FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

パソコンな日々 | コンピュータ | EDIT

大阪ドームと戻りつつある朝の渋滞!

今日は朝一に加工の打ち合わせで出立!
阪神高速東大阪線を西に走ると御堂筋の上辺りで
阪神と並走する区間がある。
すると一般道はよく流れているが高速の方は渋滞中。
コロナ真っ只中の時は車がほとんど走っていなかったが
最近はやっと渋滞が起こるほど通常状態に戻ってきたようである。
ある意味ちょっと安心する景色に和む瞬間であった。
そのまま更に西へと向かう。
すると今度は大きな銀色の建物が見えてきた。

P_20200624_084042_R.jpg
大阪ドームである。
(今は名前が変わって京セラドーム!)

久しぶりに近くで見たかな。
大阪城甲冑隊のイベントで来た以来かも!
テレビでは見ることはあるが
こうして近くで見るとやっぱり迫力あるな~。
何か当たり前だった風景がとても新鮮!
窓全開で流れ込んでくる風がとても気持ちのいい朝であった。

オデッセイRA2 4WDのメンテナンス情報は
こちらの記事にタイトルまとめておきます。
「オデッセイ23万km!こんなメンテナンスで今も元気です!!」

足回り情報はこちら!
「BCレーシング!ショーリン専用 New オデッセイRA2完成!!」

レカロ情報はこちら!
「それゆけオデッセイのレカロ化計画!」

| お出掛けイベント情報 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

コロナウィルスと桜満開!

郵便を出しにポストに行くと空清町公園から桜が見えていた。
近くに行くとそれは見事な桜満開であった。

P_20200404_085606_R.jpg
大阪も自粛モードで公園にはほとんど人がいない。

P_20200404_085640_R.jpg
人影少ない晴れた週末。
しかし強い日差しを浴びて桜が大きく花を広げている。
本腰を入れて不要不急の外出自粛を発令中の国内。
成果が上がってここからコロナウィルスが終息に向かう事を願う。

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

肉の森田屋住道店はアルビ住道店内にある!

「肉の森田屋瓢箪山店とお勧め駐車場情報!」
からの続き!

それでは最後の肉の森田屋住道店の紹介である。
住道店は学研都市線の住道駅のアルビ住道店の中にあるお店。
車で行くには西側に位置する
提携駐車場のタイムズアルビ住道に止めよう。

(地図)

(ALBi / アルビ住道 提携駐車場) タイムズアルビ住道
行き方はアルビのぐるっと1周する感じで裏に回り入庫する。
1500円以上購入で1時間無料となる。
通常料金は最初の1時間/220円、以後30分枚に110円となっている。

(駐車場詳細情報はこちら!)
https://times-info.net/P27-osaka/C218/park-detail-BUK0048277/

(肉の森田屋住道店情報はこちら!)
http://www.albiosaka.com/suminodo/

どちらかと言えば近隣の人や電車で来る人向けって感じ。
車で行くにはちょっとややこしい肉の森田屋住道店である。

TOPページはこちら!
「生駒嶺の森田屋のコロッケ巡ってグルメツアー!」

| お出掛けイベント情報 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

肉の森田屋瓢箪山店とお勧め駐車場情報!

「今風なんだけど昔の雰囲気も残っていた森田屋のコロッケ!」
からの続き!

それでは次は肉の森田屋本店となる瓢箪山店を少々!

(グーグルマップ)

肉の森田屋 瓢箪山店
(住所) 〒579-8046 大阪府東大阪市昭和町2−14
(TEL) 072-986-2941
(HP) https://www.moritaya29.com/

タイムズ瓢箪山第9
(駐車料金) 60分/330円、最大660円
(HP) https://times-info.net/P27-osaka/C227/park-detail-BUK0034459/

本店は瓢箪山商店街の中にある。
(今はサンロードとかに名前が変わっているみたい!)
そして車で来ると駐車場が近くにないので困るのだが
もし止めるならアーケードを出た所にある
タイムズ瓢箪山第9駐車場がお勧めである。
森田屋の近辺にも駐車場は幾つかあるが
あまりアーケード近くに行くと一方通行と狭い道ばかりなので
止めやすさ重視なら
この第9駐車場より北側にある所に止めた方が楽である。

お店の雰囲気は先程紹介した額田店と似た感じ。
行ったら好きなネタを言って揚げてもらうといった流れになる。
ちなみに本業のお肉もおいしいよ!

 続きはこちら!
 「肉の森田屋住道店はアルビ住道店内にある!」

TOPページはこちら!
「生駒嶺の森田屋のコロッケ巡ってグルメツアー!」

| お出掛けイベント情報 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

桜のトンネルが続く石切の桜並木!

「記憶では森田屋のコロッケはこんな感じ!」
からの続き!

それでは早速肉の森田屋を巡って行ってみよう。
第2阪奈入口の外環状線を東に向かい旧外環のバス通りを左折。
そして石切駅へと向かう芝の交差点を東に右折。
まっすぐ走ると右手に肉の森田屋石切店がある。

(グーグルマップ)

石切の森田屋は車を止める場所がないのでスルー。
まっすぐ坂を上って突き当りのクランクを過ぎると
正面に一面に桜並木の急坂が現れる。

P_20200329_140234_R.jpg
桜満開の桜並木の写真!
暗峠ほどではないがこの辺りでは結構な急斜面である。


この区間が地元で桜並木と言われる場所。
ちなみに学校ではここを自転車で乗って下りたらダメって言われていた急坂である。
しかし本当の急坂はこの桜並木の2つ南にある通りにある。
そこは上から見ると下が見えないくらいの下降率で
まさにスキーのジャンプ台を彷彿させる坂なのである。
そこに入り込んだらもう後戻りは出来ない。
覚悟を決めて進むしかない地元民はよく知っている裏急坂なのである。
それでは石切駅を横切って一路額田駅前の森田屋を目指す!

 続きはこちら!
 「今風なんだけど昔の雰囲気も残っていた森田屋のコロッケ!」

TOPページはこちら!
「生駒嶺の森田屋のコロッケ巡ってグルメツアー!」

| お出掛けイベント情報 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

記憶では森田屋のコロッケはこんな感じ!

1970年代(昭和で言うとS50年代頃)
大阪の東大阪市の更に東エリア。
そこに瓢箪山という場所がある。
(別に瓢箪が有名だからって訳ではないんですけどね!)
そこに昔から瓢箪山商店街が近鉄の瓢箪山駅を挟むように建っていた。
その駅前には パルナス、ロンドン などがあり商店街に入って行くと
タニガワのおもちゃ屋の横辺りに森田屋というお肉屋さんがあった。
基本精肉店なのだがただ入口で揚げているコロッケが近所では人気であった。
お肉の陳列の横にとんかつや野菜、
アジやうずらの3色団子みたいなのもあったかな?
好きなものを頼んでおいて買い物帰りにもらって帰る。
そんなスタイルが普通に繰り広げられていた昭和である。
そしてそのまま北に商店街を抜けると東大阪の市役所があって
その前に ジャスコ があった。
ジャスコの前には服屋、おもちゃ屋なども立ち並んでおり
その一角にもう1つの肉の森田屋が建っていた。
車で買いに行く時はもっぱらこちらのジャスコ側。
商店街側と同じく陳列に並んだ揚げ物ネタを頼んで
ジャスコの買い物帰りにもらって帰るのが近所のライフスタイルであった。
当時は50円位だったかな。
食べ盛りの子供だと1人で10個とかでも食べていたような気がする。
ちょっと甘みがするコロッケ。
おかずなのだがいつも帰るまでには半分位おやつで食べてしまうコロッケであった。
そんな森田屋も忙しかったのか数年経つと
今度は東花園駅前の近商横に3店目を出していた。
こちらは車で往来しやすかったので
免許を取ってからはこちらに行くことが多くなった。
昔はそんなにスーパーなんてなかったので
商店街や市場が主。
そんな時代のコロッケと言えばお肉屋さんが店頭で揚げているスタイルが多かった。
今では天神橋商店街とか
結構限られた場所でしか見かけなくなったお肉屋さんで揚げるコロッケ。
それを時を越え場所を変えながらも営業していたことは嬉しい限りである。
特に枚岡と呼ばれるこの東大阪エリアで
今も作り続けられている森田屋のコロッケ。
子供ながらにすごい記憶力だなと思わせるコロッケが
森田屋のコロッケなのである。 (2000ページ達成記念記事!)

 続きはこちら!
 「桜のトンネルが続く石切の桜並木!」

TOPページはこちら!
「生駒嶺の森田屋のコロッケ巡ってグルメツアー!」

| お出掛けイベント情報 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

大阪パスポートセンターで証明写真を撮るならこの2件!

今回パスポートの期限が切れるので更新にやって来る。

P_20200305_141910_R.jpg
西側入口から入ってくると正面の建物がパスポートセンター。
矢印の方に行くと問い合わせの電話の時に教えてくれた
証明写真のお店があるらしい。

P_20200305_141748_R.jpg
こちらはパスポートセンターの入口。
この反対側に写真屋さんがあって振り向くと

P_20200305_141834_R.jpg
こちらが証明写真の入口!
お店は
トラベラー(株) 大阪店 (レッドホース大阪店)で
ちょっと検索で出てきにくいので情報を書いておく。

(ホームページ) https://www.redhorse.co.jp/aboutus/shops/osaka/
 「今なら1200円が800円になるクーポン券あり!」

(地図) グーグルマップ (場所で言うとトラベラー(株) 大阪店の事!)

P_20200305_141816_R.jpg
写真は2枚で¥1200円だったかな。
撮り直しは何回でもしてくれるが修正は有料でなら対応してくれる。
まずはこちらが1件目!
そして問題はもう1件あるらしいのだが
これは分かりずらい所にある。
なので初めて来る人は多分
9割方はこのレッドホースで写真を撮るだろうって感じ。
それではその分かりにくいもう1件の方を紹介して行こう。

P_20200305_141646_R.jpg
まずパスポートセンター内に入って正面にあるこの受付カウンターまで来る。
すると足元に受取窓口の表示があるのでそちらの方に向かう。

P_20200305_141538_R.jpg
進むと右手が受取窓口で左手が印紙売場となっている。
そして問題のもう1つの写真屋さんと言うのはその奥にある。

P_20200305_141500_R.jpg
パスポートセンターの一番奥まで来ると出入口があり
矢印の所にもう1つの写真屋さんはある。
ここまで来ると初めてこの奥に写真屋さんらしき物がある事に気付けるが
このシチュエーションだと気づくのはパスポートを取りに来た時って感じだな~。
確かに問い合わせの子はパスポートセンターの近くには
2件ほど証明写真屋さんがあるとは言っていたが
せめて入口辺りに看板でも出ていれば分かりやすいのになって思う場所であった。
それではこちらの写真屋さんの情報も書いておこう!

ショップ名 フォトショップ プリムラ

  (ホームページ) http://www.primrose-osaka.com/purimura.php

  (地図) ホテルプリムローズ大阪 の事になる。

一応こちらも金額は同じ¥1200円だが美白モードは無料!
地下鉄谷町四丁目駅と直結しているので
地下鉄からの人は雨に濡れずに来れるっていうのが売りみたいですね!

| お出掛けイベント情報 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ツーリング | 車・バイク | EDIT

来週が見頃の月ヶ瀬の梅林!

3週間ぶっ通しはさすがにしんどかった。
しかしやっとややこしい仕事を完了!
外を見ると昨日から降っていた雨も上がり陽も差している。
久しぶりにちょっとぶらっとしてきますか!
音楽をリストアップしていざ出発である。
宛てのないお出掛けの時だとやはり行きつく場所は月ヶ瀬。
いつもの阪奈道路を越えて行き東大寺横から柳生の郷を抜けて走って行く。
コロナウィルスの影響で日曜日でも車が少ない。
しかし月ヶ瀬の辺りに来ると往来する車が増えてきた。
「結構来てるな?」
何がイベントがあるのかと思いつつ前を走る車が曲がった先を見ると
辺り一面に梅の花が咲いていた。
「そうかぁ~!今年は暖かかったからもう梅の花が咲き始めているんだ!」
道路脇に咲き始める梅を見ながら
進路をいつもの月ヶ瀬梅の資料館へと向かっていく。

P_20200308_155348_R.jpg
資料館に到着!

P_20200308_155314_R.jpg
もう幾分かは完全に開花している物もあった。

P_20200308_163558_R.jpg
きっちり開花しているのもあれば
まだつぼみの物もありと言う感じで
満開まではあと1歩と言う所。
たぶん今週暖かい日が続いたら一気に開花すると思うので
月ヶ瀬の梅を見るなら次の週末がお勧めだと思う。

(写真は Zenfone5z ZS620KL のスマートフォンにて撮影しました。)

| お出掛けイベント情報 | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

トイレットペーパー復活!ライフの流通網ってすごいですやん!!

「それじゃ~ちょっと近所を散歩してくるね!」
義母が隣の奥さんといつものようにぶらぶらしに行った。
そして仕事をしていると表でキャッキャ!キャッキャとしゃべり声。
覗いてみるとトイレットペーパー片手に井戸端会議。
「それっ!トイレットペーパーですやん!!」
「それもネピアの。。。」
「どこで買って来たんですか?」 って聞くと
そこのライフで普通に売ってたよって言っていた。
何と!あちこちのドラッグストアを回っても売り切れていたのに
まさか近所のスーパーで普通に買えるなんて。
まさに灯台下暗し!
「あんたはえらい!」
これからも清水谷町をよろしくね!

PS.
ちなみに価格は税抜き¥398円位って言ってたので
金額も普通に安いかも!
こんな状況だからこそ普通にいつもの金額で売るその姿に
清水谷町での評判はうなぎ登り。
やっぱり商売ってこうでなくっちゃね!

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

大阪 | 地域情報 | EDIT

2020年(令和2年)大阪春場所宮城野部屋の宿舎はどこ?

さて大相撲大阪場所の日が近づいてきた。
昨年までならすぐそこの角を曲がったところに宮城野部屋が来ていたので
毎日近所のライフやコンビニでお相撲さんを見掛けたのものである。
しかし今年はその宿舎にしていた建物が解体されて
もう空き地になっている。
またそこにあった喫茶店もお店を締めてしまい
ママさんからの相撲情報も入らなくなり
今年はどこで部屋を構えるのか気になっていた。
そんな時先日産経新聞で各部屋の宿舎住所が載っていた。
そこに宮城野部屋も載っていたので見てみると
住所は大阪市天王寺区上本町3丁目1−14って書いてあったかな?
しかしグーグルマップで見てみると
どう見ても土俵を組むための場所がない所である。

P_20200224_111048_R.jpg
空き家っぽいのはあるがここなの?
寝泊まりする用の部屋には使えそうだけど?

P_20200224_111112_R.jpg
向こうを見ると去年部屋があった場所が右手に見える。

P_20200224_111139_R.jpg
昨年はここに宿舎用の建物とコインパーキングがあって
力士はここの建物に泊っていて
駐車場にプレハブを建ててなかに土俵を組んで練習していた。
一応空き地なので数日間だけならプレハブを建てようと思ったら建てれるけど
ここに土俵を組んで部屋がさっきの建物なのか?

ネットで調べてもあまり宿舎情報も無いのだが1つ見つけたこちらのサイト
「大相撲大阪場所の宿舎一覧」
には大阪市天王寺区上本町3丁目1−4 ってちょっと番地は違うが
この辺りの住所が載っていた。
やはり昨年と同じここに宮城野部屋はやって来るのか?
いつもなら近所のライフやコンビニでお相撲さんを見掛けるので
そろそろ来るんだなって分かるのだが今年はどんなものだか?
もし来るとしたら
今年は是非炎鵬のサインが欲しい所である。

昨年はこんな感じの宮城野部屋!
「今年も清水谷町に宮城野部屋がやって来た!」

大阪市天王寺区真田山エリアの地元情報はこちら!
カテゴリ 「天王寺区真田山便り」

地域活動「真田山ブランド」のご説明はこちらをこ参考に!
「真田山ブランドってな~に?」

日本一の兵化計画についてはこちら!
「日本一の兵化計画!世界へ羽ばたけ真田幸村の化身たちよ!!」

1日で作れる1day甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「1day甲冑」

真田幸村赤備え全天候対応型ハイブリッド甲冑についてはこちら!
カテゴリ 「ハイブリッド甲冑」

甲冑用に作ったおすすめアイテムはこちら!
カテゴリ「甲冑アイテム」

| 天王寺区真田山便り | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT