状況を説明する。
特にこれをした時に絶対という事はなかったので
大まかに思い当たる失敗時の状況を説明する。
すると
「ああ~!もしかして!!」
何か察する所があったのか
パネル盤の制御ボタンを幾つか押し始めた。
「やっぱり!ここがうちの設定と違ってますね。」
どうやら設定の1つが社長の所の設定とは違っているようだ。
それがこちら!

(FANUC/ファナック Series 0-Mのパラメータ設定!)
PXL_20220623_082554753_R.jpg
まずはNCを起動して初期画面状態にする。

PXL_20220623_082611530_R1.jpg
次にパラメーターの 「DGNOS PARAM」 ボタンを押す。

PXL_20220623_082840783_R.jpg
するとパラメータ画面が出てきて
「PAGE」 ボタンで改行して行く!
1ページ目。

PXL_20220623_082724962_R.jpg
2ページ目。

PXL_20220623_082742606_R.jpg
3ページ目。
そしてここから先は下手に触ると戻すのが大変らしいので
専門知識がない者にはこのNCの聖域となるらしいので
触らない方が安全と言っていた。
それでは指摘された場所の変更をして行く。

PXL_20220623_082902834_R.jpg
変更して行くにはモードを 「MDI」 に変更!

PXL_20220623_082926429_R.jpg
そして 「CURSOR」 ボタンで 「アブス」 を選択!
ここが違う設定になっていた場所で
ショーリンのNCはインクになっていた。
しかし通常はアブスで使うらしい。
変更するには「0」 → 「1」 にするので
1のボタンを押して 「IMPUT」 で入力。

PXL_20220623_082946665_R.jpg
これでアブスに変更出来たので最後は
「POS」 のポジションボタンで元に戻してOK!

設定としてはこれで完了。
しかし自分の中では他人の運転と同じで
自分で制御出来てないのですごく違和感というか不安が残ったまま。
なので社長に何故ここの設定を変えたのかを聞いてみた。
すると専門的な内容になるので
サラ~っと流していきますねという感じで説明が始まる。

プログラム作成ソフトのポケットCAMで切削データを作ってNCに移行。
そしてそのプロブラムをNCに流す時
あの作成したデータの数式みたいなのが流れて行くんですが
それは1行1行流れて行ってます。
しかしこのデータには2種類が混合されていて
それがインクとアブスのデータになります。
座標がズレる時の状況を聞くとリセットボタンを押すと狂うと言ってましたね。
しかしそれも時と場合でなったりならなかったりと。
という事は同じ操作をしてもタイミングで発生するしないがあるのか?
それを考えた時このプログラムを読んでいる時に原因があるとみる。
そう思った時このインクとアブスの混合データが問題なのではと思ったらしい。

それでは原因は分かったが
なぜその誤差が生じるのかがまだ理解不明のままなので
引き続き解説を求めた。

するとこのインクとアブスのデータには切り替わる瞬間があるらしいのだが
リセットボタンを押すタイミングがその瞬間に重なると誤差になるのではと仮定する。

1、それはインクの時にリセット!
2、アブスの時にリセット!
3、最後にその変わる瞬間にリセット!

このどれかでリセットボタンを押すと座標が狂うのではというのが社長の仮説であった。
これは確かに今までの事案と重ねるとかなり現実味のある理由である。
そしてさらにこれを突き詰めていくと
社長の所ではアブス主体で誤差などは発生したことがないという事なので
「それを踏まえると原因はインク?」
そしてショーリンではインク主体の設定。
リセットボタンがこのインク時に押されると誤差が生じる?
これらの推測をまとめて行くとかなりの確率で
原因はインクにありと思えてきた。
ここからはまた同じ症状が発生するかになるのだが
これは使って行きながら様子を見ないと分からないので
しばらくは時間は掛かるが加工をしながら検証して行く事に致します。

| 彫刻&エッチング切削加工 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

NCの座標ズレ対策その②!スタート時の機械座標の誤差を見逃すな!!

「NCの座標ズレ対策その①!まめたんの電源供給元を変更せよ!!」
からの続き!

坂崎AE-64NC彫刻機の
プログラム中断してテーブル動かすと座標がズレる件についての対策。

2つ目は座標がズレていると切削開始時の初動座標に変化がある。
それがこちら!

PXL_20220622_020956848_R.jpg
通常左下を起点にデーターを作ると
切削開始時はまず刃はこの座標
X=50.0
Y=-380.0 まで移動する。

しかしテーブルを動かしたりして座標に誤差が出ていると
ここの機械座標の数値が例えば
X=55 とかになっている。

まずは重要な加工をする時はこの変化を見落とさない事である。
もしズレていたらすぐ機械を停止して再起動させ
再度原点復帰の作業をする。
プログラム通りに刃が動かない時は何かしらの前触れが必ずある。
その合図を見落とすな。
これが現時点での確実な誤差発見の確認方法である。

 続きはこちら!
 「NCの座標ズレ対策その③!パラメータのインク/アブスを切替えろ!!」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

NCの座標ズレ対策その①!まめたんの電源供給元を変更せよ!!

「NC彫刻機で再始動した時に座標がズレる原因は何?」
からの続き!

坂崎AE-64NC彫刻機の
プログラム中断してテーブル動かすと座標がズレる件についての対策。

まず1つ目はプログラム供給元となる送信機まめたんの電源供給を
NCから電気を取るのではなく家庭用電源からとるようにして
電圧の安定化および電気供給させて
データ転送エラーをしにくくする設定をしていく!

PXL_20220622_063604917_R.jpg
こちらがデーター送信機のまめたん!

PXL_20220622_025157690_R.jpg
電源はこちらのNC内部から取っている。

PXL_20220622_063630237_R.jpg
その繋げていた大き目のアダプターを外して
一般家庭用電源に差し替える。
これで電圧が安定しエラーデータが出にくくなるらしいが
結果は如何に?
状況はまた使いもって確認していく事としよう!

 続きはこちら!
 「NCの座標ズレ対策その②!スタート時の機械座標の誤差を見逃すな!!」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

NC彫刻機で再始動した時に座標がズレる原因は何?

長年ショーリンの片腕として活躍してくれている
坂崎AE-64のNC彫刻機。
しかし自分でも原因不明のバグみたいなものがあって
今回はこれにすごく泣かされたので原因を究明すべく
知り合いの社長に相談する。

まずは症状はこんな感じ

通常
0.1mm先端に研いだカッターで彫る極小文字。
0.1mm深さが違うと文字が潰れたりするすごく小さな文字。
彫る時は何度も確認するため
止めては刃を移動させてのチェックを繰り返し彫っていく。
通常はこの作業をしても再度データを読み込ませれば
同じ所を彫刻刃はトレースするのだが
時折違う所を彫ったりして失敗する時がある。
それがこちら!

失敗
文字がズレている。
基本座標は変更していないので何かしらの影響で勝手に座標がズレた。
今回は2日掛けて作った板に彫刻している時の失敗だったので
これは堪えた。

これを相談した社長に質問していたのだが
原因はこの辺りではないのかな?という返事をもらったのでメモしておく。

まずはいつも途中彫刻を止める時はリセットボタン。
しかしこれをいきなりリセットで止めるのではなく
一旦停止させてそれからリセットする事を推奨される。
確かにいつも起こる症状ではないので
このリセットボタンを押すタイミングと彫刻データが途切れるタイミングで
エラーしていると言われるとその可能性は高い気がした。
あとUSBメモリーから読み込むデーターを途中でいきなり止めるのも
読み込みエラーしてバグが残って残像が残り
座標がズレている可能性もある。
なので原因はいきなりリセットするタイミングと
その時の読み込んでいるデータとの相性。
どうやらこれを当てはめるとかなり今回のエラーする原因に特定出来そうである。
しかしこれも今後まったくエラーしないのかと言われると補償はない。
なのでまたエラーが出た時の状況をこの対策と重ね合わせて
検証していく必要がある。

社長の所ではこう言った事は経験ないと言っていたので
こちらの操作ミスもしくは機械が古すぎてのエラーという事が考えられる。
どちらにしてもここ大一番のミスの許されない時の加工時は要注意。
その時は時間は掛かるが1回1回原点復帰させて再始動させるのが
今の所の確実な防止対策という所である。

 続きはこちら!
 「NCの座標ズレ対策その①!まめたんの電源供給元を変更せよ!!」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

今月の山場!連番彫刻データを作って体制を整える!!

1ヶ月程打ち合わせしていたルームナンバーの彫刻の仕事が確定した。
枚数にして160枚程。
ただ全部違う数字なのと今回は1枚ずつ彫るので
枚数分の彫刻データーが必要。
予定では彫っている間に次の彫刻データを作って行こうかと思ったが
本日は少し仕事がはかどったので空いた時間を使って先にデータを幾つか作って行く。

PXL_20220616_095044740_R.jpg
サクッと全体の彫刻データを作っておいて
あとは1枚ずつ配置してデーター出力!

PXL_20220616_095234241_R.jpg
40分程で20件作成ペース!
これは結構時間が掛かりそうである。
まあこう言った仕事は体力より精神力なので
いつものオデッセイでの遠征などで鍛えた集中力がここで威力を発揮する。
それでは集中力が切れたらミス多発なので
少しコーヒーブレイクを挟む。
それでは来週は1週間ほどぶっ通しでこの加工に張り付く予定である。
今月最後の締めくくりの仕事がいよいよ始まる。

(写真は グーグル Pixel6 のスマートフォンにて撮影しました。)

愛車オデッセイについてはこちら!
「オデッセイ26万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

遠征などのドライブ情報はこちら!
カテゴリ 「ドライブ」

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

ムラテックのメジャー!KDS特級ネオロックが届く!!

いつも愛用している巻尺メジャーのネオロック!
 こちらの製品! 「ネオロック」

大分傷んできたので新調しようとネットで商品検索していると
特級ネオロックなるものを見つける。
 こちらの商品! 「特級ネオロック」

コンパクトで使い勝手も良くそのうえ精度も良い。
しかし更なる特級なるものの存在を知った今
これはどうしても使ってみたい。
なので試しに1つ注文。
どれくらい違うのか。
届くのが楽しみである。

PXL_20211225_014709915_R.jpg
さてメジャーが届きました。
外観は特に特級だからと言って一緒ですね。

PXL_20211225_014645433_R.jpg
紐は邪魔なのでカット!
本体だけにすると2mメジャーでもかなりコンパクトで
ポケットに入れておくのにちょうどいい。

PXL_20211225_014550705_R.jpg
通常のJIS1級に比べるとKDS特級の場合は
3倍アップの高性能になるようだ。
それでは実際に測って行ってみましょうかね。

長尺定規を測ってみる。
1000mm位では肉眼で確認する範囲ではほぼ誤差はないですね。

厚板のアクリルも測ってみる。
こちらもほぼ誤差は問題なし。
あとフック先端の引っ掛かりも良し。
このサイズでこの精度だといいんではないんでしょうか。

よっぽど精度を求める時はノギスを使いますが
通常利用では十分な精度である。
良いと思いますよ。
しばらくはこれでメジャーに関しては心配無用でいいでしょう。

| 彫刻&エッチング切削加工 | 08:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

三菱ケミカル アクリライトEのダイヤモンドK5を切削テスト!

今回お見積りの中にダイヤモンド板と言われるアクリル板の加工が入っていた。
初めて聞く板で詳細を確認。
するとどうやら押出しのアクリルで
ちょっと特殊な処理がされているいたみたいであった。
いきなり本番で加工となると今まで加工したことのない板なのでちょっと不安。
なので事前にテストカット出来ないか聞いてみた所
サンプル帳を借りれたのでそのサンプル板でテストしてみる。

PXL_20220311_022101395_R.jpg
三菱ケミカルのアクリル板サンプル帳から外した板。
受注色って書いてあるので通常生産していない板の部類である。

PXL_20220311_022219928_R.jpg
片面が凹凸になっていて光の加減できれいに見えるようだ。
裏面はフラットなのでNCで加工するなら
この凹凸面に刃を入れて行く感じになる。
材質は押出し系。
キャスト版のデーターを少し繊細にすれば対応出来そうな感じである。

PXL_20220311_022853184_R.jpg
少し表面を削ってみる。
まあ行けそうな感じか?

PXL_20220311_023105422_R.jpg
そのまま最後まで削ってみる。
若干焼ける感じだが雰囲気は大体分かった。
それでは本番のイメージは掴めたので
あとは製作決定したら気を付けて加工するようにしよう。

(写真は グーグル Pixel6 のスマートフォンにて撮影しました。)

上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

工具買取王国 津守店 最高!中古のマキタ トリマ 3701 ¥3,630円!!

いつも愛用している工具のトリマ!
マキタの3701がキィ~キィ~と異音を鳴らし始めた。
「よく使っているからな~。」
そろそろ限界が近付いてきたのかもしれない。
よく使う工具なので突然動かなくなった時が大変。
なので予備機を用意すべく市場調査してみる。
すると新品で大体¥18,000円位。
ちょっといい値段である。
それでは中古品はと言うとどんな感じだろうか?
ヤフオクで見てみる。
すると中古¥1,000円~新古品¥10,000円位が相場みたいである。
ただ状態がピンキリですね。
値段相応なものもあればこれはダメでしょう~ってのもたくさん。
しかしそんな中でちょっと目に留まったトリマがあったので見てみた。

いつも使っているマキタの3701と同じ機種で
金額は3,000~4,000円位+送料。
ただ大阪のショップが出品している商品みたいで
直接引取りも可能みたい。
場所もそんなには遠くないので電話して問い合わせてみる。
すると店頭でも販売している商品みたいなので
昼から伺うという事で取り置きをしてもらう。

それでは今回紹介するショップを書いて行こう!


工具買取王国 津守店 (他にも各地にチェーン店があるみたい!)
 (住所) 〒557-0062 大阪府大阪市西成区津守2ー7−25
 (TEL) 06-6606-9913
 (HP) https://kougu-okoku.jp/
 (ヤフオク) https://auctions.yahoo.co.jp/seller/goggp33093

PXL_20220311_053423738_R.jpg
お店はグーグルマップに載っていた通りだったのですぐ分かった。

PXL_20220311_053434457_R.jpg
駐車場は4台位止めれそう!

PXL_20220311_053418003_R.jpg
正面のバス停は津守神社前って書いてあるので
近くに神社があるのかもしれない。
それでは早速店内に入ってみよう。
色々な電動工具が売っていますね。
あと工具とかも良さそうなものがいっぱい!
別に新品でなくても使うのには問題なさそうなものが多いので
これだとこう言った中古品も良いですね。
少し展示品を見回ってからカウンターへ。
そして電話で取り置きしてもらったトリマーを見せてもらって
一発で気に入ったのでそのまま購入して帰る。

PXL_20220311_053322204_R.jpg
商品を車で確認。
品番にマキタ トリマ 3701と書かれてあるので
いつも使っているトリマと同商品である。

PXL_20220311_053315791_R.jpg
直接お店に来たので送料は無料。
金額もヤフオクを通していないので手数料が掛からないからか
安くしてくれたみたいで金額は¥3,630円。
この状態でこの金額だとこれは破格と言っていいでしょう。
帰ってから試運転。
いいんじゃないですか~!
音も静かで安定した動作です。
これだと1年でも使えたら元が取れるって感じだが
たぶんもっと長持ちしそうな品質です。
今回はすごくいい買い物が出来ましたね。
工具買取王国 津守店ですか~。
場所的にも近いし
またお世話になる事もありそうなナイスなショップであった。

(写真は グーグル Pixel6 のスマートフォンにて撮影しました。)

| 彫刻&エッチング切削加工 | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

NCの坂崎AE-64!パネルカバー交換方法!!

彫刻機のNC!
サカザキのAE-64!!
今回パネルのキーボードボタンカバーが破れてきたので
新しいのと交換して行く。

(交換手順!)

PXL_20220311_014916021_R.jpg
まずはパネルカバーの4つのネジを外す。
そしてカバーが両面テープでフチが引っ付いているので
そっとカッターなどで浮かせて外して行く。

PXL_20220117_015259365_R.jpg
新しいパネルカバー。
裏面のフチ周りに両面テープが付いているので
それを剥がして貼って行く。
貼る前に古い本体側の両面テープは取り除いておく。
それでは作業的にはこれでOK!
忘れないように手順をメモしておく。

(写真は グーグル Pixel6 のスマートフォンにて撮影しました。)

| 彫刻&エッチング切削加工 | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

タテヨコ向きも自由で重量級スマホでも外れない強靭さ!

「傾斜に合わせてフック式金具を斜めに削る!」
からの続き!

私の愛車!初期型のホンダオデッセイRA2 4WDに
ただ今グーグルのPixel6用のスマートフォンホルダーを装着中!
今度はいよいよ本体を取り付けて行ってみる!

DSC01567_R.jpg
フックは右通風孔の下から2番目の真ん中の穴がベストポジション!

DSC01570_R_202201081838510da.jpg
タコメーターに少し掛かる上限から

DSC01571_R_20220108183852e96.jpg
完全に見える下限まで調整可能!

DSC01584_R.jpg
通風孔の左側穴の上部に取り付けると
かなり高い位置にも設置可能。
またこの位置だと走行中の動画も撮れたりと
ハンドルでスマホが隠れてしまう位置ではあるが
なかなかこの位置もおもしろい感じである。

DSC01588_R_2022010818385403f.jpg
雰囲気的にはちょっとタコメーターが隠れる位置がバランス良いか?

DSC01592_R.jpg
あとグーグルマップは見にくいが
オーディオにブルートゥースで飛ばすには
横向き配置は中々いいかもしれない!

DSC01594_R.jpg
このフック式の車載ホルダーはジョイント部分が長いので
メーター周りの段差にも干渉せず
スマホの角度調整にはかなり余裕がある。
また今の所手で揺さぶった位ではスマホが外れたりする事もなかった。

P_20211212_093105_R.jpg
スマホの取り付けは左下のボタンを押すとゆっくりと開き
手動で挟んで取り付ける。
高さ調整は下の爪が動くので手動で調整する。

P_20211212_093303_R.jpg
実際にPixel6を取り付けてみたが爪は大分長いので余裕で挟むことが出来る。
またPixel6の特徴である背面の出っ張ったカメラ部分もホルダーで隠れることはなかった。
しかし高さ調整する下の爪を一番下に下げるとこの音量ボタンが隠れる。
なのでPixel6を取り付ける場合スマホホルダーの高さは
ミドルから少し上位に設定しないと音量ボタンは隠れるので要注意!

P_20211212_092858_R.jpg
通風孔に車載ホルダーのフックが取り付けれる最下部に取り付けると
音量ボタンが見えるようにするため下の爪を上げると
タコメーターが結構隠れる。

P_20211212_092940_R.jpg
なので音量ボタンがギリギリ操作出来る高さに調整するも
若干タコメーターは隠れてしまう。
音量ボタンを優先するか?
もしくはタコメーターの視認性を重視するか?
微調整して行く。

P_20211212_093516_R.jpg
そして決定した位置はこちら!
タコメーターの1000回転辺りは隠れる感じ。
でも走行中はあまり関係ない領域なので良しとする。
ハンドル操作をしていても画面は隠れず。
夜でも画面の灯りはサイドのウィンドウに映り込まない位置。
大体これがオデッセイでのベストポジションだろうか。
位置的にはこれでOKなので今度はフック式の安定度を確認して行ってみよう!

 続きはこちら!
 「Pixel6用オデッセイ専用スマートフォンホルダーを試す!」

TOPページはこちら!
「オデッセイ最強の対Pixel6用スマートフォン車載ホルダー完成!」


上記の作品は
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネット」にて製作致しました!

他の作品はカテゴリー
「sho-rin.net」 に載せてあります!

彫刻、切削についてのご用命、お問い合わせは
「彫刻文字のショーリン・ドット・ネットのお問い合わせ」

| 彫刻&エッチング切削加工 | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT